海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 冷しラーメン ‐山形のうまいもの

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月19日

冷しラーメン ‐山形のうまいもの


メール プリント もっと見る

冷しラーメン ‐山形のうまいもの

栄屋本店.jpg 商売に本家争いは付きもの。でも冷しラーメンはここ山形の栄屋本店(山形市本町2-3-21)が元祖であることに誰も異存はないと思います。戦後しばらくして、当時の店主が客の一言に触発されて開発したということで、由緒がはっきりしているからです。

昨日、混雑を避けるため昼時を外して行ったのですが、それでも店の前には客の列。入り口の脇には順番待ちの客のために冷たい飲み水が用意してあるほどの人気店です。


前記事 で紹介したように、山形のそば店ではたいていラーメン(中華そば)類も食べることが出来ますが、当店も元々、いや今も普通のそば店なのですが、冷しラーメンが大当りしたため、今は普通のそばも食べられるラーメン店のイメージですかね。


冷しラーメン.jpg 10分待って店内(収容人数は40~50名ほど)に案内され、注文してから更に20分ほどしてようやく冷しラーメン(750円)にありつけました。他の客の注文もほとんど冷しラーメン系(冷しワンタンメンや冷しチャーシューメンなどもある)です。
写真でご覧のように、具は普通のラーメンとほぼ同じですが、胡瓜のスライスが載っていて、スープに氷が浮いています。麺を啜り、胡瓜をかじる清涼感はなかなかのもの。麺は太目のストレートでコシは強めです。季節性のある冷し中華などと違い、当店ではオールシーズン食べられます。


開発に際してはスープに一番苦労したとか... と言うのも冷すと脂(あぶら)が固まってしまうからで、結局固まった脂は取り除き、脂分は他のもので補ったとか... 味は温かいラーメンと同じですが、非常にあっさりしています。私としてはもうちょっと濃い目の味付けが欲しかったのですが、とは言うもののクセになりそうで、今日も他の店で食べてしまいました。


有り難くない話ですが、山形市は2007年8月に岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市の40.9℃に抜かれるまで、1933年7月から74年もの間、40.8℃という国内の最高気温の記録を持っていました。このような暑い土地柄のせいか、山形には冷しの文化があると言われます。すなわち「冷しラーメン」に「冷しシャンプー」、更に「水まま」(水漬け)などがありますが、尾花沢市出身のなでしこジャパン佐々木則夫監督のギャグも冷し文化の産物? 今後、どんな「冷し...」が出てくるか楽しみです。


冷しラーメン開発の経緯はここ に詳しく載っています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年8月19日
« 前の記事「山形大花火大会」へ
»次の記事「ぺちょら漬け ‐山形のうまいもの」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集