海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > あきらめないで被災地!

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月31日

あきらめないで被災地!


メール プリント もっと見る

あきらめないで被災地!

あの日、伝説が現実になってしまいました。しかも巨大さを増して...
この国に暮らす人で、生きている間にこのような大惨事に遭遇することを予想し得た人はどれほどいたでしょうか? もちろん私の想像力など遥かに及びませんでした。

東日本大震災から来月で半年が経ちます。地震のあった3月は、東北地方ではまだ雪が降り積もる季節です。あの日、山形でも地震のあと、新たに雪が積もりました。あれから春が過ぎ、夏が来て、今は秋風が立ち始めています。その間、被災地の復興は遅々として進まず、原発事故の終息も遥か先のようです。長い長い半年でした。でも何も片付いていません。事故の原因企業や同業者、監督官庁の不実に憤りを覚え、国民は一流で被災地の自治体も立派なのに、どうしてこの国の政治家・政治は三流なのか、の感を益々深めています。


同じ東北でも山形は秋田とともに被害の少なかった県です。地震直後の混乱ぶりは、震源から遠い首都圏の方が山形などとは比較にならないほど遥かに大きかったようですが、以来、当県は被災者の避難先や支援物資の中継地として、被災地復興のための役割を担って来ました。そして被災地支援のための多方面にわたった非常態勢が、今はほとんど震災以前の状態に戻っています。


街中で震災を想起させるものは書店の震災関連書籍の特設コーナーくらいで、他に目に付くものはほとんどなくなりました(見落としているかもしれませんが...)。しかし東北地方の新聞やテレビは震災関連の記事や番組に多くのスペースと時間を割いています。また店頭に並ぶ農産物には福島県産が増えているようです。私はまったく気にせず買っていますが...


いつか買物先で他県からの避難者に間違えられたことがありましたが、現在、山形県内への避難者数は、放射線の危険から逃れて来た人たちだけでも1万を超えているそうです。小学生のいる私の甥の一家も、被曝の不安を抱えながら福島県内に暮らしています。そして追討ちをかけるように、当地は風評によって大変な被害をこうむっているそうです。


津波の被災地へはまだ行ったことがありませんが、先月、20数年ぶりに仙台に行って来ました。市内の発展ぶりに目を見張りましたが、街中の賑わいを見ていると、そこから少し先が津波で壊滅状態にあるとはとても想像出来ませんでした。


数人の男たちが山形から被災地を見に行き、全員泣いて帰って来たという話を聞きました。被災地に行ったことのある者からは(ショックを受けるので)見ない方がいいかもしれない、などと言われたこともあります。しかし光景が変わってしまっていても、復興支援になるのなら、昔行ったことがある所などを再訪したいと思っています。


がんばろう日本!がんばろう東北! そして、あきらめないで被災地!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2011年8月31日
« 前の記事「ぺちょら漬け ‐山形のうまいもの」へ
»次の記事「芋煮 ‐山形のうまいもの」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集