海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 山形の交通事情

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月14日

山形の交通事情


メール プリント もっと見る

山形の交通事情

《二輪車》
山形に来て気が付いたことがあります。山形では自転車以外の二輪車が走っていないのです。と言うと極端ですが、原付は見かけます。ただすべて郵便か新聞の配達という限定付きで、自動二輪が走っているのを見たのはわずか2回だけ。これほど見かけない理由として思いつくのは、冬の積雪と寒さ。1年を通して乗れないようなものは要らない、ということなのでしょうか? でも県内には2万4千台を超える二輪車があるらしいのですが...

《クルマ》
どこに行っても道を行くのは歩行者よりクルマの方が多い感じで、特に軽自動車が目立ちます。日本では一家に1台くらいのクルマがあると思いますが、山形では(でも?)感覚的には(免許所有者の)1人に1台。つまり一世帯にクルマが何台かあることになります。それで普通車より税金・維持費の安い軽自動車が増えることになったようです。実際、都道府県別の自家用乗用車の保有台数で山形県は全国30位とかで総数では少ないのですが、一世帯当りの保有率に直すと全国5位とか... そして軽自動車の保有台数も全国で5位らしいです。


《バス》
郊外にある我が家の近くを走る路線バスは、時々利用する系統で1時間に1本、多くても朝の時間帯の2本だけ。その上、終バスは午後8時頃。夜遊びなどは出来ません。そして驚いたことに元日は全便運休。ところが隣県の仙台市との間のバスの便数は信じられないほど多く、早朝から深夜まで平日で1日76往復、休日でも66往復もあります。バスによる市内の移動ははなはだ不便なのに、遠い仙台へ行く方が極めて便利。これいかに?


《タクシー》
1回しか乗ったことがないのでノーコメント。


《鉄道》
鉄道も大体バスと似たような事情。山形駅につながるJRの在来3線(奥羽本線、仙山線、左沢(あてらざわ)線)の列車本数は、どれも1時間に1本(朝だけ2本も)。新幹線もほとんど1時間に1本で、山形より先の下り方面は2~3時間に1本のことも。
奥羽線の普通列車で山形駅を経由して移動する場合、1日上下各1本の列車以外、必ず当駅で乗り換えなければなりません。山形駅を通過する奥羽線利用者には不便です。


《航空》
現在、山形⇔東京(羽田)が日に1便。山形⇔大阪(伊丹)は同じく3便。かつて札幌(新千歳)便や函館便もあったのですが(名古屋便もあったような...?)、今はもうありません。山形⇔東京は日に4便のこともありましたが、新幹線が開通してから激減しました。
エアラインは山形空港開港後しばらくの間はANAだけ。その後複数のエアラインが乗り入れたこともありましたが、今はJALのみになりました。
山形空港は東日本大震災のあと、被災地域に近い利用可能な空港として、一時24時間運用となりました。平時の10倍以上の旅客が行き来し、復興支援の米軍も利用しましたが、震災後半年になる今は平常に戻っています。山形の空の歴史には時代の変遷を特に感じます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2011年9月14日
« 前の記事「芋煮 ‐山形のうまいもの」へ
»次の記事「初めての経験 ‐ 選挙」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集