海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 初めての経験 ‐ 選挙

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月19日

初めての経験 ‐ 選挙


メール プリント もっと見る

初めての経験 ‐ 選挙

選挙公報.jpg 選挙権を得てからこれまで憶え切れないほど投票して来ましたが、昨日の山形市長選挙の投票は初めての経験でした。と言うのは、投票用紙に候補者の名前を書き入れるのが日本における唯一の投票用紙の記入方法と思っていた上、実際、これまで投票したすべての選挙で候補者の名前を記入しましたが、今回の選挙では、投票用紙にあらかじめ印刷された候補者の名前の上の欄に、用意された○印のゴム印を押すのがその方法だったからです。

なぜこの方法が採用されたのか、またどのような場合にこの方法が使えるのかまったく知らないどころか、そもそもこのような方法がわが国にあったことすら知りませんでした。唯一思い付いたのは、名前を記入するよりは無効票が減らせるだろうということくらい。間違えて○を付けた時は二重線か×で消して、改めて投票したい候補者に○を付けるようにと選挙公報に書いてありますが、記入場所には訂正するための筆記用具が用意されていませんでした。


これも初体験ですが、どこに住んでいた時も、投票所の入場券は有権者一人につき1枚のはがきとして送られて来ましたが、山形市では(近隣の自治体でも)世帯ごとに封書で送られて来ます。
A4サイズの厚めの用紙の半分に、最大4名分の入場券が印刷され、それぞれミシン目で切り離して持参します。郵便料金だけなら2名分で元が取れるが、有権者が1人しかいなかったら割高になるし、用紙代や印刷代、その他の費用を考えると、全体としてどちらが安上がりなのだろう?などと考えてしまいます。


選挙公報の配布方法も自治体によって違いがあります。これまでの経験では、自治体の窓口に置いてあるのは当然として、それ以外に新聞の折り込みにしたり、町内会で配ったりするところもありましたが、各戸ごとには配らずに鉄道の駅などに置いたりするところもありました(電車に乗らない人はもらえない?)。自治体によっては待っていても入手できないことがありますので、転居した人は最初の選挙の時は要注意です。


それにしても今度の投票所はこれまでで一番遠くなり、家から1.4㎞ 程あります。最も近かったところは30秒で行けたのに...

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年9月19日
« 前の記事「山形の交通事情」へ
»次の記事「食用菊 ‐山形のうまいもの」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集