海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 土地の慣習

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月 5日

土地の慣習


土地の慣習

正月なのに不向きだ、とお叱りをいただくかもしれませんが、昨夜TBS系で「おくりびと」が堂々と(?)放映されていたので、便乗してご勘弁いただきます。


昨年末に身内に不幸があり、大晦日が葬儀でした。年賀状はあらかた出したあとで、今さら喪中欠礼のお知らせもなく、また来年の年賀状も例年通り出すことになるので、これは故人の配慮かな?などと話しておりましたが、それで思い出したのが山形の葬儀は他県とはちょっと違うということ。日本国内で行われる最も一般的と言えそうな葬儀の順番は通夜→本葬→火葬のようですが、山形では通夜→火葬→本葬の順で行われます。そうすることはその土地の慣習が決めることのようですが、そうなっている理由は分かりません。どれが正しいとかいうこともないのでしょうが、所変わればで、秋田では火葬→通夜→本葬の順とか...


本題は以上ですが、今回初めて納棺師の技を目の当りにしました。実際に立ち会われた方、そうでなくても映画をご覧になった方はご存知でしょうが、遺体を扱う様はまさに見事の一言。今回は若い女性がたった一人で行いましたが、その場の遺族・親族は皆、目を奪われ、比べるのも何ですが、映画以上の感動ものでした。因みに冒頭の映画は山形県内で撮られたもので、私にも馴染みの場所が出てきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年1月 5日
« 前の記事「年末恒例」へ
»次の記事「初市」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都特派員、都落ち?

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集