海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 二人のサラ +1 - FISスキージャンプワールド...

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月 6日

二人のサラ +1 - FISスキージャンプワールドカップレディース蔵王大会


メール プリント もっと見る

二人のサラ +1 - FISスキージャンプワールドカップレディース蔵王大会

ジャンプ会場のゲート.jpg 3日(土)と4日(日)の2日にわたり、FISスキージャンプワールドカップレディース蔵王大会が山形市の蔵王ジャンプ台で開催されました(観戦は無料)。
スキージャンプワールドカップ女子は今季からの開催で、ヨーロッパ各地と日本を転戦し、全14試合が行われます。
本来は1日1試合ですが、先月、ポーランドで行われる予定だった2試合が悪天候のため中止となり、そのうちの1試合を今大会で受け入れることになったため、2日間で3試合が行われることになりました。3日は代替試合を含め2試合が行われ、しかも日本人選手の優勝試合を見ることができたので、3日に観戦した日本人観客は大いに満足したことと思います。

私は3日の競技をテレビで、4日は会場で観戦しました。競技開始は午前10時でしたが、9時から行われる予選(公式練習?)も見ようと早目に行ったのに、これはなぜか中止。その上、電光掲示板が使えない(故障とは言っていなかったが...)ということで、競技の成績を知るには場内放送だけが頼りということになってしまいました。


公式結果.jpg しかし1試合に2回行われる競技の前に、毎回、観客にスタートリストが配られ、競技終了後は最終結果のプリントももらうことができました。どこの試合でもいつも配られるのかは知りませんが、これはうれしいことでした。


一般観覧席.jpg 蔵王ジャンプ台は蔵王温泉街の一番奥にあります。9時前に着きましたが、観客はまだまばら。ジャンプ台の整備の様子やテストジャンプを見ながら1時間過ごしました。行く前は寒さが気になったのですが、天気が良い上に風もなく、山の南側にある観覧席は十分過ぎるほど陽が当たり、雪の中にいるのに観戦中は体がホカホカしていました。


上天気は試合にも好影響をもたらすものと思いきやそうでもなさそうで、実際、3日の午後の試合では気温が上昇してインラン(Inrun, 助走路)の雪が溶け出し、試合続行が危険になったということで2回目のジャンプが中止になりました。2回目が行われていたら優勝の行方はどうなっていたのかということがあるので、優勝選手には好結果をもたらしたと言えなくもないのかも知れません。 
9日にノルウェーのオスロで行われる第14戦が最終試合ですが、4日までに行われた13試合のうち2回目が中止になった試合が、今回を含め3試合あります。ということなので2回目が中止になることは珍しいことではなさそうです。


休憩時間の観客.jpg 競技が始まると観客が続々と詰めかけて来ました。4日の観客数は蔵王ジャンプ台の開設以来最も多かったそうで、3日の試合結果の影響の大きさが現われたようです。写真は1回目終了後の休憩時間の様子。


Julia KYKKAENEN(FIN).jpg 競技は淡々と進みます。1試技が済むのに1分とかかりません。スタートしてから着地するまで10秒もかからないのです。選手全員のジャンプが済むまでにかかった時間は45分ほど。参加選手は43名で1回目の成績で13名が落とされ、30名が2回目(決勝)に進めます。ということは7割の選手が決勝に進めるのです。この程度なら全員に2回跳ばせてもいいのでは... と思いますが、ダメなんですかね?


高梨沙羅.jpg 競技の進行はこのような次第ですが、多くの観客の最大の目当ては二人のサラ、すなわち優勝8回、2位3回を誇るアメリカの最強選手サラ・ヘンドリクソン(17歳)と、特に前日に続いて優勝の期待が高まる日本の中学生選手高梨沙羅(15歳)であることは間違いないでしょう。


もらったリストに身長や体重のデータは載っていませんが、生年月日だけはしっかり記載されています。全員1980年代から90年代の生まれで、半数以上が90年代の生まれです。高梨選手の年齢を考えると、21世紀生まれの選手が現れるのもあと数年の内ではないでしょうか。


Seiko KOASA.jpg 以上二人のサラのほかに、山形県民には活躍を期待するもう一人の選手がいます。地元米沢市出身の小浅星子(こあさせいこ. 29歳)です。 国内大会4回優勝という実績があるベテラン選手です。左の写真は小浅選手の1回目ジャンプ着地後のテレマーク姿勢。飛距離が伸びなかったため2回目には進出できず、最終結果は37位でした。


Sara TAKANASHI 1st.jpg 高梨沙羅1回目のジャンプです。K点(上の赤い横線。90メートル)を超えてもまだ浮いています。飛距離は99.5メートル。距離だけならトップでした。


写真を撮りながらの観戦は、あまり楽しくありません。撮影することに気を取られる上、カメラのファインダーを通して見ると、肉眼で見る時の「見た」という実感がなくなります。この目でしっかり見たいが写真も撮りたい、というジレンマに駆られ、両方同時に出来る虫の良い方法はないものかと考えたりもします。


Sarah 2nd start.jpg サラ・ヘンドリクソンの2回目のアプローチ。飛行するのは気持ち良さそうですが、この助走路を猛スピード(時速80km以上)で滑り降りるのは相当怖そうですね。何があってももう止まれないし...


Sarah 2nd take off.jpg サラ2回目のテイク・オフ。新聞などで見る、選手の表情が分かるほどズームアップした迫力ある写真を撮ってみたいのですが、観客席からの距離では到底無理。高倍率レンズでもこれで精一杯です。


Sarah 2nd jump.jpg サラ着地寸前の飛形。影は上がって行きません。ジャンパーは影に引き寄せられるように落ちて来ます。飛距離は94.5メートルでした。


Sarah The Winner.jpg 優勝を決めて戻って来たサラ・ヘンドリクソン。「うっせーなー!」とは思っていないと思いますが、大勢の報道陣が待ち構えています。


表彰式.jpg 表彰式。中央は優勝したサラ・ヘンドリクソン。左は2位の高梨沙羅。この子には本当に「たいしたたまげた!」です。右は3位のダニエラ・イラシュコ。28歳のオーストリアの強豪選手。今ツアーですでに優勝2回、2位2回、3位3回を決めています。


国旗.jpg アメリカ国歌が流れています。掲揚台がないので国旗は手持ち。2位と3位の選手の国旗の位置が逆になっているのは、国旗と選手が向かい合っているため。


はながたベニちゃんもお出まし.jpg 表彰式の後は屋内会場で記者会見。会見終了後もこの人込みの中に高梨選手がいると思われます。気の毒に取材陣に取り囲まれていつまでも帰れそうにありませんでした。山形市のブランドPRキャラクターはながたベニちゃんに気を留める者は誰もおらず、ベニちゃんも仕事どころではなさそうでした。

場内放送でスキージャンプ女子のワールドカップは来年も蔵王で開かれるようなことを言っていましたが、その通りなら来季もまた観戦に来ます。


蔵王には昔、スキーをしに毎シーズン来ていましたが、スキーはいつしか何とはなしに止めてしまい、蔵王に来ることもなくなっていました。当時のゲレンデは沢山のスキーヤーで芋の子を洗うような混雑ぶりで、ロープウェイに乗るのも一苦労でした。
でもそんな時代はもう過ぎ去ってしまったようです。今はもうそんなことはないよ、と人に言われましたが、実際、帰りがけにゲレンデを見て回ると、休日なのにスキーヤーもスノーボーダーもパラパラ程度しかおらず、空のリフトがクルクル回っていました。
瀧山ゲレンデ.jpg 横倉ゲレンデ.jpg

思う存分滑るにはうってつけの状況ですが、温泉やスキー場の関係者にしてみればたまったものではありません。スキー人口が減ったのか、客数が減っていることに加え、昨年の原発事故による放射能汚染の風評が観光客の減少に輪をかけているようです。
蔵王温泉はこのように厳しい状況にありますが、個人的には、昔ほど混雑しないのならまたスキーを始めようか、などと考えています。昔、人が多くて出来なかった10kmコースのノンストップ滑降が、今なら出来そうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年3月 6日
« 前の記事「冬に咲く桜 ‐啓翁桜」へ
»次の記事「家賃10万円の家」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    雪割納豆 ‐山形のうまいもの‐

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集