海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 観桜 ‐ 霞城公園の歩き方

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月 3日

観桜 ‐ 霞城公園の歩き方


メール プリント もっと見る

観桜 ‐ 霞城公園の歩き方

霞城(かじょう)公園は市内最大の桜の名所。花見の季節には他所を差し置いても必ず来ます。そんな公園の歩き方を桜に限定して紹介します。4、5日前は満開だったのに、もう散ってしまった上、5月ともなると桜の話を持ち出すのは気が引けますが、来年の花見の参考になればと思います。


東大手門大手橋.jpg 霞城公園は山形城の跡で、周囲を昔のままの堀が取り囲んでいます。公園の入口は東大手門、西門、南大手門、北門の4か所あります。徒歩ならどの門からでも入れますが、車は北門からしか入れません。公園内には3か所の駐車場(無料)がありますが1000台も停められるかどうか? 人が最も集まる霞城観桜会の開催中のみ、休日に限って車は南門からも(入れないが)出られます。
先月28日の朝8時半頃に行くと、駐車場にはまだ十分空きがありましたが、間を置かずに車が入って来るので、程なく満車になってしまったと思います。車を置けなかった来園者は、園内を一周してそのまま出て行くしかありません。

ふれあい通りの桜並木.jpg 先ず、園内で花見をする前に見て欲しいのが東大手門の先に伸びるふれあい通りの桜並木。ここの桜は園内の桜より早く咲きます。


東大手門南側.jpg 東大手門大手橋上.jpg

定番の桜の鑑賞地点は東大手門前の橋(大手橋)の上。桜の写真や記念撮影など、ここが一番の撮影ポイントです。


桜とつばさ.jpg 東堀に沿ってJR線が走っています。撮影中に運良く山形新幹線つばさが走って来れば儲けもの(?)。桜の開花中、電車は減速運転されます。


花より団子なら園内が良いですが、団子より花の私からすれば園外からの花見がお勧めです。


霞城公園北東角.jpg 公園の周囲には堀に沿って道路がありますが(車での通り抜けは出来ません)、東側にはJRの線路があるため同じような道はありません。東側の美術館の脇の道を北に行くと、線路に架かる歩行者用の橋があります。近隣の人以外はあまり通らないようですが、この橋の上からの眺めが一級品。ここに来る手前で、学生らしい若者が「わっ、すげー!」と感嘆の声を上げていましたが、JRの架線が超目障り。


花の山.jpg 下の堀端で写真を撮っている人が数人いたので、私も下りてみました。下から見上げる桜は圧巻です。山のように盛り上がる花のボリューム感に圧倒されます。


霞城公園北門付近.jpg 住宅地を抜け、釣りをしている人々の後ろを通って進んだ先は北門です。この辺りの桜も見栄えがしますが、花が咲き終わると、散った花びらで水面が覆い尽くされ、ピンクの絨毯を敷いたようになります。花が散った後も一見の価値ありです。


霞城公園北西角.jpg 北西側から見る桜も圧巻です。公園外周の土手の上に連なる桜は、西側ではそそり立つような淡紅色の壁となり、息を呑むほどの迫力。この季節、周辺に住む人々は何とも贅沢な景色が楽しめます。


西不明門の桜.jpg あまり車の通らない比較的広い道を南へ進むと、その先に西門があります。西門にある桜は梅の木に桜が咲いたような樹形です。小ぶりながら形が良く、付近では際立つ存在です。


霞城公園東側の桜.jpg 南西の角から南大手門を挟んだ南東の角までの、公園の南辺の桜には、これまで見て来たほどの凄さはありません。しかし南東の角から見る公園の東側の眺めは絶品です。奥に大手橋を望むこの位置も絶好の観桜・撮影ポイントですが、人はあまり来ません。南大手門から200メートルほど、JRの駅からも歩いて来られるのですが...
周回道路はここで途切れ、先へ進めないので南門から園内に戻ります。


東大手門南側の桜並木.jpg 東大手門の南側の土手の上の桜並木は道も整備され、夜はライトアップが行われます。ここは園内で最も人通りの多いコースです。


東大手門北側の桜並木.jpg 霞城公園北側の桜並木.jpg

しかし私が好きなのは東大手門から北の桜並木です。むき出しの土の道が好きだからです。


弓術の稽古.jpg 北側の土手を進むと、満開の桜の下に弓術の稽古の様子が見えました。


球場外周の桜並木1.jpg 球場外周の桜並木2.jpg

野球場の外周の桜並木も逸品です。奥に駐車場があるので、車で来るとたいていこの並木道を通ることになりますが、ここに来ると花見への期待で胸が膨らみ、駐車場所がなかったら... という心配で胸が塞ぎます。


講談.jpg 観桜会案内板.jpg
霞城まち景色.jpg 紅枝垂前で野点.jpg

園内では観桜会が行われていました。講談や江戸時代のファッションショー、やまがた舞子の踊り、そして芝生地では野点の茶会も開かれていました。


霞城公園の外周はおよそ2.2キロメートル、園内の桜は約1500本あり、その9割以上がソメイヨシノだそうです。園内の一回りは1.4キロメートルほどあるそうですが、園外も一周したので、この日(4月28日)は1日の大半を花見と写真撮影に費やしました。汗ばむほどの好天に恵まれ、思いがけないほど日焼けをしてしまいました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年5月 3日
« 前の記事「寒ざらしそば賞味会」へ
»次の記事「大部分日食」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    そばに漬物 ‐そば店の特色
    山菜 ‐山形のうまいもの
    新緑を訪ねて ‐立石寺

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集