海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > あじさい寺 ‐ 良向寺 出塩文殊堂

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月12日

あじさい寺 ‐ 良向寺 出塩文殊堂


メール プリント もっと見る

あじさい寺 ‐ 良向寺 出塩文殊堂

紫陽花参道と文殊堂.jpg 山形市西部の村木沢にある良向寺の文殊堂(出塩文殊堂)のアジサイが見頃です。
文殊山(372m)山腹にあるお堂に続く石畳の参道と石段は江戸時代中期に造られたもので、アジサイはこれらを守るために昭和62年(1987年)から7年かけて植えられました。全長515mの参道の両側に40種2500株あるそうで、参道には「紫陽花参道」の名が付けられました。
また、この辺りは土地を掘ると塩水が出ることから「出塩」という地名が付いており、文殊堂の名もこれに由来します。こうして出塩文殊堂は〈あじさい寺〉として親しまれることになりました。

紫陽花参道1.jpg 現在、第17回 むらき沢あじさい祭りが開催中です。
内容は
ライトアップ    :6月30日~7月7日 午後9時まで
地元特産物直売:期間中の毎土・日曜日
伝統芸能披露  :7月8日午前10時から
写真・俳句の募集:7月11日正午締め切り
閉会式     :7月15日(日)午後3時から
         式典と写真・俳句コンクー
         ル入選作の発表と表彰
と言うことで、行った日(9日)には大半のイベントが終了していました。出遅れました。


紫陽花参道2.jpg 写真をご覧になってお気付きの通り、この辺りの土壌は酸性らしく、アジサイはほとんどが目の覚めるような青色です。当日はまだ五分咲きにもなっていない印象で、祭りの最終日(15日)の頃が一番の見頃だそうですが、今月一杯は楽しめるそうです。


出塩文殊堂.jpg これが出塩文殊堂。拝観無料。現在は真言宗醍醐派。弘仁年間(810‐823年)に空海が開いたとされます。古くから山形城の西の護りとして歴代の城主に崇敬されてきました。


出塩文殊堂案内図.jpg 下の駐車場にあった案内図に「重要文化財」の文字。調べてみたら重要文化財とされているのは本尊の江戸時代後期(18世紀)の木造 文殊菩薩騎獅像(像高73cm)のこと。普段は非公開(秘仏)で、私も写真でしか見たことがありませんが、正しくは山形市指定の有形文化財でした。気持ちは分かるけど...


夫婦杉.jpg 堂の手前、参道の奥に2本の幹がくっついてしまった杉の奇形木があります。この木は夫婦杉(めおとすぎ)と呼ばれ、市の指定天然記念物です。樹齢は推定300年、樹高28m。40年ばかり前に落雷に遭って幹が裂け梢を失ったそうですが、今も辛うじて生きています。その姿形から夫婦和合と縁結びの信仰木となっています。


出塩文殊堂へはJR山形駅から車でおよそ20分。駐車場(無料)は参道の上と下に2カ所。
ただし収容台数は多くありません(2カ所で30~40台ほど?)。


最後にちょっとだけアジサイの花(本当は萼(がく:装飾花))を御覧下さい。

アジサイ1.jpg アジサイ2.jpg

ガクアジサイ.jpg アジサイと石仏.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年7月12日
« 前の記事「国宝 縄文の女神 ‐「豊穣と祈り」展」へ
»次の記事「続 立石寺の蝉」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏はこれ! ‐山形のうまいもの
    立石寺の蝉
    だし‐山形のうまいもの

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集