海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 「近代洋画の開拓者 高橋由一」展

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月28日

「近代洋画の開拓者 高橋由一」展


メール プリント もっと見る

「近代洋画の開拓者 高橋由一」展

高橋由一(ゆいち)(1828~1894) は明治初~中期の代表的洋画家。山形とは浅からぬ縁があります。最も有名な作品は身を削がれ、縄で吊るされた「」(国の重要文化財)。どなたも教科書などで一度はご覧になっていると思います。私も教科書で見て以来、強い印象が残っています。その作品展が現在、山形美術館で開かれています(一般1000円)。

山形美術館.jpg 彼の作品の題材は風景、人物、歴史、静物と何でもあり。最大の特色は驚くべきリアリティー。その作品展を見に今週初め、山形美術館に行って来ました。


鮭の絵は3点あり、どれも想像を超える大きさ。描いてあるのは確かに鮭。しかしサイズはマグロ級。重文の作品は鱗が一枚ずつ描かれ、生乾きの皮の感じは絶妙です。特に目を引かれたのが西周の肖像画。礼服に施された刺繍の金糸が一本ずつ描き込まれています。思わず前のめりになって覗き込んでしまいました。もちろん「花魁」(重文)もあります。


高橋由一展チラシ(表).jpg 高橋由一展チラシ(裏).jpg


由一と山形との縁とは、由一が当時、栃木、福島、山形などの県令(知事)をしていた三島通庸(みちつね)の求めに応じ、これらの県で写生旅行を行い、道路建設などが進む風景画を沢山残したことです。特に有名なのが「山形市街図」。県令としての実績を記録として残したい三島と、洋画の普及を図った由一の考えが合致したようです。


同展の山形での開催は7月20日(金)から8月26日(日)まで。この後、9月7日(金)から10月21日(日)まで国立京都近代美術館で開催されます。130点を超える作品や資料が展示されています。じっくり見て回ると2時間近くかかります。もう一度行こうと思っている特派員イチオシの作品展です。是非お見逃しなく。図録(2300円)を買うと重文の鮭の絵の実物大(?)複製画(長さ1メートル程)が付いてきます。


〈参考〉
山形美術館公式サイト
高橋由一展公式サイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年7月28日
« 前の記事「続 立石寺の蝉」へ
»次の記事「第50回 山形花笠まつり」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏はこれ! ‐山形のうまいもの
    立石寺の蝉
    だし‐山形のうまいもの

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集