海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 第50回 山形花笠まつり

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月10日

第50回 山形花笠まつり


メール プリント もっと見る

第50回 山形花笠まつり

山形花笠まつり2012_a.jpg 山形花笠まつりが今年も5日(日)から7日(火)までの3日間にわたって行われました。今年で50回目、もう半世紀続いて来ました。

山形花笠まつり2012_b.jpg 去年は半分も見ずに帰ることになったので、今年は最後の飛び入り参加まで見届けようと思い、最終日に見に行きました。


山形花笠まつり2012_c.jpg 定点見物ではなく、パレードの流れとは反対にゴール地点(旧県庁の文翔館前)から出発点に向かって歩きながらの見物です。


山形花笠まつり2012_d.jpg バレリーナたちの花笠踊りや花笠音頭に合わせたバトントワリングなど、去年見ることが出来なかったものが楽しめました。ホストクラブの(?)お兄さんたちも熱気溢れる踊りを披露してくれました。


山形花笠まつり2012_e.jpg 最も受けていたのは幼稚園児たちのグループ。踊りはバラバラでも、その懸命さと幼児であること自体のキャラが奏功して、「ヤバイ!カワイイ!」の声。(写真は元園児たち。現役園児たちの写真は撮影に失敗


山形花笠まつり2012_f.jpg 花傘も登場する山形大学学生の花笠サークルの踊りは人数といい若さといい、さながらパワー花笠踊り。他を圧倒していた感じでした(が、あそこまで力まなくても...


残念なことがあって、それはコースの大半が暗かったこと。投光器で照らされた場所以外は写真もうまく撮れないほどの薄暗がりという感じで、もうちょっと何とかならんのか!の感。また、進行が予定より遅れていたのか、9時近くになっても飛び入りコーナーが始まらず、結局これは見ずに帰って来ました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年8月10日
« 前の記事「「近代洋画の開拓者 高橋由一」展」へ
»次の記事「仙台七夕まつり」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    あきらめないで被災地!
    ぺちょら漬け ‐山形のうまいもの
    冷しラーメン ‐山形のうまいもの
    山形大花火大会
    花笠まつり

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集