海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 馬口岩(アイスヒル)登頂

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月23日

馬口岩(アイスヒル)登頂


メール プリント もっと見る

馬口岩(アイスヒル)登頂

馬口岩を望む.jpg 立石寺の南にある山には幾つもの巨岩が立ち並ぶ場所があります。特に岩に空いた大きな穴が馬の口のように見えるということから名付けられた馬口岩(ばくちいわ)は、冬場に氷雪に覆われることからアイスヒルとも呼ばれます。馬口岩や恵比須岩の上は見晴らし台になっており、高所からの眺望が楽しめます。地元の人や山歩きをする人だけが知るマイナーな場所かと思いきや、案内板は英中韓でも表記。「エッ!そんなにメジャーなの?」

稲荷岩.jpg 「山寺風雅の国」の駐車場の端にその登り口があります。〈熊出没注意〉の看板を横目に緩い坂を上り始めると、脇に赤い鳥居が立つ岩が見えて来ます。岩穴に稲荷大明神を祀った稲荷岩です。ここから少し上った先が恵比須岩の根元。その手前を左に入るとくぐり岩に向かいます。道はここから恵比須岩と馬口岩の間の斜面を直登するルートと、馬口岩の下を迂回して象岩に向かうルートの二手に分かれます。


馬口岩周辺案内図.jpg

見晴らし台や大黒岩へ行くには恵比須岩と馬口岩の間の急斜面を直登するのが最短ルートですが、斜面はぬかるんでいる上、落葉が重なって滑りやすく、手でつかまるものもないので大変危険です。特に下りは腰を下ろし、泥の斜面に手をつきながらでなければ下りられません。このルートは取らない方が賢明です。迂回ルートは笹薮に覆われて分かりにくいですが、安全を優先するならこちらのルートがお薦め。


巨岩のある山中はトレッキングコースになっており、1時間半ほどかけて一回りして来ましたが、今はまだ木の葉や枝が眺望を妨げています。岩の形や眺めを楽しむためなら、木々がすっかり葉を落とした晩秋頃が一番良いかも知れません。


恵比須岩上部.jpg 恵比須岩の上。柵があっても足がすくみます


馬口岩上部.jpg 馬口岩の上。


立石寺全景と山寺の町並.jpg 立石寺の全貌と山寺の町並みが一望できます。


立石寺伽藍.jpg 人間の目ではこんなに大きく見えませんが、山寺は大勢の人で賑わっているようです。でもこちらの山には他に誰もいませんでした。


象岩.jpg 象岩は巨大な上、撮影者もこれ以上は後ろに下がれないのでフレームに収まりませんが、どこからどのように見たら象に見えるのか?


展望岩(下から).jpg 展望岩.jpg

トレッキングコース最高点の展望岩(下からと上部)です。


展望岩からの眺め.jpg 当日(22日)は朝から靄っていて、展望岩からの眺めは不良。条件が良ければ朝日連峰まで望めるはず。


大黒岩.jpg これは大黒岩。


くぐり岩.jpg こちらは大黒岩の下にあるくぐり岩。


くぐり岩の中から.jpg

くぐり岩の六畳ほどの広さの穴の中からの眺めです。左の穴から鎖につかまって出入りします。


恵比須岩と馬口岩.jpg 下から見上げた恵比須岩(左)と馬口岩。


気軽に山歩きを楽しむには危うい道が多く、鎖やロープにすがらなければ通れない場所もあって、難易度・危険度は「高」。蔵王に登る方が安全で楽です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年10月23日
« 前の記事「蔵王の紅葉は雲の中」へ
»次の記事「山が燃える ‐蔵王の紅葉」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    食用菊 ‐山形のうまいもの

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集