海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 置賜さくら回廊

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年5月 4日

置賜さくら回廊


メール プリント もっと見る

置賜さくら回廊

県南部置賜(おきたま)地方の南陽・長井・白鷹の2市1町に桜の名所を結ぶ置賜さくら回廊 があります。


「置賜さくら回廊は、山形県南部の置賜盆地に位置し、赤湯温泉~白鷹町荒砥までをつなぐフラワー長井線沿いの約43Kmの桜の観光ルートです。日本のさくら名所100選「烏帽子山千本桜」を起点に、国指定天然記念物「伊佐沢の久保桜」「草岡の大明神桜」、県指定天然記念物「薬師桜」をはじめとする樹齢1200年余りの古木や名木、巨木といった古典桜の名所が20か所ほど点在しているのが特徴です。平成6年、各桜の保存会が集まり「置賜さくら会」を結成し、ルートを設定されました。」(置賜さくら回廊観光推進会議のウェブサイトから

昨日、その一部を回って来ました。真っ先に向かったのは長井市にある伊佐沢の久保桜。山形市中心部から小滝街道(国道348号)を通って、車でおよそ1時間です。山形の桜は終わりましたが、長井や白鷹は今が見頃。有名でなくとも、沿道のあちこちで目にする桜も素晴らしい咲きぶりでした。


1.伊佐沢の久保桜
久保桜.jpg 市の東部、伊佐沢小学校の隣地に立つ古木。小学校の学校木と言っても良さそうなほど両者はマッチした雰囲気です。国指定の天然記念物。樹齢1200年と言われていますが、これまで何を見て来たのでしょうね。根を痛めないように回りに木道が設置されています。幹には腹巻()を巻かれ、何本もの杖で支えられている姿は大変痛々しい。でも人間と違い年を取るほど人々を引き付けます。


久保桜解説.jpg


長井盆地の西側を走る長井白鷹線(11号道路)を北上すると次々と桜の名木・古木を見ることが出来ます。


2.草岡の大明神桜
草岡の大明神桜.jpg 大明神桜.jpg

久保桜から北西へ車で20分ほど。私有地にある巨木で、国指定の天然記念物です。こちらも樹齢1200年とか...


大明神桜解説.jpg 巨樹日本の桜ベスト10.jpg


大明神桜から北へ10数分。ここから後は白鷹町の桜です。どの桜も沿道に案内が表示され、ところによっては係員や警備員が駐車場へ案内してくれるので迷うことはありません。


3.釜ノ越ザクラ(一般車両の駐車には協力金200円が必要です。大型は1000円)
釜ノ越ザクラと雪山.jpg 後景の雪山との取り合わせが素晴らしいですが、奥で豪華に花を咲かせている木ではありません。


釜ノ越ザクラ.jpg 見る位置を変えると良く分かりますが、釜ノ越ザクラはこの木です。枯れた枝が切り落とされ、花もあまり咲かなくなっています。


釜ノ越ザクラ解説.jpg


4.薬師ザクラ
薬師桜.jpg 釜の越ザクラから徒歩4~5分の薬師堂にあります。県指定の天然記念物です。こちらも回りに木道が設置され、幹や太い枝には腐食防止の処理がなされています。以前は堂の北側(写真の右側)に何本もの杉の木があったのですが、もうなくなっていました。


薬師桜解説.jpg


行く先々で同じタクシーに出会いました。それが何と山寺のタクシーなのです。ここまで2時間近くかかるのもさることながら、一体いくらかかるの? でも借り切ったお客の気持ちがよく分かります。山寺 もさくら回廊も今が旬。


5.十二の桜
十二の桜.jpg 薬師ザクラで降り出した雨が、いよいよ本格的になって来ました。一休みしようと売店で甘酒を頼んだら売り切れ。そこでかい餅(クルミ垂れ. 1人前210円)を買いましたが大変おいしかったです。

十二の桜の由来.jpg


今頃の特徴なのか天気が定まらず、回っている間も空模様が気になってばかりいました。前に行った時も天気に恵まれなかったのですが、今回はそれ以上。気温も10℃に届かず、帰りは途中まで雨の中でした。次はスッキリと晴れ上がった青空のもとで回りたいですね。出発したのは昼過ぎでしたが、半日(約5時間)でこれだけ見ることが出来ました。


お詫び:桜の説明については現地の解説パネルの写真で済ませるなど、目一杯手抜きをしました。クリック(拡大)して
    お読み下さい。でもこの方が読みやすいし、下手な説明を書くより良さそうですね。
また、下の地図は複数個所のポイントが出来ないので、最初に行った久保桜の場所だけ示しておきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年5月 4日
« 前の記事「50年に1度の秘仏公開」へ
»次の記事「雪の壁 - 残雪の蔵王」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    こごみ、おかひじき ‐ 山形のうまいもの
    大部分日食
    観桜 ‐ 霞城公園の歩き方

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集