海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > つつじ園の雉

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年5月 8日

つつじ園の雉


メール プリント もっと見る

つつじ園の雉

寒河江駅から.jpg 新聞に寒河江公園のつつじまつりのチラシが入って来ました。期間は今月上旬~下旬。そこで今日は寒河江(さがえ)市に出かけました。寒河江市は山形市の北西に位置し 東根市に次ぐ(並ぶ?)サクランボの産地です。
普段は車にばかり乗っているので、気分を変えて今日はJRの左沢(あてらざわ)線で行くことにしました。乗って気が付くと車両は電車ではありません。私には懐かしいディーゼル車でした。山形駅から寒河江駅まではおよそ30分、320円です。
写真:左奥月山. 右奥葉山. その手前の山が寒河江公園

開花前のつつじ園.jpg 駅でタクシーに乗り「寒河江公園」と告げると「つつじ公園?」と聞き直されました。地元の人は何と言うのか聞いたところ、「長岡山」だそうです。
気候が温暖になり、天気も良いとなると家にじっとしていられなくなってやって来たわけですが、不安的中。つつじは全く咲いていませんでした。それどころか桜まつりがまだ終わっていないような雰囲気。チラシに偽りあり? つつじの手入れをしている人たちがいたので聞くと「20日頃だべな」。トホホ...


蔵王と雁戸山_つつじ園から.jpg 寒河江公園は市街地の真ん中にある大きな山です。つつじ園には9種類3万2千株のつつじがあるそうで、規模は東北一。野球場や陸上競技場もあります。何といっても感激したのは眺めの良さ。村山盆地が一望でき(反対側には月山がそびえています)、山形の市街地も見はるかすことが出来ます。雪をかぶった蔵王の山も、ここからはこんな風に見えるのか!
写真:右奥蔵王. 左奥雁戸山


つつじ園の雉.jpg 当てが外れたので公園内を散策していると、何やら大きくて派手な鳥が目の前に現れました。昼から飲んでいるかのような真っ赤な顔。突然のことで一瞬頭が「?!?!」。何とそれはキジ(♂)でした。桃太郎の家来にして日本の国鳥です。「エッ!こんな所にいるの?」と驚いたの何の... 近くには茶色で地味~なメスもいました。きっと繁殖期なんだと思います。カメラを向けると藪の中に消えてしまい、何とかものにできたのはこの1枚だけ。有名な割に実物を見たことはなく、これが初めて。しかも日本の国鳥(1947年(昭和22年)指定)と言うからには保護鳥かと思ったら、狩猟の対象なんだそうです。この辺りの人たちは普通に見ているんでしょうかね?


つつじは見られなかったものの思わぬ収獲でした。20日頃に出直します。入園は無料です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2013年5月 8日
« 前の記事「雪の壁 - 残雪の蔵王」へ
»次の記事「つつじまつり-寒河江公園つつじ園」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    こごみ、おかひじき ‐ 山形のうまいもの
    大部分日食
    観桜 ‐ 霞城公園の歩き方

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集