海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 蔵王みはらしの丘神明神社-わたしの街の隠れた絶景ス...

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月16日

蔵王みはらしの丘神明神社-わたしの街の隠れた絶景スポット


メール プリント もっと見る

蔵王みはらしの丘神明神社-わたしの街の隠れた絶景スポット

ミュージアムパークと神明神社.jpg 「神明神社」は全国各地に存在し山形にも幾つかありますが、ここで言うのは山形市の最南部、松原地区の蔵王みはらしの丘ミュージアムパークに隣接する神明神社です。写真の左奥に鳥居と社殿が見えます。丘の上の建物はミュージアムパークの管理棟はらっぱ館。

神明神社からのパノラマ.jpg

かつてこの辺りは山林でしたが、10年以上前からUR都市機構が住宅団地を造成し、レジャー施設のある公園(ミュージアムパーク)の開発も進めています。神明神社は森林が伐採され山が削られて道路が通ったため、図らずも絶景スポットになりました。そこからの眺めは「蔵王絶景の丘」と言い換えてもよさそうなもので、写真のような大パノラマが広がっています。


山形市街地の眺め.jpg 神明神社から望む瀧山と蔵王.jpg

左手に山形の市街地、正面には迫り来るような瀧山(りゅうざん)と蔵王の峰々、右手には遥か南蔵王方面を一望することができます。また、はらっぱ館からは雪を頂いた月山を望むこともできます。


神明神社位置.jpg 神明神社境内.jpg

古くからあるこの神社はもともと眺望を意図して建てられたものではないので、この点に関してはあまり知られることがなく、普段行く人はほとんどいません。JR山形駅西口からみはらしの丘方面に行くバスがありますが、日に4往復しかなく、最寄りのバス停からでも500mほど歩かなければならないため、車がないと行きにくい場所です。車があれば山形駅からおよそ15分。51号線(通称西バイパス)を南へ直進し、蔵王みはらしが丘のセブン‐イレブンを過ぎて橋を渡った先を右折です。神社とミュージアムパークに広い駐車場があります。


天気のいい日には景色を眺めに行くことがあります。天気が良ければいつ行ってもいいのですが、特にお奨めは12月から3月頃。空気が澄んでいて視界がいいのと、雪があると山々がひときわ美しく見えるからです。


と言うことで"隠れた絶景スポット"については以上ですが、折角なのであと二か所、絶景スポットを紹介します。"隠れ"ではなく、どちらも良く知られているとは思いますが...


富神山.jpg みはらしの丘から6キロメートルほど北、山形市西部に左右対称の流麗な形の山があります。その名を富神山とがみやま. 402m)と言い、東側からはピラミッドのように見えますが、反対側にはスフィンクスの背のように尾根が伸びていて、後ろの山と繋がっています。


富神山山頂.jpg 東側から見る限り斜面が急で上りにくそうですが、孤越(きつねごえ)街道で山の西側に回れば駐車場と登り口があり、頂上直下の100メートルほどの急斜面を除けば、それほどきつくない坂道を30分ほど歩いて簡単に上れます。


富神山からの眺望.jpg 頂上は麓から200数十メートルの高さです。神明神社からの眺めは左右の広がりに雄大さを感じますが、私にとって富神山からの眺めはこの高さが絶妙なのです。急斜面の山なので、直下の田園地帯も見下ろすことができ、気球に乗ったとしたらこんな感じ?


関ヶ原の戦いがあった頃、石田三成方の直江兼続(なおえかねつぐ)率いる上杉軍が徳川方の最上義光(もがみよしあき)の居城である山形城を攻めるに際し、この山から城を偵察しようとしたものの10日もの間、城には霞がかかって全く見えず、そうこうするうちに石田軍敗北の知らせが届き、上杉軍は撤退して行ったそうです。
このことからこの山は十日見山→富神山と呼ばれるようになり、山形城にも霞ヶ城の名が付きました。写真左奥に見える緑地が山形城址の霞城公園。写真のフレームからは外れましたが、右前方にこの戦(慶長出羽合戦)の戦場となった長谷堂城跡があります。霞城公園にはこちらに向かって今まさに出陣しようとしている最上義光の騎馬像があります。


ふれあい展望台.jpg 富神山の裾に絡むように走る孤越街道を西へ上ると、県民の森の入口にふれあい展望台があります。標高は520メートルほど。富神山より100メートル以上の高さがあります。この展望台は地元双葉地区の人々や土地の提供者など、多くの人たちの尽力で10年前にできました。四阿(あずまや)とウッドデッキが備わった立派なもので、広い駐車場もあります。ここも車がないと行けません。


ふれあい展望台からの眺望.jpg 写真中央に尖って見えるのは富神山。市街地は遥かに遠ざかり、下に見える集落(上平)には隠れ里のような雰囲気を感じます。


山国の山形には山の数だけ絶景スポットがあるはずで、未知のスポットもまだまだあると思います。そんな場所を発見したら改めてご紹介しましょう。


(6月お題 "わたしの街の隠れた絶景スポット")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年6月16日
« 前の記事「慈恩寺秘仏展とつつじ祭り(その2 )」へ
»次の記事「見頃です-双松バラ園」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    天体ショー2題

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集