海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 紅葉狩(別名 湖沼めぐり)-蔵王中央高原の歩き方

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月11日

紅葉狩(別名 湖沼めぐり)-蔵王中央高原の歩き方


メール プリント もっと見る

紅葉狩(別名 湖沼めぐり)-蔵王中央高原の歩き方

紅葉狩などと風雅なタイトルを付けましたが、その実、またまた山登り、山歩きの話です。
10月と言うのに日本各地は夏のような暑さに戻ったところもあり、山形も今頃にしては大分暑いのですが、そんなことにはお構いなく、山々の木々は着実に色付き始めています。

そんなわけで昨日、紅葉観賞に蔵王中央高原へと出かけました。まずは蔵王中央ロープウェイで鳥兜山(1387m)へ。標高900m前後の温泉街の辺りでは、樹木はまだ青々としていますが、1200m辺りから上は既に紅葉しており、山頂付近はそろそろ終わりかも知れません。


五郎岳と中央ゲレンデ.jpg ロープウェイを降りると、目の前にはこのような光景が広がります。下とは違う世界のようです。茶色に染まった山は五郎岳(1413m)。青さの残る斜面は蔵王温泉スキー場の中央ゲレンデです。

片貝沼と三宝荒神山.jpg

鳥兜山から三宝荒神山を目指し、南東へ1kmほど緩い下りの散策路(もしくは舗装された車道)を歩くと片貝沼に着きます。今回はこの光景見たさに登って来ました。三宝荒神山(1736m)の北壁が水面から400m近い高さで聳え立っています。絶景です。道があればあの急斜面を登って見たいものですが、そんなルートはないでしょう。ここには沼を取り巻く紅葉と水面に映る紅葉があり、そのうえ水底に沈んだ紅葉もあって、3倍の紅葉が楽しめます。


目玉沼と三郎岳.jpg 名残惜しさを振り払って、次に向かったのは目玉沼。道は平坦で片貝沼から5分ほど。三郎岳(1412m)の麓の、直径10mもあるかないかの小さな沼です。道からは笹薮で数十メートル隔てられ、そばまで行くことは出来ませんが、この沼を見るためのウッドデッキが道端に設けてあります。
ここから先は下り坂です。


うつぼ沼とデッキ.jpg うつぼ沼.jpg

5分ほどでうつぼ沼が見えてきます。近くまで行くと笹薮に遮られて見えにくくなるためか、ここにも見物用のウッドデッキが高い場所に造られています。この沼はさらに小さく、直径は2m足らずか。人が地面を掘って造ったような妙な感じのする水溜りです。
蔵王には思い付くだけでも大小10個余りの湖や沼や池がありますが、湖沼めぐりはこれまで。次は山登りです。


赤や黄色に染まった木々を眺めながら、また5分あまり歩くと五郎岳の登山口に到着します。反対側に三郎岳の登り口もありますが、この山は眺望が利かないらしく、登山口の表示はありません。


五郎岳の紅葉.jpg 五郎岳登山道.jpg

五郎岳への登山道はこれまでの散策路では一番紅葉が楽しめます。息を切らしながらでも早足で登れば、5分ほどで頂上に着きます。


五郎岳山頂.jpg さあ着きました。五郎岳の頂上です。車で上って来る途中は晴天だったのに、蔵王山頂にだけは雲がかかっていました。雲が晴れないようならそのまま引き返そうかとも考えたのですが、ロープウェイを降りた時、雲は見事に晴れていました。それから2時間後、五郎岳の頂上から振り返ると、蔵王山頂は再び雲に覆われていました。特に何か良いことをした積りはないのに、山の神様に気に入られたのか、一番見たかった片貝沼での光景を見ていた時だけは雲が晴れていてくれたようです。ラッキーでした。


五郎岳から西.jpg 五郎岳は360度眺望が利きます。これは西側の景色。冒頭の写真の逆側から撮っています。左は鳥兜山とロープウェイの駅舎。その下は中央ゲレンデ。中央はドッコ沼と三五郎小屋など。右奥は瀧山(りゅうざん)です。


湖沼めぐりはドッコ沼もコースに入りますが、今回は紅葉見物が主目的。五郎岳を下りた後は舗装道(車道)を歩いて鳥兜駅に戻り(所要30分)、ロープウェイで下山しました。約2時間半の山歩きでした。今月下旬には蔵王温泉街も朱に染まるでしょう。


ザンゲ坂付近の紅葉.jpg 蔵王沢の紅葉.jpg

ところで、実は3日前(8日)にも三宝荒神山へ紅葉を見に登ったのですが、もう盛りは過ぎていたようでした。そこで熊野岳へ向かう途中の鞍部にあるワサ小屋跡まで行き、蔵王沢の紅葉を遠見して帰って来ました。蔵王には今年中にまだ何度か登る予定です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年10月11日
« 前の記事「彼岸花-長谷堂城跡」へ
»次の記事「絶品そば-小滝そば ゆかりや」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    山が燃える ‐蔵王の紅葉
    馬口岩(アイスヒル)登頂
    蔵王の紅葉は雲の中

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集