海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 豪雪、そして樹氷国体

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月17日

豪雪、そして樹氷国体


メール プリント もっと見る

豪雪、そして樹氷国体

積雪路面.jpg 2週続けての全国各地の豪雪については多々報じられているので今さら書くことは特にないのですが、私には2年前の雪の方がすごかった印象があります。
とは言え15日の昼前、吹雪の中、圧雪状態の道路を車で走っていると、前方が真っ白になって道路の端が分からなくなってしまいました。これはちょっと怖い!いつもとは違うぞ、と思いつつ走り続けていると、反対車線にワンボックスカーが横転しているのを目撃しました。多分、私と同じように道路の境界が分からなくなり、端に寄り過ぎて積雪に乗り上げ、そのまま横倒しになってしまったようです。
その後も交差点の信号機のランプが吹き付けられた雪で覆い尽くされ、交差する側のものも含めて何色が点いているのか全く分からず、回りの状況を見てそのまま走って来たりもしましたが、それでも無事に目的地に着きました。
その晩のうちに帰る積りだったのですが、道路の状態が良くないからと引き止められて、一泊することになりました。これは正解だったようで、除雪が追い付かなかったらしく、当夜はあちこちで何台もの車が立ち往生していたという話を後で聞きました。


しかし難を逃れたはずだったのに何としたことか!翌日の昼過ぎに家の前まで帰って来たところで車輪が轍にはまり、空転して動けなくなってしまったのです。側で雪掻きをしていた近所の人に助けられたのですが、こんな時のためにと四駆車に乗っているのに、四駆の威力は空回りになってしまいました。
他にも右折して入った車線が、気が付くと交差する道路の右折車線で、本来入るべき車線が除雪車が掻いて行った雪に埋もれてなくなっていたりとか、やれやれな2日間でした。


これまで雪は北からやって来るものと思っていましたが、今回は特に太平洋側が豪雪に見舞われたところを見ると、雪は南からやって来ることもあるんですね。


樹氷国体パンフレット.jpg こんな中、蔵王で今週末の21日からやまがた樹氷国体 が始まります。会場は蔵王温泉スキー場と上山(かみのやま)市の蔵王坊平スキー場の2カ所。24日(月)までの開催ですが、何とスケジュールがソチオリンピックとガチンコ。将来のオリンピック選手がいるかも知れないにしても、これではオリンピックの裏イベントになってしまいます。
スラローム、ジャンプ、クロスカントリーがメインのスキー競技会なので、スノボやスケートはありません。混雑するかも知れない中へ行くのはイヤだし、駐車場の有無や、観戦場所の分からなさなどを考えると、見たい競技はあるのに行くのが煩わしくなっています。
いずれにしろ雪はもう沢山!降るのはスキー場だけにして欲しいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 天気・気候・気温
2014年2月17日
« 前の記事「樹氷ライトアップ」へ
»次の記事「やまがた樹氷国体(第69回国民体育大会冬季大会スキー競技会)」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    雪の山寺・立石寺
    旧暦初市
    奇習 カセ鳥
    真冬の花見 - 啓翁桜

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集