海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 悠創の丘の桜

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月21日

悠創の丘の桜


メール プリント もっと見る

悠創の丘の桜

ウォーキングコース案内.jpg 花の命は短いので、1日置きに花見に走り回っています。昨日(20日)は悠創(ゆうそう)の丘に行きました。
悠創の丘は山形市の南部にある県営公園(入園無料)で、J2サッカークラブモンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形が指定管理者になっています。山の斜面を利用した公園で、写真はその概観。

市道三本木線の桜並木.jpg 市道三本木線から公園に向かうと、公園の手前から400メートルほどの間、道路の両側に桜並木が続いています。これも少々見ものです。


出会いの丘1.jpg 多くの花見客の行先は霞城公園や馬見ヶ崎サクララインのはずで、悠創の丘は閑散としています。もっとも、この公園の駐車場は全部(3カ所)合わせても97台分しかないので、昨日のように満車になったところで混みようもないのです。(奥の雪山は月山. 手前の三角屋根は東北芸術工科大学の建物


出会いの丘2.jpg ここの桜はソメイヨシノではありません。おそらく全部オオヤマザクラです。5日前に行った時はまったく咲いていなかったのに、昨日は満開でした。まだ早いのでは...と期待しないで行ったのですが、余りの咲きっぷりに少しビックリ!
山形ではオオヤマザクラと言えば西蔵王放牧場が有名です。ゴールデンウィーク中に満開になるようなので、改めてリポートします.。


感動の丘2.jpg 感動の丘1.jpg 悠創の丘はサクラの本数は少なくても、何より眺望が楽しめます。眼下には市街地が広がり、遠くには雪を冠った山々(月山、葉山、朝日連峰など)が広がっています。またここには、花見には付きもののドンチャン騒ぎなどなく、家族やグループがゆったりと楽しい一時を過ごすことが出来ます。こういう花見の方がいいですね~。


この公園を上って行くと、恐らく30分足らずで広大な(1700m×500~600m)西蔵王公園に至ります。西蔵王公園からもうちょっと上るとそこは標高500メートルを超える西蔵王高原です。土坂(つちざか)地区を通り抜け、西蔵王放牧場(山形市営)を越えてもうひと上りしたら、いつの間にか瀧山りゅうざん. 1362m )の頂上に立っていた、と言うような山登りがしてみたいです。


この後、たった1枚の写真を撮りたかったがために西蔵王公園展望広場へ一走り。それがこれ、桜が満開の霞城公園の写真です。ごちゃごちゃしていて分かりにくいのですが、分かりますよね?

桜満開の霞城公園_西蔵王展望広場から.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年4月21日
« 前の記事「霞城公園 桜のライトアップ」へ
»次の記事「桜寺 -耕源寺-」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    馬見ヶ崎さくらライン
    四月になっても

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集