海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 西蔵王の大山桜

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月 2日

西蔵王の大山桜


メール プリント もっと見る

西蔵王の大山桜

オオヤマザクラ_西蔵王放牧場.jpg 晴れるという予報に期待をかけて行ったのですが、灰色の雲が空を覆い、風もあって肌寒い天候でした。
ここは西蔵王放牧場。大山桜を見に行ったのですが、陽射しと技量がないのとで、どれも陰鬱な写真になってしまいました。

オオヤマザクラと瀧山.jpg 山にはまだ雪が残っていますが、大山桜は見頃です。
写真奥の山は蔵王連峰の瀧山(りゅうざん. 1362m)。市街地から見上げると威厳を感じる山ですが、平安時代には修験場でした。今は想像も出来ないのですが、麓(今の放牧場の辺り?)には300もの宿坊があったと言われるほど隆盛を誇ったようです。


文治3年(1183年)3月、西行がこの地を訪れ、歌を残しています。
「類ひなき思いいではの櫻かなうすくれなゐの花のにほひは」
『山家集』にある山桜を詠んだと思われるこの歌が、詞書と共に歌碑になって放牧場の手前に立っています。


西蔵王放牧場のオオヤマザクラ.jpg 一部、植樹したものもありますが、放牧場の大山桜はすべて自生です。大きくて形が良く、どれも見事です。


西蔵王放牧場から山形市街を見下ろす.jpg 放牧場の遥か下方に山形の市街地が望めます。この放牧場は標高が600m以上あり、5月~10月一杯、酪農家の牛が放し飼いにされます。草を食み、寝そべって眺めを楽しめるなら牛になってもいいほどの環境ですが、オスはダメ。ここは乳用牛だけの放牧場なのです。


西蔵王放牧場遠景.jpg 瀧山中腹の雪が残っている所が西蔵王放牧場です。


満開のオオヤマザクラ.jpg 大山桜の話から脱線してしまいましたが、天気が良ければ、明日にでももう一度、写真を撮り直しに行く積りです。
今日はゴールデンウィーク中とは言え平日のためか人出はそう多くなく、70~80台ほど停められる駐車場にはまだまだ空きがありました。「西蔵王の大山桜」の有名さの証か、県外ナンバーが目立ちました。
放牧場へは市の中心部から車で30分余りで行くことが出来ます。是非、今のうちに...

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年5月 2日
« 前の記事「人間将棋-第59回 天童桜まつり」へ
»次の記事「花街道二つ (続 西蔵王の大山桜)」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    慈恩寺秘仏展とつつじ祭り(その2 )
    つつじまつり-寒河江公園つつじ園
    つつじ園の雉
    雪の壁 - 残雪の蔵王
    置賜さくら回廊
    50年に1度の秘仏公開

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集