海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 百目鬼温泉

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月18日

百目鬼温泉


メール プリント もっと見る

百目鬼温泉

タイトルが読めた方は紛れもない山形通(かな?)。百目鬼は「どめき」と読みます。でも名前の由来や読み方に関しては何も分かりません。


山形県は全市町村に温泉場があり、これは全国でも珍しいことのようですが、百目鬼温泉はしかも田園地帯のど真中という、およそらしからぬ場所にあるさらに珍しい温泉です。灌漑用水を得るために井戸を掘ったところ温泉を掘り当ててしまったというのがそもそもの事のおこりで、地元の人たちが出資して温泉を始めることになりました。

今日の午後、山歩きをしたので汗を流しに行きました。入浴前に併設のそば店(産直店もあります)で食事をすると、入浴料金が安く(300円→200円)なります。温泉は内湯と外湯(露天風呂)があります。どちらも大きな湯船になみなみと湯が漲っています。鉄分の多い泉質だそうで、湯は薄茶色に濁っており、浸かると微かに鉄の(?)臭いがします。成分が濃いので、湯中りしないよう続けて3分以上入らないようにとの掲示があります。それにしてもいい湯加減です。でも撮影できないので風呂場の写真はありません。

平日の日中なのに次から次へと入浴客がやって来ます。もちろんほとんど年寄りです。温泉の前には黄金色の田んぼが広がっています。浴室内からも遠くの山々が望めます。もうすぐ刈入れ。じきにおいしい新米が食べられます。

百目鬼温泉:山形市百目鬼42-1 ☎023-645-9033

6:00~22:00(受付は21:30まで)毎月第1月曜日定休

大人300円、子供100円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年9月18日
« 前の記事「キツリフネ~七ヶ宿名所巡り」へ
»次の記事「そば処 伊右ェ門」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    1年前の同じ月に投稿された記事
    彼岸花-長谷堂城跡
    瀧山登山-蔵王連峰の歩き方
    若冲さんが来てくれました

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集