海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 雪の千歳山

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月16日

雪の千歳山


メール プリント もっと見る

雪の千歳山

山形の市街地の東にある千歳山は西の富神山 と並んで流麗な姿をした山で、ともに山形のシンボル的な山です。標高は471m、「しない(市内)の山」と憶えると忘れません。昨日はこれ以上ないような快晴、早速登りに行きました。


山麓の千歳山こんにゃく店の2つ隣のレクリエーション基地(無料駐車場)に車を置き、千歳稲荷(岩五郎稲荷)神社の参道を上ります。千歳山には何か所も登山口がありますが、ここが最もポピュラーなようです。上り口にトイレもあります。

誰でも気軽に登れる山なので、沢山の人とすれ違います。今日会った人たちの足元は例外なくゴム長。私もそうでしたが、雪がないところは泥道なのでひとまず正解。ただ厚い靴下を2枚履いていても次第に指先が冷たくなるし、下りは滑りそうで怖かった。

半分ほど登った所に幾つもの岩が積み重なった善光寺岩という展望所があります。ただ名前の由来は分かりません。

善光寺岩からの眺めです。

登るにつれ雪が深くなるような気がします。と言っても10cmあるかないかですが...

頂上まであと数分の所の雪景色。

ほぼ頂上です。写真の立派な建物は展望台。ゆっくり写真を撮りながらでしたが、麓から300mほどの高さを40分ほどで登って来ました。

展望台は素通りして先ずはその先の最高点へ。展望台から山頂にかけてはなだらかな広い傾斜地で、あこや姫伝説(人間と精霊の異類婚姻譚)で知られる阿古耶の松跡の碑や三角点があります。写真の奥から登って来ました。

山頂の南東方向には瀧山(写真奥)、東寄りの木々の間からは雁戸山などが見えます。

戻って展望台へ。2階の床にも雪が積もっています。ここからは西と北の方角が望めます。ただ木々に葉がある間は、眺めは良くありません。

奥の雪山の左は月山、右は葉山です。

今回は雪山登山のトレーニングの積りで登ったのですが、雪が少なくて訓練にはなりませんでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年12月16日
« 前の記事「雪の山形」へ
»次の記事「2014 SENDAI光のページェント」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2013 SENDAI光のページェント
    そばや 長右ェ門
    かおりそば-すゞ木屋
    一夜明けたら...

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集