海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > 紅葉、始まりました-南蔵王

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月16日

紅葉、始まりました-南蔵王


メール プリント もっと見る

紅葉、始まりました-南蔵王

8月は余りの暑さで外に出る気になれず、9月になったら連日雨天。ようやく待ちに待った晴天になるという予報を当てにして、先月末、濃霧のため途中撤退した南蔵王縦走に再トライしました(14日)。

ここは刈田駐車場。このところちょくちょく来ていますが、10日ほどの間にそれと分かるほど山肌が赤味を帯びて来ています。季節が下界より一月以上も早く進んでいるように感じます。

御釜周辺の熊野岳(1840.5m)や刈田岳(1758m)、地蔵山(1736m)のある辺りを中央蔵王、それより北、名号峰(1490.9m)や雁戸山(1484.6m)方面を北蔵王、また南の屏風岳(1825m)や不忘山(1705.3m)へと続く一帯を南蔵王といい、中央蔵王と北蔵王は山形宮城の県境にありますが、南蔵王は100パーセント宮城県です。
写真左は南蔵王方面(7月22日刈田岳から撮影)。中央手前から奥へ前山、杉ヶ峰、南屏風岳。 左奥は屏風岳。写真右は中央蔵王の刈田岳、熊野岳、五色岳。 山腹のジクザグは蔵王ハイライン。下を横切る線は蔵王エコーラインです。

ハイライン入口の駐車スペースに車を置き、刈田峠の登山口から出発しました。前山(1684m)を越えて見えた杉ヶ峰(1744.9m)は予想以上の色付き。この辺りで振り返ると前から3番目の写真のような光景が望めます。

出だしが遅かった(10時)ので今回の山歩きは宮城県の最高峰屏風岳まで(の積り)。頂上までは杉ヶ峰を越え、芝草平(宮城県内最大の湿原. 写真左)を過ぎてほぼ2時間。ところが頂上に着くと濃霧のせいで眺望なし。時折、霧の晴れ間から水引入道(1656m )や馬ノ神岳(まのかみだけ 1551m)が垣間見える程度。そこで予定変更。更に1.5km先の南屏風岳(1810m)まで行ってみることにしました。
花の盛りはとっくに過ぎたものの、リンドウだけは登山道に沿ってどこまでも続いて咲いていました。

山に登るたびに思うことがあります。それは動物なら身一つでどこへでも行けるのに、人間は飲食物や衣類は元より、場合によっては布団(寝袋)や家(テント)まで持ち歩かなければならず、はなはだ難儀なことだと。だからといって人間以外の動物に生まれりゃ良かったというわけではありませんが...。

ここは屏風岳から少し下った水引入道への分岐部。この辺から先は高木が少なくなり、天気が良ければ天空の道を歩くような感じがするのですが、今回は予報に反して上空に雲が居座り、下からは霧が湧き上がって眺望は利かず。一足早く紅葉を楽しめたことがせめてもの慰め?

南屏風岳頂上はのっぺりした場所で、ただの通過点にしか見えません。どこかで戻ろうと思いつつも、ここもやはり納得して戻れる場所ではなく、こうなったら逆に蔵王連峰の最南端、1.5km先の不忘山(1705.3m)まで行くしかないと、気持ちはどんどんエスカレートするばかり。

この先は1732mのピークから鎖場の急斜面を下ることになるのですが、一休みしている10分足らずの間に霧が濃くなって来て、目の前にあった不忘山が消えてしまいました。来るなと言われたわけではなさそうですが、帰りの時間を考えると日のあるうちに戻れなくなりそうで、ようやくここで引き返す気になりました。縦走は完遂できなかったけど、また来るよ。

南屏風岳西斜面の紅葉を目に焼き付け、来た道をすたこらさっさ...

帰り道は遠かった。往復10数キロの山道を、荷物を背負い、大した休憩も取らずに歩くこと7時間。すでに両脚が荷物のようになっています。帰って車から降り立った瞬間、膝に力が入らなくてくずおれそうになり、ヤベーヤベー、もっと体を鍛えなきゃ!

南蔵王縦走路はそれほどキツイ、危ない、の場所はなく、私も含め山歩き初心者の方にもおすすめのコースです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年9月16日
« 前の記事「こんな花火見たことない!-第36回山形大花火大会」へ
»次の記事「見頃です-蔵王の紅葉」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    彼岸花満開-長谷堂城跡
    そば処 伊右ェ門
    百目鬼温泉
    キツリフネ~七ヶ宿名所巡り

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集