海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > びじゃか、やばつい-なんのこと?

日本国内/山形特派員ブログ 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月25日

びじゃか、やばつい-なんのこと?


メール プリント もっと見る

びじゃか、やばつい-なんのこと?

「びじゃか」は先日、あるブログで目にした言葉です。見た瞬間、ああ懐かしいと感じたものの、あれ、びじゃかってなんだっけ? この言葉、写真に添えて書かれていたもので、その写真を見て思い出せたのですが、「水たまり」のことです。この二つの言葉を比べると、びじゃかはほとんど外国語ですね。

この頃は山形弁を話す若い世代がいなくなったような気がします。山形弁でしゃべるような子供はもういないよ、と言われたこともあります。ズーズー弁などと言われて引け目を感じたりすることがなくなるのはいいことかもしれませんが、独自の言葉が消えて行くのは大変残念なこと。言葉は文化そのものだし…

さてその写真ではびじゃかの中を幼児が歩いています。小さな子供は階段や水たまりには殊更興味を持つようで、階段を見れば這ってでも上って行くし、水たまりがあれば中に入って足踏みし、回りに水しぶきをまき散らします。そんな時、そばにいる親などはたいてい「やばついからやめろ!」と言います。(えっ、やばついって何?)

「やばつい」はこれに置き換えられる他の言葉は思いつきませんが(ないかもしれない)、山形弁に関する出版物やウェブサイトにはその意味として主に「冷たい」などと書いてあります。でも、ネイティブの私としては、冷たいとか、そこに書いてある他の意味ででもこの言葉を使ったことはなく、この説明は正しくないと言わざるを得ません。

その原因はこの言葉が使われる場面のほんどに水が関係するからでしょう。風呂場で湯をかけられてもやばついと言いますが、湯は冷たいですか?

やばついの本当の意味は「水でも湯でも他の液体でも、そのしぶきやしずくが体、特に顔にかかった時、またはかかりそうになった時に発する不快感を表す言葉」と私は理解していますが、どうでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2016年1月25日
« 前の記事「FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会」へ
»次の記事「召しませ春を 山形の啓翁桜」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会
    冬の花火はつらいよ-山形冬の花火大会in霞城公園
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2015 樹氷ライトアップ

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 山形特派員

      山形特派員
      韮澤 成行
      東京でのサラリーマン生活を終え、好きな京都に移住したのも束の間、思いがけずに今度は山形。都会生活が長かったので田舎暮らしの不便さを感じますが、これが日本に住む人々の平均的なレベルなのかも… 人生もうあくせくする必要はなく、住めば都になるかもしれません。高層ビルのない空は広く、自然が身近にあって食べ物は新鮮でうまい。でも、次はどこへ行きますかね?国外?まさか!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集