海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ヤンゴン特派員ブログ > これだけ覚えていればミャンマー旅行は心配無用?旅の...

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ミャンマー/ヤンゴン特派員ブログ 高野 光輝(たかの こうき)

ミャンマー・ヤンゴン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月 5日

これだけ覚えていればミャンマー旅行は心配無用?旅の一言ミャンマー語!


メール プリント もっと見る

これだけ覚えていればミャンマー旅行は心配無用?旅の一言ミャンマー語!

こんにちは!ヤンゴン特派員高野光輝(たかの こうき)です。
日本ももうすぐ梅雨入りの時期かと思いますが、ここミャンマー・ヤンゴンでも数週間前から3~4ヶ月も続く「雨季」が始まりました。


ぐずついた外出できないこんな時には意外と気が散らずに勉強ができたりするものです。
というわけで、今回は旅の一言ミャンマー語と題して旅行中に役立つフレーズを紹介します!


 まずは定番中の定番の「ミンガラーバー」。「こんにちは」や「どうも」といったニュアンスの挨拶言葉です。フレーズの最後の「バー」をやや上げるように発音すると良いです。空港や訪れた観光地、お土産屋さんなど旅行中に一番耳にする言葉です。


pic1.jpg

 次は「チューズーティンバーデー」。これは「ありがとうございます」を意味し、何か人に良くしてもらった時などに使います。気の知れた仲であれば「チューズーバー(ありがとう)」と短縮して使うと親しみが伝わります。


 逆に何か人に良いことをして「チューズバー」と言われたときはどう答えるでしょうか。そんな時にミャンマーでは「ヤーバーデー(ヤーデー)」と答えます。「気にしなくていいよ」「当然のことをしたまでだよ」と謙遜の意味があるフレーズです。さりなげなく良いことをしてふと呟くとカッコイイ言葉で私も好きなミャンマー語の一つです。


 しかし「ヤーバーデー」にはもう一つの使い方があります。例えば旅行中ガイドが時間通りに来ずお目当ての場所に行きそびれてしまった...。こんな時にガイドは「ヤーバーデー」と言うのです。ここでの意味は「大丈夫さ」「たいしたことないさ」という言い訳にも聞こえる使われ方をするのです。

 知り合いのミャンマー人いわく「ミャンマーでは約束事や時間がきっちり守られることが少ないからお互い様という意味で『ヤーバーデー』を使うんだよ」とのこと。日本人の私たちからすれば理解に苦しむかもしれませんが、私はミャンマーの国民性をよく表して言葉だと思います。


pic3.jpg

 難しいように思えるミャンマー語ですが、書き言葉を別にすれば語順も日本語と一緒で発音もそれほど気にすることはありません。ミャンマーを訪れる際にはぜひ今回のフレーズを使ってみてくださいね。ただし「ヤーバーデー」には気をつけて!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2016年6月 5日
« 前の記事「スーツケースの荷物が減ること間違いなし!ヤンゴンで日本発100均が大流行り?!」へ
»次の記事「お腹が丈夫な人は試してみて、ヤンゴンの路上屋台は珍味の宝庫!!」 へ
おすすめ記事
    ヤンゴン特派員 新着記事
    お腹が丈夫な人は試してみて、ヤンゴンの路上屋台は珍味の宝庫!!
    これだけ覚えていればミャンマー旅行は心配無用?旅の一言ミャンマー語!
    スーツケースの荷物が減ること間違いなし!ヤンゴンで日本発100均が大流行り?!

    アジア 航空券情報


    ミャンマー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ