海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > ビーガンコミュニティーが急速に広まったアデレードで...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月29日

ビーガンコミュニティーが急速に広まったアデレードでのビーガンフェスタ そのⅠ


ビーガンコミュニティーが急速に広まったアデレードでのビーガンフェスタ そのⅠ

南オーストラリアは夏!になったかと思ったら急に寒くなったりと気候の変動の激しい毎日です。

さて、この週末は、市内中心部にあるビクトリアスクエアで大きなフェスティバルが行われました。

世界でも5本の指に入るくらいの勢いの速さでビーガンが増えているのが実は南オーストラリア

2007年にたった2000人の来場者でスタートしたこのフェスタも昨年は13000人もの人が会場に足を運んだそうです。

それを聞いただけでも興味のある人がたくさん集まりそうなイベント、ビーガンフェスティバル!日本ではまだまだ馴染みのないビーガン、どんなものなのかイベントを覗いてみました。

DSC_4831-1.jpg

Photo : Asami Sakura / Vegan festival

市内中心部ビクトリアスクエアでは環境や動物愛護を考える人々で週末は大賑わい

ビーガンというとベジタリアンと思いませんか?実は私はそう思っていたのです。今回取材にあたり、調べてみるとベーガンはとても奥の深いものということがわかりました。

ビーガンには種類があって

食生活で動物性を取らない・動物性でも卵は食べる・動物性の物を身に着けない(毛皮や皮など)などこの他にもいくつかの種類があるそうです。基本は野菜だけを食べるというわけではなく、動物愛護と地球環境がテーマなのです。私たちが生活する中では切り離せないものですね。特に地球温暖化の問題は生活に大きく影響し始めているのが現実です。

さて早速、会場へ。16歳以上は寄付金として5豪ドル。ちなみに中でスタッフとして働いている人たちはほとんどがボランティアです。

入ると中央にあるテントでは動物愛護団体が活動報告をしています。

DSC_2048-1.jpg

(Photo : Asami Sakura / Vegan Festival) 政府にも声を届けようという団体も見かけました。

そしてこちらの団体ではピンクの豚を売っていました。豚は小さな檻に入れられて育てられているから自由にしてあげたいから羽のついた豚になったそうです。それぞれの団体の動物たちへの想いが伝わってきます。

DSC_2066-1.jpg

(Photo : Asami Sakura / Vegan Festival) どれくらいの愛護団体があるのか聞いてみたのですがオースラリアには多く存在していて数は把握できていないとのことでした。

DSC_2089-1.jpg

DSC_2144-1.jpg

(Photo : Asami Sakura / Vegan Festival) 犬を連れた人も目立っていました。

こちらのテントではクッキングのデモンストレーションが行われていました。デモが終わると試食会、メモの心配は不要で、レシピはイベントのウェブサイトから見られるようになっています。

DSC_4818-1.jpg

(Photo : Asami Sakura / Vegan Festival) 健康への関心が高まっていることもあってどの時間帯も満席です。

ステージでは音楽やビーガンに係っている人たちのトークショー。地球環境や動物愛護のために私たちに何ができるのかを問いかけます。

DSC_4841-1.jpg

(Photo : Asami Sakura / Vegan festival) ここでも多くの人が集まっていました。

中身の濃い二日間のイベント、次回は他のテントでの催し物を伝えたいと思います。

南オーストラリア州はフェスティバル州。年間を通してイベントの多い年です。是非、イベントに合わせてアデレードにお越しください。オーストラリアンライフ満喫できること請け合いです!

(text Asami Sakura)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー
2017年10月29日
« 前の記事「北のダーウィンから南のアデレードまでドライブしませんか?」へ
»次の記事「1975年マツダ121に乗ってクラシックカーパレードに参加しました」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集