海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > 1975年マツダ121に乗ってクラシックカーパレー...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 4日

1975年マツダ121に乗ってクラシックカーパレードに参加しました


1975年マツダ121に乗ってクラシックカーパレードに参加しました

今年もやってきました、クラシックカーパレードの「Bay to Baywood」。1990年から約30年間続いている車のイベントです。今回は見物ではなく、クラシックカーに同乗してパレードに参加してきました。

DSC_0652-1.jpg

クラシックカーにはあまり関心のない私ですが、昨年は多くの人が沿道で声援している姿を見て、今年もまた会場へ行ってみることに。写真撮影と取材をお願いしたところ、今年は何と主催者のクラシックカーに同乗してパレードに参加できることになりました。

今回はこのパレードの様子伝えようと思います。

ASA_4237-1.jpg

★スタート地点のウェストビーチのベイサイドには、クラシックカーを一目見ようと多くの人が集まっています★

オーストラリア国内でも個人のクラシックカーの保有者が最も多いとされる南オーストラリア。それだけに多くのクラシックカーマニアの姿が目立ちます。

ASA_4235-1.jpg


この大切にされているクラシックカーを沿道の人の声援を浴びながら決められたコースをパレードするというイベントがこのBay to Birdwood。ベイエリアからバードウッド地域までの約60kmを走ります。

2年おきに参加するためのエントリーできる車が変わるのが特徴の一つです。

昨年は、「クラシック」というカテゴリーで1956年1月から1981年12月までの間に製造された車限定でした。今年はエントリーできる車が変わります。昨年はClassic(1956年1月から1981年12月までの間に製造された車)、今年は「ラン」というカテゴリーで(1959年までに製造された車が参加できまするのです。参加者は各州から集まってきますが、やはり多いのは南オーストラリア州がダントツです。

私は主催者のクラシックカー1975 Mazda 121に同乗させていただきスタートを切りました。

ASA_4287-1.jpg

★この車に乗ってパレードに参加しました★

ドライバーはMatsudaのディーラーでメカニックとして仕事をしているダニエル氏。車が大好きというだけあって乗り心地の良さはさすがでした。自分の車ではなくても、沿道の声援を受けながらパレードするのは気持ちいいのですから、自分の車を運転して走るとなればやはり参加したくなる気持ちがよくわかりました。

同乗にはなんとラジオの中継も入り、オーストラリアと日本との交通事情の違いなどを話させていただきました。

ASA_4252-1.jpg

★パトカーもクラシック、今のパトカーよりも強さがある感じがしました

いよいよクラシックパトカーに先導されたクラッシクカースタートします。賑やかなアデレード市内を抜けて、市街地へと続く緩い登り坂をエントリーされた車が1750台が次々に登っていきます。目指すはバードウッドという地区にある国立自動車博物館です。 

私たちの乗るMatsudaをはじめとするメディア関係の車が先頭でゴールへ。それに続いて次々に車がゴールします。

DSC_0636-1.jpg

★緩やかな登り坂を通過してゴール付近、車が次々に入ってきます★

DSC_0635-1.jpg


国立自動車博物館併設の公園では多くの人がゴールの瞬間を見ようと待ち構えています。その中を続々とクラシックカーがゲートをくぐっていく様子を見ていると、一瞬タイムスリップしたような錯覚に陥ることさえ。

今年はセダン型の車が多かったという印象があります。

もう一つこのパレードの面白いところは、一般車だけではなく、警察やRAA(日本でいうところのJAF)で活躍した車やトラックも参加するんことですよ。

DSC_0656-1.jpg


すべての車がゴールすると、今度は審査が始まります。これは技術的なものを見るというより車がいかにクラシカルに綺麗に手入れをされているかを見るもの。そしてプラス、車とオーナーのファッション的一体感が総合的に評価されます。

DSC_0711-1.jpg

★こんな風に審査が進んでいきます

表彰式を待っている間に博物館の中を見学することができます。
古い車が展示してあり、アデレードでの車の歴史を知ることができます。

また改良したバスでは古着屋さんも!

パレード後に行われるファッションショーで決めたい!人用のお店です。

ASA_4298-1.jpg

★バスの中には古着がたくさん置いてあります!


この日は、思ったよりも寒く、私もお店でジャケットを買いましたよ。

ASA_4327-1.jpg

★ファッションショーも楽しいです

DSC_0727-1.jpg

★優勝したのはこのカップル、レトロな車にファッションも決まっていました★

来年9月は2016年同様クラシックカーが勢ぞろいするそうです。

国立自動車博物館でゴールしてくるクラシックカーの迫力を間近で楽しんでみてはいかがですか。

ちなみに、この博物館はアデレードからは約60キロ。公共交通がないため、レンタカーなどで行くことをお勧めします。

国立自動車博物館

Shannon Street, Birdwood, 5234 SA Australia

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー スポーツ・観戦
2017年11月 4日
« 前の記事「ビーガンコミュニティーが急速に広まったアデレードでのビーガンフェスタ そのⅠ」へ
»次の記事「映画が日本よりも安い。。でもコーヒーが高い??」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集