海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > なぜ、カンガルーという名前? 会いに行って疑問に思...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月 4日

なぜ、カンガルーという名前? 会いに行って疑問に思ったこと アデレード編


なぜ、カンガルーという名前? 会いに行って疑問に思ったこと アデレード編

こんにちわ、夏を迎えたオーストラリア大陸からアデレード特派員のさくら麻美 です。

カンガルー、コアラと言えばオーストラリアでお馴染みの動物たち。

アデレードの空港に着いたらカンガルーが跳ねている姿を想像している旅行者のあなた。。。そして

EFH_9633.jpg

空港を出たらこんな風にお迎えしてくれるなんて。。。思っていらっしゃる方・・・



もしかしたら楽しみにしているとしたら、

がっかりさせて申し訳ないのですが



それはない!!です

HAC_8573.jpg

↑カンガルーに餌をあげているところ!、手が可愛いですね↑

夏の森林火災で住宅街に水を求めて訪ねてくるカンガルーはいますが、普段、アデレードの都市部では人間の生活の中には入ってくることはありません。

人間の周りにたくさんのカンガルーが寄ってくるそんな場所を紹介しましょう。

アデレードから約15㎞離れたクルランド・ワイルドライフ・パーク(Cleland Wildlife Park)、今から約50年ほど前に自然保護の目的で作られたその公園にカンガルーたちは住んでいます。

HAC_8610.jpg

↑広すぎて公園とは思えない、あちらこちらで休憩中のカンガルー↑

南オーストラリアに住んでいるカンガルーは レッド(Red kangaroo)、ウェスタン・グレー(Western grey kangaroo)、ワラルー(Wallaroo)の3種類と言われています。

ここで問題です!

カンガルーの名前の由来

なぜカンガルーと名前がついているのでしょう??

その昔オーストラリアにやってきた英国人がカンガルーを見て、原住民であるアボリジニに何かを聞きました。

英語のわからないアボリジニは、その旅人にKangaroo(アボリジニ語で わからない という意味)と言ったのがそのまま動物の名前になったとか。

今はオーストラリア総人口の倍以上約6千万頭のカンガルーがいると言われています。

地球環境の変化に伴い、カンガルーの増えすぎが今問題になっているのです。。

さて、そんなカンガルーがアデレード周辺で多く住んでいるのがこの公園、間近で動物を見ることができる公園として人気のスポットです。

広さは、4.3スクエア(11.25平方キロメートル)。カンガルーの他にコアラやウォンバットなどオーストラリアの自然の動物がのんびりと暮らしている公園の一つ。

HAC_8620.jpg

公園入場の時に、餌をもらえるので餌付けをすることもできるんですよ。

★注意★ 餌袋を持って歩きまわると、カンガルーから追いかけられることもあります。隠しながら歩いてください!!

51342636_1103009463240453_1833698143422644224_n.jpg

そしてお勧めは午前中の餌付け、午後はお腹がいっぱいで寄ってきてくれないことが多いです。

アボリジニ時代から人間と生活を共にしていたカンガルーはオーストラリアを代表する動物、アデレードに来られた際には是非会いに行ってみてくださいね

Cleland wildlife park
開園時間 毎日 午前9時半 (クリスマスと夏場の火災アラームが出ている時を除く).

閉園時間 夕方4時半

アデレード市内からの公共交通機関がありません、観光ツァーまたは車で行くことをお勧めします。

入場料 大人 25.50豪ドル(2019年2月現在/子供、学生や家族割引あり)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年2月 4日
« 前の記事「オーストラリア 史上最高46.6度の暑さから逃げだそう」へ
»次の記事「自分へのご褒美!オーストラリア 人気の手作りチョコレートはいかがですか?」 へ
おすすめ記事
アデレード特派員 新着記事
大都会にはない人とのつながりを楽しめたスポーツイベント、アリススプリングス編
ピンクを身に着けて走りたい!
絶対に見ておきたい、海とコラボのストリートアート
イースターの連休で是非食べて欲しいもの
オーストラリアでの夜間走行にご注意!!
オージービーフだけじゃなかったオーストラリアの食文化。。。を発見できるかも
毎日が演劇尽くし!南半球で一番大きなフェスティバルがやってきた
時間をかけても行く価値はある!南オーストラリアの秘境のビーチ
1年前の同じ月に投稿された記事
アボリジニ・スピリットを感じてキャンプで自然も満喫 / Split from the Land
南半球最大のフェスティバルは人気の伝統ダンスから
心のこもった手作りチョコレート、ここがお勧め!
暑い時のお勧めのスポットベスト3
2月16日アデレードに何かが起こる

[an error occurred while processing this directive]

オーストラリア ツアー最安値


2019/5/19更新

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。ビジョンフォトグラファーセラピスト。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。世界でも「住みやすい都市」の一つに選ばれている州都アデレードは、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市。 この地の観光スポットからライフスタイルまで、様々な角度からお伝えしていきます。州の魅力、人気の秘密が皆さんに伝わると嬉しいです。 ※写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングが大好きです。
    instagram
    Facebook
    ご連絡はこちら DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集