海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > ダーウィンの海に泳いでいる人がいないその訳は。。。...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月23日

ダーウィンの海に泳いでいる人がいないその訳は。。。オーストラリアキャンピング(1)


ダーウィンの海に泳いでいる人がいないその訳は。。。オーストラリアキャンピング(1)

ハロー、オーストラリア大陸からアデレード特派員のさくら麻美 です。

冬の寒さから逃れるために現在、北上中(さらに北から西へ向かう予定)。

南のアデレードから北のノーザンテリトリー・ダーウィンまでは約3000キロ。

とんでもない距離だと思っていましたが、実際のところ、やはり長く感じました。

そしてこの道中に感じたのは同じオーストラリアでも文化や環境の違いがたくさんあるということ。

旅を続けながらそんなことを書いていこうと思います。

一回目の今回は

"ノーザンテリトリー"のビーチでは泳ぐ人がいない!"です。

ダーウィンに行かれる方は是非参考にしてくださいね!

↓ダーウィン市内から近い海、誰も海に入っている人がいません↓

60774549_1172496329625099_6326626984675770368_n.jpg

↓夕焼けのビーチでも歩く人はいても泳いでいる人がいません↓

60960981_1172505799624152_6786483575370809344_n.jpg

何故だろう。。。と不思議に思っていました。

そう思う理由は、オーストラリアの冬と言っても最も赤道に近いノーザンテリトリーは冬の今でも比較的蒸し暑いのです(日本の初夏のような感じ)。
海を見たら当然のように飛びこみたくなる暑さ。

泳いでいる人がいない。。。その理由は



↓これです。。。ワニがそこらじゅうに生息しています↓

60868885_1172496292958436_4180097953286848512_n.jpg

ノーザンテリトリーにワニがたくさんいるとは聞いていたのですが、もっと目に見えるところにいるのかと思っていました。

実際に海や川で実物が泳いでいる姿を見ることは稀なこと。

特に川は透明ではないので見ることができません。

↓静かで一見何もなさそうな川ですが、こちらにもワニがいます!耳を澄ませると、時折水をはたく音が聞こえてきます↓

60954132_1172496132958452_6853969425830248448_n.jpg

日本語でワニですが、英語ではアリゲーターとクロコダイルの二種類があることはご存知ですか?

アリゲーターは主にアメリカに、そしてオーストラリアにいるのは実は、後者のクロコダイル。

同じワニですが、外見が違います。クロコダイルは、アリゲーターに比べて口ばしが尖っています。

↓川に住むクロコダイル↓

61032979_1172496256291773_6361428078178074624_n.jpg

川ワニと海ワニがいるってほんと?

オーストラリアのワニ・クロコダイルですが、大きく分けて二種類

フレッシュウォーター・クロコダイル:主に川に住んでいます

サルトウォーター・クロコダイル:塩分の強い水、つまり海に住んでいます

前者のクロコダイルは長くても2メートルくらいと小さいのですが、後者の海に住むものは最長で6メートルだとか。

↓滝のあるこのような川にももちろんクロコダイルが生息しています、が一部の川は遊泳が可能です。こちらの滝つぼでは今のところ生息していないとのことで遊泳可能です。ただしモニターをされているので、万が一クロコダイルが出た場合は、遊泳禁止の川となるそうです↓

61371824_1172505762957489_1999773692556476416_n (1).jpg

実際にワニが水面に見えないので怖いのですが、

どうすれば危険から身を守ることができるのでしょうか。

①まず、川の入り口の看板に注意!

クロコダイルがいるところは遊泳禁止なのでぜったいに入らない。。。

②たった一人で川で泳がない!

周りに人がいるところをなるべく選ぶ、または単独行動は避ける。

③川だからと言って安心をしない

川に住むワニは2メートルと比較的小さいので安心しがち、ところが潮の満ち引きで海の大きなワニが川に流れ込んでくることもあるそうです。

以上、ダーウィンの海や川が綺麗だからと言ってすぐに飛び込まないように注意してくださいね。

ちなみにワニ革の革製品やワニをかたどったお土産も多いノーザンテリトリー、可愛いのもあるのでお土産屋さんなども覗いてみてください。

(Photo & Txt: Asami Sakura)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年5月23日
« 前の記事「大都会にはない人とのつながりを楽しめたスポーツイベント、アリススプリングス編」へ
»次の記事「ここにも あるある!オーストラリアキャンピング(2)」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
健康グルメに密かなブームのPボールって??
忙しい現代人を癒してくれるエキスポ開催中
オーストラリアのローカルで穴場のアジアの屋台料理 その1
冬の海を見ながら◎静かにランチ◎にお勧めのスポット

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集