海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > 300キロに渡るコーラルリーフが人気の秘密は?/オ...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月20日

300キロに渡るコーラルリーフが人気の秘密は?/オーストラリアキャンピング(4)


300キロに渡るコーラルリーフが人気の秘密は?/オーストラリアキャンピング(4)

ハロー、オーストラリア大陸からアデレード特派員のさくら麻美 です。

南オーストラリア州を抜けて北部ダーウィンから今度は西に下りてきました。

道中が長く、書くことは山のようにあるので少しずつ紹介していきたいと思います。

今回はビーチから。

↓カモメやペリカンなどが多いところでは、水中に魚が多い証拠、鳥たちが餌を求めているからです↓

64635683_1193287467545985_2198483373867925504_n.jpg

オーストラリアのコーラルと言えば、グレートバリアリーフ!。日本の皆様にもお馴染みの場所だと思います。

今回紹介するのは、西オーストラリア州のNingaroo reef(ニンガルーリーフ)。世界遺産のNigaroo coast(ニンガルーコースト)に広がるコーラルリーフです。

オーストラリアでは、グレートバリアリーフと同じくらいにシュノーケリングやフィッシングスポットとして人気!!

64869539_1193293727545359_7000776497543774208_n.jpg

何故そんなに人気なのか、ニンガルーコーストをキャンプして人が集まる理由がわかりました。

①一年中暖かい

暖かいのは外気だけではなく、海水温は年間を通しても22℃以上。(20℃以上にならない南オーストラリア州の海とは比べ物になりません!)

6月になると、この暖かい海を求めて各地からキャンパーが集まります。

↓ある日の海の前、こちらはニンガルーコーストの中でも大人気のキャンプ場、所狭しと止まっているキャンピングカーです↓

65190861_1193648464176552_8757164190256332800_n.jpg

②国内では、一番広くて長く、そして海岸近くにコーラルが広がる

コーストに沿って南北約300キロに渡ってコーラルが広がります。しかもこのコーラルは海岸に近いところに広がっている部分があるため、ビーチからシュノーケルなどで簡単に見に行くことができるんですよ。本当に久しぶりにシュノーケルで海に潜ってみました。

↓沖合5~10メートルほどの海底のコーラル↓

65019296_1191378401070225_8184745521869488128_o.jpg

↓時折魚の集団が目の前を通り過ぎていきます↓

64664525_1193287494212649_565417300463714304_n.jpg

③観光客よりもキャンパーや地元の人が多いのでローカルな話題が満載!

西オーストラリアの州都パースから飛行機の乗り継ぎまたはバスという交通の便の悪さもあって、ここに集まってくる多くはキャンパーたち。

中には、冬のオンシーズンの数か月を滞在、仕事をするという人や、長期間滞在しているキャンパーの姿も。

この時期に通うというお馴染みさんたちが多いので、地元の情報や海の話題を聞くと、丁寧に教えてくれます。

ガイドブックには出ていない地元ならではの情報が聞けたりします。またキャンプサイトのことにも詳しい人がいたりしてとっても参考になるのです。

↓地元の人から聞いたコーラルのベストスポットにはラベンダー色のコーラルが広がっていました!

DSCN9024.jpg

DSCN9093.jpg

DSCN9165.jpg

DSCN9093.jpg

シュノーケリングやウェットスーツは、ビーチですぐに借りることもできます!

(売っているお店が多くはないので気に入るものがない場合は、借りたほうがいいです、私はちょうどウェットスーツの合うサイズが見つかったので買いました!)

★サンゴには触らない★

一部のサンゴは白化しているそうですが、今はかなり修復したとのこと。

ここでの潜る約束の一つは

「サンゴには絶対触れない!」というものです。

こんな風に約束事があるからこそ、こんなに広いコーラルを壊さずに守ることができるのでしょう。

このニンガルーリーフに広がるビーチに行くためにはいくつかの方法がありますが、一番便利なのはやはりキャンピングカー、キャンプサイトもたくさんあるのでお勧めです。次回にはキャンプサイトの使い方などを紹介したいと思います。

世界遺産ニンガルーリーフコースト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年6月20日
« 前の記事「インターナショナルなビーガン・フェスティバル・アデレード」へ
»次の記事「キャンプサイトの選び方を知っているとオーストラリアのキャンプが何倍も楽しくなる/オーストラリアキャンプ(...」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
ウォークアバウト、それはあなたの人生!
オーストラリアで大人気の現代人癒しのエキスポ開催
クラシックカーを持つ人が増えた本当の理由は。。。

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集