海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > これがオーストラリアのセミロックダウン

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月11日

これがオーストラリアのセミロックダウン


これがオーストラリアのセミロックダウン

★4月11日現在のオーストラリア★

 

オーストラリア政府によるスマートフォン用のアプリができました!
 
Apple store   Google play  

 

STAY HOME

 

オーストラリア←→海外間の移動

現在、オーストラリアへの入国ができるのは、市民権または永住権保持者とその家族のみとなっています。
また上記該当者のオーストラリアから他国への移動は規制されています。

 

南オーストラリア州←→他州への移動

他州から南オーストラリア州へ入る際には、14日間の自己隔離が必要になります。
南オーストラリア州から他州への移動は、各州ごとに規定があるのでご注意ください。

 



 
2020年4月4日の新型コロナウイルス感染者数は、

南オーストラリアが482名、オーストラリア全体では6238名(死亡54名)となっています。

 

↓現在スーパーマーケットでは、入場制限(店内の混雑を避けるため)になっています。
でも規制が厳しくなる前の買いだめをしていたときに比べると、混雑は緩和しています。

92732300_1447694425438620_6327175787006918656_n.jpg

今週、イースターブレイクで金曜日から月曜日まで4連休のオーストラリア。

例年ならば家族連れなどでにぎわうキャンプサイトもガラガラです。

オーストラリア政府からはこの連休はSTAY HOMEといわれています。

↓お持ち帰りのみが許されているレストランやカフェ、店内は片づけられていて、レジの前には一定間隔をあけて並ぶように、床にはマーキングテープが貼ってあります。

93166680_1447694398771956_3922519014969966592_n.jpg

3月24日に出された外出制限令はロックダウンまで行かないまでも日常には大きな変化があります。

基本はSTAY HOMEとソーシャルディスタンス(1.5~2m離れる)です。


外出していいのは
1)必要な買い物 2)医療や介護 3)運動 4)在宅でできない仕事や教育

(以下、州によって違いがあり)
●同居の家族を除いては、屋内でも屋外でも3人以上集まるのは禁止(罰金対象)

●2名でいるときや、人と道ですれ違うときもソーシャルディスタンスを保つ(守れない場合は罰金)

●結婚式は5名まで、お葬式は10名まで



【現在閉鎖のところ】
公共の美術館・図書館など、娯楽施設、動物園、遊園地、カジノ、スポーツ施設、公園に設置されている遊具の使用禁止(公園内を決められた人数で歩くのは可)

州立公園内のキャンプは禁止

【スーパーマーケットなど】
入場数制限実施
年配者、
からだの不自由な方や病院の関係者などが優先的に買い物できるコミュニティーアワーを設定

トイレットペーパーやキッチンタオル、購入数の多いものに関しては購入制限あり

【旅行について】
ロングウィークエンドとはいっても基本的に旅行は禁止、また家でのホームパーティも禁止。


【州境の閉鎖】
西オーストラリア、南オーストラリア、クィーンズランド、タスマニア、ノーザンテリトリーの各州


約3週間、この厳しさのなかで生活をしていますが、まだ感染者は増え続けているのが現状です。

 

【オーストラリアから帰国を検討されている皆さまへ、フライト情報です】

 

今後、フライトの運休や減便が多くなっています。下記をご参考ください。

 

南オーストラリア州を管轄するメルボルン国日本総領事館 のウェブサイトより引用)

 

全日空は4月3日,今月14日~25日までの間,シドニー・羽田線を現在の週7便から週3便に減便することを発表しました。
この路線は現在唯一運航している日豪間の直行便であり,日本への早期帰国が必要な方は可能な限り早めの出国をご検討ください。



1 全日空
(1)シドニー・羽田線
4月13日シドニー発の便までは毎日の運航が継続される予定ですが,その後の運航予定日は,16日,18日,20日,23日及び25日となります。また,4月26日以降の運航予定については,まだ発表されておらず,追加の減便や運休の可能性があります。
(2)パース・成田線
4月24日パース発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。
最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。

https://www.ana.co.jp/group/pr/

2 日本航空
(1)シドニー・羽田線
5月1日シドニー発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,
減便や運休が継続される可能性があります。

(2)メルボルン・成田線
5月1日メルボルン発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,
減便や運休が継続される可能性があります。

最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/
https://press.jal.co.jp/ja/schedule/


3 カンタス,ジェットスター,ヴァージンオーストラリア航空
カンタス及びジェットスターについては少なくても5月末まで,ヴァージンオーストラリアについては6月14日まで,
日本直行便を含む全ての国際線を運休することが発表されており,現在運休中です。


参考:当館HP 新型コロナウイルス関連情報

https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/novelcoronavirus_links.html

 

【感染したかな?と心配されている方へ】

★★体調不良の場合や新型コロナウイルス感染の可能性がある場合★★
海外から帰国などで新型コロナウイルスに感染している可能性がある、または体調のよくない場合は、病院に直接行かずに、必ず医療機関に電話で問い合わせて指示を受けてください。
 
→National Coronavirus Information Hotline(オーストラリア・コロナウイルス・インフォメーション・ホットライン)1800 020 080

 

→南オーストラリアには(2020年3月31日現在)新型コロナウイルス専門病院が12ヵ所、ドライブスルークリニックが7ヵ所あります。

 

★市内病院

 

★地方病院

 

★ドライブスルークリニック

 

【国内で初、ドライブスルーで新型コロナウイルス検査ができるようになりました】
オーストラリア国内で初のシステム→南オーストラリア州のSA pathologyによると新型コロナウイルス検査がドライブスルーでできるようになりました。
ただし検査のこのシステムを利用するには手順があります。

  

1.GP(主治医)から検査依頼を出してもらいます

2.検査室に電話(8222 3000)をすると、日時の予約を入れてくれます

3.検査依頼をFax(7117 5085)します

4.指定された日時に行って検査室のスタッフの誘導に従います

 

■SA pathology
・検査室の住所: Gate 4, 216 Daws Road
・検査日時: 月曜~金曜の8:00~16:30まで
※検査方法は上記の通り

 

【参考リンク】

 

日本とオーストラリア間の国際線のフライト情報やブリズベンで体調が悪くなった場合は、こちらも参考に ブリスベン特派員ちえさんの記事

 

メルボルンとアデレードで日本語で対応可能な旅行会社 (日本語 / 在メルボルン日本国総領事館のウェブサイトより)

 

オーストラリア観光局(日本語)

 

南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館からの新型コロナウイルスの注意喚起(日本語)

 

オーストラリア政府による情報(英文)

 

SA Healthによる情報(英文)

 

World Health Organization(WHO / 英文)
 
オーストラリアの入出国などビザについて(英文)
 

★★いつもご愛読いただきありがとうございます。オーストラリアは刻々と情報が更新されています。常に最新のものを提供するように心がけておりますが、必要な際は必ず最新の情報を政府公式のウェブサイトなどでご確認ください。
世界で拡大している新型コロナウイルス感染症ですが一刻も早く終息し、またオーストラリアへ観光のための旅行者や留学生が再び来られる日が来ることを心から願っております。
また皆さまにおかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。★★
(文・フォト:さくら麻美/アデレード特派員)

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2020年4月11日
« 前の記事「オーストラリアから日本へ帰国を検討されている方へフライト情報【2020年4月4日新型コロナウイルス情報】」へ
»次の記事「遠隔医療サービス(日本語サービスも)がスタートしたオーストラリア」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
絶対に見ておきたい、海とコラボのストリートアート
イースターの連休で是非食べて欲しいもの
オーストラリアでの夜間走行にご注意!!
オージービーフだけじゃなかったオーストラリアの食文化。。。を発見できるかも

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集