海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > ロードマップ・ステップ2へ、南オーストラリア州の規...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月29日

ロードマップ・ステップ2へ、南オーストラリア州の規制緩和


ロードマップ・ステップ2へ、南オーストラリア州の規制緩和

2020年3月後半からセミロックダウンになったオーストラリアは、現在、州ごとのロードマップに従って規制解除がスタートしています。

南オーストラリア州は、制限措置緩和ステージ2の開始が前倒しになり6月1日から更なる制限措置の緩和となりました

カフェやレストラン店内での食事も可能に↓

100591942_1488905534650842_7954063047444660224_o.jpg

一部のお店では、お金を払うときには、レジから少し離れて。

お持ち帰りができるカフェでも店内に人数制限があり、注文してからは外で待つ、などという風景も今では当たり前になってきました。

オーストラリアでは、州ごとに規制解除の時期が違うので、こちらでは来週からの南オーストラリアのロードマップを紹介したい思います。

ただし、ソーシャルディスタンスは新しい常識となり、少しでも体調が悪いときは、Stay homeが基本です!

以下、南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館のウェブサイトより

【ポイント】
●南オーストラリア州(SA州)政府は制限措置緩和ステージ2の開始を6月1日(月)に前倒しすると発表しました。
●飲食店やジム等の施設は最大80名まで収容可能になる等緩和内容の変更もあります。
【本文】
1.5月25日,マーシャルSA州首相は,6月5日に開始される予定だった制限措置緩和ステージ2への移行を6月1日に前倒しすると共に,更なる制限措置の緩和を発表しました。

2.6月1日からの制限措置の緩和内容は,以下の通りです。
(1) 1部屋に最大20名まで,また1.5メートルの距離を確保することを条件に,以下の施設は最大80名まで利用可能。(スタッフは数に含まれない。)
 ア レストラン,カフェ,パブやワイナリー
 イ サービス業
 ウ 映画館
 エ 劇場
 オ 美術館や博物館
 カ 美容室,ネイル/タトゥー/マッサージ店
 キ ジム,屋内運動施設

(2)最大50名まで葬儀に参列することが可能。

(3)屋外スポーツは接触するトレーニング,屋内スポーツは接触のないトレーニングが可能。

【参考情報】
制限措置緩和の詳細は,以下のリンクより参照ください。
https://www.covid-19.sa.gov.au/recovery?fbclid=IwAR1yV_qT4ze1BrruohQZmWvKYtVj_TLs8hN7NjyFT0ICpjTMf5SIhdis9c0
5月25日付州首相ステートメント:
https://www.premier.sa.gov.au/news/media-releases/news/fast-tracking-economic-recovery

当館HP 新型コロナウイルス関連情報
https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/novelcoronavirus_links.html

【参考リンク】 

日本とオーストラリア間の国際線のフライト情報やブリズベンで体調が悪くなった場合は、こちらも参考に ブリスベン特派員ちえさんの記事

 

メルボルンとアデレードで日本語で対応可能な旅行会社 (日本語 / 在メルボルン日本国総領事館のウェブサイトより)

 

オーストラリア観光局(日本語)

 

南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館からの新型コロナウイルスの注意喚起(日本語)

 

オーストラリア政府による情報(英文)

 

SA Healthによる情報(英文)

 

World Health Organization(WHO / 英文)
 
オーストラリアの入出国などビザについて(英文)
 

★★いつもご愛読いただきありがとうございます。オーストラリアは刻々と情報が更新されています。常に最新のものを提供するように心がけておりますが、必要な際は必ず最新の情報を政府公式のウェブサイトなどでご確認ください。
世界で拡大している新型コロナウイルス感染症ですが一刻も早く終息し、またオーストラリアへ観光のための旅行者や留学生が再び来られる日が来ることを心から願っております。
また皆さまにおかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。★★
(文・フォト:さくら麻美/アデレード特派員)

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2020年5月29日
« 前の記事「5月22日からレストランとカフェが利用可能になる南オーストラリア」へ
»次の記事「日豪間の国際郵便は一部の民間配送サービスが利用可能」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
ここにも あるある!オーストラリアキャンピング(2)
ダーウィンの海に泳いでいる人がいないその訳は。。。オーストラリアキャンピング(1)
大都会にはない人とのつながりを楽しめたスポーツイベント、アリススプリングス編
ピンクを身に着けて走りたい!

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集