海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > プライベートでの家での集まりは10人まで(8月5日...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年8月 5日

プライベートでの家での集まりは10人まで(8月5日から南オーストラリア州のルール)


プライベートでの家での集まりは10人まで(8月5日から南オーストラリア州のルール)

オーストラリア国内(特にビクトリア州)での感染拡大にともない、ルールなどが日々変更となっています。常に最新の情報を入手されることをおすすめします。
現在、オーストラリア市民または永住権保持者以外の入国はできませんので、ご注意ください。
ハロー、南オーストラリア州から麻美です。
お隣のビクトリア州の感染拡大にともない、南オーストラリア州では緩んでいた緊急事態宣言が再び厳しくなっています。
↓パン屋さんの店内でも、ソーシャルディスタンスが当たり前になってきました↓

116602538_1547834368757958_4179943948252304292_o.jpg

感染者数 739名 / 1万9444名(2020年8月5日新しい感染者数/ 1月からの合計感染者数)

◇ 内訳
ニューサウスウェールズ州 12名 / 3820名、クイーンズランド州 1名 / 1088名、ビクトリア州 725名 / 1万3035名、南オートラリア州 0 / 456名、西オーストラリア州 1名 / 670名、タスマニア州 0 / 229名、オーラリア首都特別地域 0 / 113名、ノーザンテリトリー 0 / 33名

南オーストラリア州での規制は緩和されましたが、隣州ビクトリアでの感染拡大によりいくつかの規制があります。
また、オーストラリアと日本便については、かなり減便されています。

いろいろな場所でこのようなポスターが貼られています。また、公共施設や病院に入るときには、2週間以内に外国への旅行をしたかどうかを聞かれることが増えてきました。


ビクトリア州の感染拡大により南オーストラリアでの新しい規制は以下の通りになります(2020年8月5日適用)
*レストランなどでは、席についての飲食のみ(立食は不可)
*プライベートでの家での集まりは10人まで(住人も含めて)
*必要不可欠な移動を除き、SA州居住者においてもVIC州からSA州への入州が禁止
8月5日からの南オーストラリア州でのルール(南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館サイトより)
【ポイント】
●南オーストラリア( SA)州政府は、8月5日(水)より自宅への訪問者数は最大10名まで、カフェ、レストランでは着席しての飲食に限るなどの制限措置の強化を発表しました。

【本文】
SA州政府は、COVID-19の感染拡大を防ぐため、8月5日より制限措置の強化をすると発表しました。この措置の内容は以下の通りです。

1.自宅への訪問者数は最大50名まで可能だったものを、最大10名までに変更。

2.カフェ、レストラン等での飲食は着席のみに限定(アルコール飲料含む)。

3.スポーツイベントでは、着席したままであれば、観客はアルコール飲料摂取可能。

4.娯楽施設(例:ミニゴルフ、ビリヤード、ボーリング等)においては、バーや注文する場所とは別の場所であれば、グループ内で飲食可能。

5.娯楽施設の共有備品や頻繁に触れる場所は、使用する度に清掃が必要。

6.カフェ、レストラン、その他の施設では引き続き2平方メートルのルールが適用されるが、州政府は出来る限り4平方メートルまたは1.5mの社会的距離を取ることを強く推奨。

体調が悪い場合には検査を受け自宅にとどまる、手洗い等の衛生管理・咳やくしゃみのエチケットを守る、1.5mの社会的距離を保ち、COVIDSafeアプリの利用をする等の感染予防に引き続き努めてください。
【参考資料】
SA州政府発表(For Public action)
https://www.covid-19.sa.gov.au/home/dashboard

SA Police Updated COVID-19 Directions 2020-Public Activity No.6
https://www.police.sa.gov.au/sa-police-news-assets/front-page-news/updated-covid-19-directions-2020-public-activity-no-6#.XyoU-3duLA0

FAQ(Public Activities No. 6) (COVID-19) Direction 2020)
https://www.covid-19.sa.gov.au/__data/assets/pdf_file/0004/222988/FAQ-Emergency-Management-Public-Activities-no-6-COVID-19-Direction-2020-1.pdf

SA州政府Face bookページ
https://www.facebook.com/StevenMarshallMP/photos/a.334019693384086/3095160673936627/?type=3&theater

当館HP 新型コロナウイルス関連情報
https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/novelcoronavirus_links.html
ビクトリア州の感染拡大により南オーストラリアでの新しい規制は以下の通りになります(2020年7月29日現在)
オーストラリアと日本の国際線について
*全日空 シドニー~東京便 週3便(月、木、土)
ただし、アデレードとシドニー間は、早朝1便しかないので乗り継ぎが悪くなっているとのこと
*シンガポール航空 アデレード~東京便 週1便(火)
(情報提供:アデレードジャパンデスク)
8月5日からのビクトリア州でのルール(南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館サイトより)

ビクトリア州における自己隔離中の外出に対する罰則の厳格化及び外出自粛時の従業員に対する就労許可証の発行(COVID-19関連)(2020年8月4日)

【ポイント】

●自己隔離中の外出に対する罰則が強化され、2回目もしくはそれ以降の違反が見つかった場合は4,957ドルの罰金が科せられます。
●8月5日(水)23:59より、在宅勤務が出来ず職場へ通勤する従業員に対し、雇用者は就労許可証を発行する必要があります。

【本文】
ビクトリア州政府は既に発表された新たな制限措置に伴い、自己隔離中の外出に対する罰則の厳格化を発表しました。
1.罰則の厳格化
(1)8月4日(水)より、感染が確認された方、濃厚接触者となった方は、医療上の理由による外出などを除き、運動を含む外出は禁止され、違反した場合の罰則が厳格化されます。
(2)自己隔離を遵守せず、2回目もしくはそれ以降の違反が見つかった場合は4,957ドルの罰金が科せられます(注:これまでは1,652ドルでした)。
(3)ビクトリア警察、政府関係者が増員され、違反行為の取り締まりが強化されます。来週から毎日4,000軒以上の戸別訪問が実施される予定です。

2.就労許可証の発行
8月5日(水)23:59より、制限措置ステージ4の外出自粛の下で営業が認められている会社の雇用者は、在宅勤務が出来ず職場へ通勤する従業員に対し、就労許可証を発行する必要があります。

【参考情報】
VIC州首相ステートメント
https://www.premier.vic.gov.au/stay-home-new-crackdown-isolation-breaches

当館HP 新型コロナウイルス関連情報
https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/novelcoronavirus_links.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お題 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2020年8月 5日
« 前の記事「日本とオーストラリア間の国際線は週に3便プラス1便」へ
»次の記事「日豪直行便シドニー・羽田線運航を10月1日まで延長」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
自然環境が大きく左右するレース、まもなく開催
南オーストラリアに来た時はこれだけは是非買って帰りたいもの・・・
オーストラリアの話題の朝食と言えば。。。
オーストラリアで本物のフルーツ好きスポットを発見!!(オーストラリアキャンプ編)

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集