海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > パプアニューギニア/アロタウ特派員ブログ

パプアニューギニア/アロタウ特派員ブログ 古屋 唯生

パプアニューギニア・アロタウ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


パプアへ来る不安を少しでも軽減させたい

 アロタウ(ガーニー)空港に到着した時、アロタウ、アロタウ周囲に何があるか、すぐわかるように、創作地図と案内、連絡先をまとめ、皆さんのお越しをこころから一人の青年海外協力隊、観光隊員としてお待ちしております。今日、空港のみんなと、ワイワイ「ようこそ」看板を貼りました(^-^)♪

DSCN3122.JPG


ガイドマップ♪

 空港の壁に貼ってありますので、よろしかったら写真をとってから空港を出てください♪昨年から住み始めて、アロタウとその周囲40キロ圏のジャングルを汗をかきながら調査した結果を貼っています。あ、ちなみに2019年現在、私以外の最新観光マップはないので、ぜひ利用してください。(もしかしたら、初かも、汗)~私はボランティアなのでタダですので(苦笑)皆さんがすこしでも楽しめますように!!

DSCN3247.JPG


♪もちろん、超格安のツアーガイドも♪

 私の任期は来年の3月まで!価格破壊と怒られちゃうかもしれないけど、州政府観光局の仲間と、アロタウう近辺のツアーも作りました!パンフも作ったんで、ぜひぜひ見てください。このツアーに、ツアー会社が存在しないため、もうけなし(利益はすべて村落に)のエコツーリズムツアーです。釣りや、シュノーケリング、サンゴの海、ジャングルトレッキング、伝統ダンス等に興味がある方はぜひぜひ♪

DSCN3250.JPG

私の使命(ボランティア任務)はパプアの観光振興

現地で何か困ったら、州政府観光局にきてください~来年の三月までいます(いるつもり)~
~ああ、パプアのへき地、、、日本人に会いたい!!
(^-^笑)ではでは~

DSCN0261.JPG


2019年6月 3日

たまに行くレストランで時々開いています
 
 ミルンベイ州のおすすめレストランについては、後ほど紹介しますね。ここは、海沿いにある「ドリフトウッド」というレストラン兼宿泊施設、時々ここに、ミルンベイ州に住む絵描き絵描きたちが、互いの腕を競いあうために集まります。パプアに絵描きっているのか…

DSCN2903.JPG


パプアで、油絵が…え!本格的じゃん!

 今日は特別な日だということで、部屋に入ると、きれいに飾られた絵画がたくさんありました。普段ジャングルに住む画家たちが、感性で描き上げた絵はとてもユーモラスなものばかり。絵の中には、彼らの魔術に関わるものや、伝説、海洋生物、人物画等、魅力的なものばかりです。

DSCN2900.JPG


お気に入りの絵が見つかりました!

 絵を一枚購入しました。私は、海が好きだから、何でもないミルンベイのTOBETOBE諸島の砂浜の絵を思い出にと。枠は先に紹介した、キリウィナの彫刻家にオーダーメイドしようかな。彼らの森の生活の中に油絵を描く人々がいたなんて、驚きです。彼らの感性は非常に鋭く、描く姿は、とても美しいものです。

DSCN2898.JPG


あなたの好きなものをみつけてください

パプアのお土産に、工業製品はないでしょう。機械でできたものは大量生産され、質の均一化がされますが、ここでのお土産はすべて手作りのものばかりです。あなたの好きな素敵な一品が必ずありますよ!あなたの大切な誰かのために、そしてあなた自身の記念品として、ぜひ、手に取ってみてください。そして、何より、そのお土産の作り手とのコミュニケーションのなかに、あなたの楽しみがあると思います。
また、気が向いたときに、これはいい!というものを紹介しますね(^-^)

DSCN1780.JPG



2019年6月 3日

これなんだと思います?

食べ物です。ものすごいいい匂い。ここでは本当に特定の農家だけが栽培している。高品質の一品。あまーい香りがするもの。
決まってますよね!


DSCN2381.JPG

そう、バニラです!

こんなに甘い匂いでも、虫に食われないのは、何かこの植物がもっている力だと思いますが、自分は植物学者ではないのでわかりません。ただ天日干しにしたバニラを手に入れたければ、政府観光局に来るしかないでしょう。だってほとんど知られてないから。
いや、しかし、甘ーいバニラの香りに癒されます!あ、伝えときますが、パプアの野菜のほとんどは無農薬栽培です。というか農家さんは農薬など高価で買いません。というのが実情です。だから、ほとんどの市場の野菜がオーガニックといえば正しいのでしょうか(汗)
フルーツも極甘ばかりのミルンベイ(^^♪


DSCN2382.JPG


これなんだと思います?

いやはや、これは現地の手のひらで数える程度しかいない日本人もわかりませんでした。ジャングルを歩く時だけ出会える代物です。普段は手に入りません。ものすごく高いところにある実です。食べれませんよ。でもかわいいと思いませんか?もちろん持ち帰るならば中の種をくり抜いてから持ち帰りましょう。税関で怒られてしまいます。これを乾かしてオイルで磨くとかわいいオブジェになるのでは(笑)不思議ですよね。


DSCN2436.JPG


答えは、セーゴの実

なんか、アニメ「ワンピース」出てきそうな実ですね(笑)実はこのセーゴ、皆さんは見たことありますか?
バカでかい樹木の先端にしかならない特別な実です。べつにお金を払わなくたって、不思議なものにはいくらでも出会えるのがパプアの魅力かもしれません。このセーゴ、パプア人とは切っても切れない関係にあります。この話はまた別の話題の時に(^^♪ジャングルは不思議がいっぱいです!


DSCN2441.JPG


2019年5月26日
2019年5月24日
2019年5月22日
2019年5月21日
2019年5月 5日
⇒すべての記事を見る

パプアニューギニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■パプアニューギニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アロタウ特派員

    アロタウ特派員
    古屋 唯生
    2018年7月より、パプアニューギニアの東端、ミルンベイ州、州都アロタウに2020年3月まで、青年海外協力隊、観光隊員として在住。私立高校や土建業を経て現在は県立高校の社会科教諭であるが、教壇を離れ、現在、任地の観光振興を担っている。ミルンベイ州の文化、自然、日々の生活を中心に発信中。州政府観光局が今の配属先であり、積極的に情報発信をしていき、パプアの魅力を伝えていきたい。また、この国の未整備の観光産業が地域の自然文化を保護し、すべての方々が楽しんでもらうことを目的としたい。 DISQUS ID @disqus_bvN6AYL5y1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集