海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アロタウ特派員ブログ > 素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること ...

パプアニューギニア/アロタウ特派員ブログ 古屋 唯生

パプアニューギニア・アロタウ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月21日

素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること 2


素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること 2

パプアは島国です(笑)内陸の州以外、生活と海は切り離せません

 ここでの生活で、ストレスや悩み事がある時、海で泳ぐことより良い解決方法が見つかりません(^-^;)
海岸に行けば、あとは飛び込むだけ、色とりどりの熱帯魚とサンゴがひしめくミルンベイの海は泳がなくてもただ浮かんでいるだけで、なんか心がスーッと洗われる感じがします。


DSCN0497.JPG


海岸でのんびり♪

 日差しが強いここでは、木陰で休むといいですよ!私は本を読むことにしていますが、必ず、愛くるしい子供たちにからまれて、そのあとその家族と笑いながら話すおちになります。話が弾み、バナナやココヤシがはこばれ、なんかピクニックみたいな雰囲気になってしまうものです。そのあとお金をねだられるかって?...まさか(笑)。そんな人は、ここに生活して一年数か月、会っていません。


DSCN0521.JPG


パプアの人のやさしさに触れるとなんか癒される

この国の人がGDPでは最底辺の「開発」の遅れた、後発発展途上国の「貧しい」人々?...豊かな自然にかこまれ、自然と共に暮らしながら、この笑顔が絶えない人々のどこが「貧しい」のか、いつも、彼らとひと騒ぎしたあと、考えてしまうものです。この間は、ごちそうさまでした!


DSCN0560.JPG


海岸を歩くと...

時々、1942年の傷あとがあります。ここで、オーストラリア軍と旧日本軍が基地の争奪戦を繰り広げた第二次大戦の後です。ここは、かつて大東亜共栄圏の端にあたり、約千数百キロ離れた北のラバウルから派遣された、日本兵が上陸して、無補給に陥った日本兵たちの壮絶な戦いが行われた地でもあるのです。パプアニューギニアでは戦跡を無視することはできません。なんとも考えさせられてしまいます。ここにくる日本人観光客はほとんどいないのが現実ですが、時々、慰霊の方々が訪れています。


DSCN0500.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2019年8月21日
« 前の記事「素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること1」へ
»次の記事「素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること3」 へ
おすすめ記事
アロタウ特派員 新着記事
壮大な計画!? ミルンベイ州初 ECOツーリズムステーション建設にむけて 2
壮大な計画!? ミルンベイ州初 ECOツーリズムステーション建設にむけて1
素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること 4 費用と格安ランチについて
山にのぼったその景色
素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること3
素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること 2
素朴なパプア、ミルンベイ州の生活の中で感じること1
アロタウ(ガーニー)空港にガイドマップを貼りました!

パプアニューギニア ツアー最安値


2019/10/23更新

オセアニア 航空券情報


パプアニューギニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■パプアニューギニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アロタウ特派員

    アロタウ特派員
    古屋 唯生
    2018年7月より、パプアニューギニアの東端、ミルンベイ州、州都アロタウに2020年3月まで、青年海外協力隊、観光隊員として在住。私立高校や土建業を経て現在は県立高校の社会科教諭であるが、教壇を離れ、現在、任地の観光振興を担っている。ミルンベイ州の文化、自然、日々の生活を中心に発信中。州政府観光局が今の配属先であり、積極的に情報発信をしていき、パプアの魅力を伝えていきたい。また、この国の未整備の観光産業が地域の自然文化を保護し、すべての方々が楽しんでもらうことを目的としたい。 DISQUS ID @disqus_bvN6AYL5y1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集