海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ > [ロワール・ワイナリーを訪ねて|ヴーヴレ ] シャ...

フランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月29日

[ロワール・ワイナリーを訪ねて|ヴーヴレ ] シャトー・ド・ヴァルメール| Château de Valmer AOC Vouvray


[ロワール・ワイナリーを訪ねて|ヴーヴレ ] シャトー・ド・ヴァルメール| Château de Val...

サントル・ヴァル・ド・ロワールのワイナリー、シャトー・ド・ヴァルメール(Château de Valmer)の一般公開に行ってきました。

こちらのお城は、5世紀前にフランス国王フランソワ1世の評定官であったSieur Binet シュール・ビネ氏が建築を決め、庭園もまた一見の価値あるシャトー・ド・ヴァルメールです。通常の観光では、広い敷地内を占めるイタリアン・ルネッサンスのバルコニーから美しい庭園を眺め、見事な家庭菜園や、1524年建築のトングロディット式礼拝堂(穴を掘って作られた礼拝堂)も見ることができます。観光の後にはワインの試飲もあり。
今回は、一般公開日ということもあって特別に一般公開されている、ワインセラーとカーブ、そして、ワインの試飲。オーナーの方の案内とともに、ヴァルメールのワインと過ごす一日を楽しみました。

現在も、De Saint Venant ドゥ・サン・ヴナン伯爵家ファミリーがお城に住み、息子さんのJean de Saint Venantジャン・ドゥ・サン・ヴナン氏がお城を引き継いでいます。

シャトー・ヴァルメールのボトルラベルにも使われている、シャトーの門はこちらです。

chateau_valmer1.jpg

こちらを通って、まずは受付へ。右手にワインが購入できるブティックがあるのですが、その中に受付があります。一般公開日以外の日に訪れる際には、入場チケットを受付にて購入(通常は庭園内のビジットのみとなります)。今回は一般公開なので、入場料は無料です。

さて、ヴィジットが始まります。

chateau_valmer2.jpg

ヴィジットの所要時間1時間。さあ、ワイナリーへ入っていきましょう!

chateau_valmer3.jpg

ワイン発酵樽である、コンクリート タンクがずらりと並びます。
シャトー・ヴァルメールでは、コンクリートタンクを使用することで、朝晩の温度調整を行い、ワインの発酵を調整し、味や香りを各タンク毎で行っています。

chateau_valmer4.jpg

各コンクリートタンク詳細についてはチョークで手書きで記載。
chateau_valmer5.jpg

案内してくださったのは、オーナーの Jean de Saint Venant ジャン・ド・サン・ヴナン氏です。
[画像提供:Château de Valmer]

chateau_valmer6.jpg


2階に上がってから下を見ると、これまた圧巻です。
chateau_valmer7.jpg

出口を出たら、
chateau_valmer8.jpg

森につながっていました。
chateau_valmer9.jpg

そこからサントル・ヴァル・ド・ロワール地方独特の地形でもあるトングロディット。
chateau_valmer10.jpg

二つ目のトングロディットの穴が入り口です。
chateau_valmer11.jpg


こちらのトングロディットのカーブへと入っていきます。
chateau_valmer12.jpg

トングロディットのカーブです。
chateau_valmer13.jpg

chateau_valmer15.jpg

chateau_valmer14.jpg

ヴィジットも終わり、出口まで長い通路を歩いて、

chateau_valmer16.jpg

こちらの出口より外に出れば、お城側へ。
chateau_valmer17.jpg

さて、ビジットの後は、試飲タイムです。
chateau_valmer18.jpg

今回試飲したのは、AOC Vouvray ヴーヴレワインと、AOC Touraine Roséトゥーレーヌロゼ。
chateau_valmer19.jpg

試飲した後、気に入ったものがあれば、購入も。
私が試飲したのは、Vouvray AOCヴーヴレーAOC では、Effervescent Fines Bulles Brut(エフェルヴェサン フィン・ブル・ブリュ:白泡/辛口), Sec 2017(白/辛口), Demi-sec 2014(白/半辛口) , Moelleux 2009(白半甘口) の4種類。

Touraine Rosé AOC トゥーレーヌ・ロゼAOCでは、Méthode traditionnelle Effervescente Brut(メトード・トラディショネル・エフェルヴェサント・ブリュ:白泡辛口), Rosé Nature 2017(ロゼ・ナチュール:ロゼ)の2種類。白ワインとスパークリングワイン。

Moelleuxモローと呼ばれる白/半甘口は、食前酒にピッタリで、ついついシャキ―トリー(豚のパテやハム等のおつまみ)がすすみます。
入り口右手にある、 シャトーヴァルメールのブティックまで戻り、購入したボトルを受け取りました。
chateau_valmer20.jpg

私が購入したのは、Effervescent Fines Bulles Brut。前回ロゼを購入しましたが、スパークリングワインは、お祝いの時にも喜ばれるので、今回は、スパークリングワイン白をいただきました。
chateau_valmer21.jpg
ブドウ品種は100%シュナン。シュール・ラット熟成で3年間貯蔵され、手動による動瓶ルミアージュされたもの。2015年のワイン・アシェットガイドにて二つ星を獲得しています。

蔵訪問、ショッピングを終え、シャトーを後にし、そのまま目の前に広がる田園風景を堪能します。
chateau_valmer22.jpg

chateau_valmer23.jpg

一般公開は年に2回。4月と11月。次回は、11月のクリスマス前に一般公開となります。ワインセラーオーナーの案内では、ワイン栽培から、蔵の歴史、そして各種ワインについて、色々なお話しをわかりやすくお話ししてくださるので、とても充実したビジットとなりました。
J'ai passé la belle journée avec Château de Vermer.ヴァルメールのワインとともに、素敵な一日を過ごすことができました。

Château de Valmer Vins et Jardins
シャトー・ド・ヴァルメール ワイン&庭園
https://www.chateaudevalmer.com
営業時間 / 所在地&お問合せ

※通常時期のヴィジット:庭園+礼拝堂+ワイン試飲
※15人以上のグループの場合、ガイド付き(英or仏)ワインセラー+カーブ訪問も可能です。事前に見積もり&予約が必要となります。
※お城に直接問合せは、英仏語対応。
[掲載内容: Château de Valmer 承諾済]

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2019年5月29日
« 前の記事「【5月1日スズランの日|Fête du Muguet】フランスでスズラン売りにまつわる決まり事」へ
»次の記事「[ロワール・ワイナリーを訪ねて|ヴーヴレ ・トゥーレーヌ] メゾン・ダラゴン| Maison Darra...」 へ
アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 新着記事
【土曜日の朝マルシェで秋の味覚を】マルシェで季節のスープを味わいながら季節の野菜探し。
ロワール古城、リヴォ城~秋の花を堪能~ダリア、ススキ、菊、かぼちゃ(Chateau du Rivau)
【トゥール│Yoïsho!で懐かしの日本の味】絶品いちごミルクかき氷「ドラポージャポネ」をフランス、トゥールで味わう!
【ヴァンデ・グローブの町、サーブル・ド・ロンヌ】砂浜直結のレストラン&バー、「ラ・キャバン La Cabane」新オープン
【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加
【ボーバル動物園】双子のジャイアントパンダが誕生!(フランス現地時間2021年8月2日)
アンボワーズ2021年の夏
【アンボワーズ│2021年6月からスタート】毎月第1土曜日はアンボワーズの蚤の市

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンボアーズ(アンボワーズ)特派員

    アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
    アンジボー由利子
    華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集