海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ > 【トゥール |バルザック年 - 生誕220記念】バ...

フランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月23日

【トゥール |バルザック年 - 生誕220記念】バルザックの幼少期をたどって街を歩こう|Balzac Tours


【トゥール |バルザック年 - 生誕220記念】バルザックの幼少期をたどって街を歩こう|Balzac T...

サントル・ヴァル・ド・ロワール地方、トゥールの街は、フランスを代表する文豪バルザックのゆかりの地。そして今年2019年は、バルザック生誕2年目にあたります。トゥール市ではバルザック生誕220年を記念して、バルザック関連の特別展示や講演が開催されています。

Balzac0.jpg

写真は、トゥール市庁舎前のバルザック年の公式ロゴ(トゥール駅でも目にします)。

バルザックのゆかりの場所をたどってみましょう。

Balzac1.jpg

バルザック幼少期の背景メモ

母親自身で育てた1人目の子供が生後間もなく亡くなったため、そのトラウマから、2人目に生まれたバルザックは、生後間もなく、Saint Cyr Sur Loireサン・シール・シュル・ロワール(トゥール郊外)の乳母に預けられます。その後、妹も、生後間もなく、同様に預けられる、という背景から、幼少期時代のバルザックは寂しい思いをしていたとも言われています。


バルザックの生家|47 rue Nationale(旧25 rue de l'Armée d'Italie )

1799年5月20日バルザックが生まれた家。生後間もなく乳母に預けられたため、バルザック自身には印象があまりなかったといわれています。



バルザックの実家|53 rue Nationale (旧 29 de l'Armée d'Italie)

1804年、バルザックが4歳になると、同じ通りにある父が購入した家に住むようになります(1940年6月の空襲で建物は被害にあう)。8歳のときにバルザックはCollège des Oratoriens ( Vendôme ヴァンドーム) に通うため、家族と住むこの家を出て寄宿学校に入ります。


1813年に、バルザック父の仕事でトゥールを去り、パリに住むことになりますが、バルザック一家は、引越し直前の1814年までこの家に住んでいたといわれています。1885年、バルザック家族が住んでいた建物は印刷所となり、1905年、薬局が開業。
度重なる建物使用の用途変化により、現在では外観も様変わりしましたが、今日も薬局が店舗に入っています(建物左手側)。


ナショナル通りは、Place Jean Jaurès ジャン・ジョレス広場のトゥール市庁舎(右手)とPlais de Justice 裁判所(左手)の間を通る通りで、トラムも行きかっています。


Balzac5.jpg


Balzac2.jpg


Pension Le Guay ル・グエイ寄宿学校|57 rue de la Scellerie ( 旧 rue de la Scellerie)

当時、バルザックは、40人ほどの生徒にまじって、トゥールでもトップレベルの寄宿学校に通っていました。現在は、コンサートなどが行われている劇場「l'Hôtel du Théâtre オテル・デュ・テアトル」です。


Saint-Gatien 聖ガシアン大聖堂

幼少期、日曜ミサに来ていたといわれている大聖堂です。


Hôtel de la Boule d'Or|27, rue National


1845年8月、妻ハンスカを連れてロワール川川岸を訪れた際に宿泊したホテルです。1940年の空襲で破壊されました。


Pension Vauquer ヴォウグケ寄宿学校|7 rue des Cerisiers


バルザックの2人の姉妹が、この寄宿学校で教育を受けます。バルザック作「ゴリオ爺さん」という作品中にも登場。

【原文・参考文献 https://balzac-tours.fr/】

[その他画像・掲載許可済]

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年7月23日
« 前の記事「【オクシタニ地方|ルルド】聖地で絶品のアイスクリーム! サロンドテ 「Elenor エレノー」」へ
»次の記事「【サントル・ヴァル・ド・ロワール地方:カニキュール】熱波直撃 Canicule」 へ
アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 新着記事
【土曜日の朝マルシェで秋の味覚を】マルシェで季節のスープを味わいながら季節の野菜探し。
ロワール古城、リヴォ城~秋の花を堪能~ダリア、ススキ、菊、かぼちゃ(Chateau du Rivau)
【トゥール│Yoïsho!で懐かしの日本の味】絶品いちごミルクかき氷「ドラポージャポネ」をフランス、トゥールで味わう!
【ヴァンデ・グローブの町、サーブル・ド・ロンヌ】砂浜直結のレストラン&バー、「ラ・キャバン La Cabane」新オープン
【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加
【ボーバル動物園】双子のジャイアントパンダが誕生!(フランス現地時間2021年8月2日)
アンボワーズ2021年の夏
【アンボワーズ│2021年6月からスタート】毎月第1土曜日はアンボワーズの蚤の市

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンボアーズ(アンボワーズ)特派員

    アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
    アンジボー由利子
    華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集