海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ > 【ロワール古城秋のイベント リヴォ城】2020年秋...

フランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年10月20日

【ロワール古城秋のイベント リヴォ城】2020年秋のフラワーフェスティバルは10月24日・25日


【ロワール古城秋のイベント リヴォ城】2020年秋のフラワーフェスティバルは10月24日・25日

今回は、先週イベントが開催されるとお知らせをいただいた、リヴォ城での2020年秋のフラワーフェスティバルについて紹介します。ロワール古城には、季節ごとに花や音楽、野菜をテーマにフェスティバルを企画するお城もあります。シノン近郊あるリヴォ城もそのひとつです。


Rivau1.jpg 【写真提供│リヴォ城 ©Château du Rivau】

リヴォ城の歴史は?

地元では、リヴォ城といえば庭園とバラ、というくらい庭園とバラが有名なお城です。シノン近くのレムレ(Lémeré)村に位置し、フランス国王シャルル7世の高官のひとり、ピエール・ド・ボヴォ(Pierre de Beauvau)が国王の許可を得て、1445年に建築されました。お城の建築は、中世時代とルネッサンス様式を兼ね備え、今日では、現代アートの要素が加わりました。お城の敷地内、城内を散策すれば、現代アートなども見受けられます。また、ジャンヌ・ダルクが100年戦争の際に、戦闘用の馬を探しに、オルレアンへ行く途中にリヴォ城へ立ち寄ったお城でもあります。


リヴォ城の庭園│バラ、ハロゥイン、ダリア、菊

リヴォ城の香り漂うバラがお目当てであれば、初夏5月から7月までが見頃です。その年の気候によっては8月までバラを楽しめます。リヴォ城の9月からはハロウィンの準備が始まります。お城の敷地内にある家庭菜園内にはかぼちゃのデコレーションが施され、9月は真っ赤で鮮やかな大輪のダリアが見頃になります。そして秋のフェスティバルが開催される10月後半からは、日本のお盆と同じく、フランスのお盆ともいわれる「トゥッサン(Toussaint)」と呼ばれるカトリック教会の祝日(2020年は11月1日です)にはラウンド型の菊の鉢物を飾る習慣がありますが、その時期も近いことから、リヴォ城の庭園にも菊の鉢植えが植えられ、鮮やかな色の菊の花に彩られます。

Rivau2.jpg 【写真提供│リヴォ城 ©Château du Rivau】追記:10月22日


秋のフラワーフェスティバル│見どころ&おすすめ


秋のフラワーフェスティバルなどのイベント期間は、通常のお城の入場料で、

お城の城内観光、庭園、そして秋のフェスティバルと2倍楽しめるところがポイントです。


Rivau3.jpg 【写真提供│リヴォ城 ©Château du Rivau】


小さな子供から大人まで、さまざまな体験教室(ハロウィンかぼちゃ彫刻など一部有料体験教室もあり)や、庭園内に並ぶ多くのスタンドでは、園芸や花関連のアクセサリーや園芸道具などのショッピングも楽しめ、特に秋のフラワーフェスティバルはお花のイベントだけあって、お花好きの子供たちや大人向けのお花を使った体験教室が豊富です。


イベントの期間に合わせて、ゆったり過ごすならば、リヴォ城の宿泊サービス(全12室)を利用して、パリから1泊2日のリヴォ城への旅も可能です。シャトーホテルでラグジュアリーなのにアットホームな温かいおもてなしと、お城が閉城して入場者がいなくなった贅沢なお城の夜と朝を満喫できます。そしてお城のおみやげコーナーも必見です。おいしくてお手頃なリヴォ城の赤ワインから、ジャム、お花のハーブティー、ガーデニンググッズ、お花関連のさまざまなグッズを見ているだけでも楽しくなりますし、リヴォ城のかぼちゃスープのボトルなども店内に並んでいます。


新型コロナウイルスが収まったら、いつか訪れていただきたい、すてきな花と庭園のお城、リヴォ城を紹介しました。リヴォ城の2020年度の開館最終日は11月1日となり、以降は冬季期間で閉館となります。2021年の4月から再び開館となります。来年は少しでも新型コロナウィルスの状況が変わってくれていることを願いつつ、今週末の秋のフラワーフェスティバルに、筆者も、日本伝統文化いけばなを紹介するために参加してきます。皆様も、健康第一でどうぞお過ごしくださいませ。


リヴォ城&庭園|Château et Jardins du Rivau
・住所: 9 rue du Château - 37120 Lémeré

・電話: 02 47 95 77 47

・公式サイト: https://www.chateaudurivau.com/fr/

・アクセス: フランス国鉄シノン(Chinon)駅からタクシーで15分

・入場料: 大人 €9、子供(5-18歳) €6

・ファミリー割引: 大人2名&子供2名または2名以上 €26

・食事(城内のレストラン): ラ・ターブル・デ・フェ→要予約

   フュエ
【文:アンジボー由利子/ 写真提供:リヴォ城©Château du Rivau】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年10月20日
« 前の記事「【トゥール│すてきな骨董品に出合えるかも】ヴィクトワール広場のブロカント」へ
»次の記事「【ロワール古城│自然とアートの庭園!】2020年第29回国際庭園フェスティバル @ドメーヌ・ド・ショーモ...」 へ
アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 新着記事
【土曜日の朝マルシェで秋の味覚を】マルシェで季節のスープを味わいながら季節の野菜探し。
ロワール古城、リヴォ城~秋の花を堪能~ダリア、ススキ、菊、かぼちゃ(Chateau du Rivau)
【トゥール│Yoïsho!で懐かしの日本の味】絶品いちごミルクかき氷「ドラポージャポネ」をフランス、トゥールで味わう!
【ヴァンデ・グローブの町、サーブル・ド・ロンヌ】砂浜直結のレストラン&バー、「ラ・キャバン La Cabane」新オープン
【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加
【ボーバル動物園】双子のジャイアントパンダが誕生!(フランス現地時間2021年8月2日)
アンボワーズ2021年の夏
【アンボワーズ│2021年6月からスタート】毎月第1土曜日はアンボワーズの蚤の市
1年前の同じ月に投稿された記事
【アンボワーズ|ショコラティエ一般公開】Bigotの一般公開へ!
【トゥール・アジアンフード】Zen Bingで香港エッグワッフル鶏蛋仔を食べよう!
【トゥール・フランス国内花の見本市】ノヴァ・フルール NOVA FLEURS は10月6日・7日開催

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンボアーズ(アンボワーズ)特派員

    アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
    アンジボー由利子
    華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集