海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/アンコーナ特派員ブログ

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

皆さん、おはようございます。
あぁ、Pizzaが食べたい、と思うことが多くなってきたイタリア暮らし6年目です。
日本にいたときは割と特別な食べ物でしたが、こちらでのPizzaは日本でのおにぎり感覚かしら?

外食としてPizzaをいただく際には大きく2種類あって、大きなピッツァ(多くの場合が長方形のオーブンの天板1枚分)を切り分けたものを購入して食べるタイプと、円形のピッツァをひとりで1枚オーダーしていただくタイプです。
前者はほとんどのスタイルがファーストフードタイプで、切り分けたピッツァをグラムいくらで販売します。
お店の作りもシンプルですが、日本のように軽食を取ることができるお店の種類が少ないなか、とても重宝する存在です。
そして、後者の方はPizzeria だったり、Ristorante だったり。ピッツァの値段は大体€5から€10程度ですので、日本でなら丼物を食べる感覚でしょうか?
大きなサイズのピッツァを1枚食べきることなんて絶対に無理、なーんて思っていましたが、いまなら簡単にペロリと平らげられます。消化にいい小麦粉や酵母を使っている証拠かと。

ピッツァは食事として認識していますが、こちらではなんとドルチェとしても提供されるんですよ。
こちらが私たち夫婦が大好きなドルチェピッツァです。
わかります?
ここのピザ屋さんは、大きな丸形のピッツァを提供するタイプのお店なのですが、その大きさが普通のピッツァの2倍はあります。
彼らのお店で提供するドルチェピッツァは2種類。
ヘーゼルナッツチョコクリームか、森の木の実のジャム。
こちらの写真は、この2種類を半分ずつでお願いしたものになります。

20201003_215411.jpg

えぇぇぇぇ、甘そう!と感じられると思いますが、はい、確かに甘いです。
でもなぜかとてもおいしいんですよね。
ピッツァの生地にこの甘さがよく合う。
ただ、ふたりでこれは食べきれる大きさではありませんけどね......。

というのも、このドルチェピッツァの前にはこちらの食事用のピッツァもしっかりいただいてますから。
20201003_205843.jpg

日本でも本格的なイタリアンピッツァを提供するお店がたくさんありますけど、やっぱりピッツァはこっちで食べるほうがいいかな〜って思います。
ちょっと雑な味のバランスがイタリアを感じますし、あとはやっぱり手の出しやすい値段ですよね。

ぜひ、日本でもドルチェピッツァ、トライしてみてください。
これでもかっというほど、山盛りのジャムやクリームを使うのがイタリア方式ですのでお忘れなく!

では、今日も1日Buona giornata.


2020年11月30日

20201024_175526.jpg

皆さん、おはようございます。
バタバタと日々が過ぎていき、今週の月曜日の記事更新をすっかり失念していました。
イタリアでの仕事と日本へのマルケ州商品輸出の仕事がミックスされ、頭と時間の整理がなかなかできなくなってきています。
昔なら同時並行でいろいろな業務を遂行していたのになぁ、と自分の衰えにがっくりくる今日この頃です。

さて、日本もここ数日はコロナウイルスの新規感染者数の増加が顕著になり、また少し不自由な毎日になられているかと思います。
イタリアの状況も、コロナウイルスが蔓延している欧米の一国として日本では報道されていることでしょう。
渦中にいるとなかなか感じないのですが、とは言っても、マルケ州での感染者もかなり増えています。
イタリアでは、コロナウイルスの危険度(おもに病院の過密度)によって、国を3ゾーンに分けています。
赤ゾーン、オレンジゾーン、黄ゾーンになるのですが、赤ゾーンに関しては基本的に終日外出禁止のロックダウン状態です。食料品の買い出しと健康上の理由による外出以外は不可。
ただし、本屋さんや文房具屋さんなどは開いているようで、春のロックダウンよりは少し緩い感じになっています。

さて、マルケ州は現在この次のゾーンに当たるオレンジゾーンです。
どのような状況かと言いますと、

●夜22時から朝5時まで外出禁止
●居住地のコムーネからは理由なく出られない(仕事や健康上の理由など)
●レストランやバールなどは休業
●テイクアウトのお店のみオープン可能だが22時には閉店
●コムーネ外への外出へはAutocertificazione (自己申告書)が必須
●土日祝日は大型ショッピングセンターのお店は休業(スーパーや薬局をのぞく)

などなどです。

やはり一番皆がショックだったのは、レストランやバールの休業ですよね。
友達や家族とも会いづらい状況ですし、ずっともやもやしているのも確かです。
そして、11月には飲食業界で働く人々を中心に政府に対するデモ行動などもありました。
経済的にもひっ迫している人は、とても多くいると思われます。

さて、ではマルケ州が昨日、2020年11月23日に発表した数字を書いてみますね。

新規感染者数 161名
集中治療室 90名
入院中 550名
現在までの総感染者数 2万6755名(そのうち死者 1188名 回復者 1万105名)
ちなみに、1万8000人強の方が自宅での治療を試みた(試みている)らしいのですが、そのうち1万4762人の方は無症状感染だとのことです。

夏休みが9月中旬に終わり、生活が元の形態に近づいたとたんにどっと増えた新規感染者数。
来年の頭にはワクチンも登場すると言われていますが、とにかくいまは自分のプロテクトをしっかりとしたうえで、あまり後ろ向きにならずに気持ちを落ち着かせておくことが大切ですね。

こちらでも、人との距離が近づく場合はたとえ屋外でもマスクが必須になりました。
半年前と違って、皆ちゃんとマスクを装着しています。
挨拶もキスやハグはまだまだお預けですね。

虹に祈って、新しい年を心機一転で迎えることができますように!

では、今日もよい一日を。
Buona giornata.


2020年11月25日

皆さん、おはようございます。

10月の話しになりますが、すてきな海沿いのレストランで食事をしてきましたので紹介しますね。
日本からのツーリストの方のアテンドや旅づくりの手伝いをしている日本人の友達から「ここ、とてもよかったから!」とおすすめしてもらったお店です。
イタリア人からのおすすめだと、好みが異なるためまったくアテにならないことが多いので、アドバイスをもらうならばやはり同じ味覚と感覚を持つ日本人の方です。

お店の場所はアンコーナから車で1時間弱。
Marottaという町のアドリア海に沿った場所。

20200925_131715.jpg

もちろん、レストランの浜辺に沿って外のテラススペースもあります。
寒くはないですけど、この時期は日本人だと外で食べるのは少しためらっちゃうかも……。
座った瞬間はいいのですが、やはり時間が経つと寒さが身体にしみてくるんですよね。
慣れの問題だと思いますが、数時間の食事ならば真夏以外は室内で取る方がいいかと思います。
イタリア人は外が好きなので、強制的に外で食べさせられますが。

20200925_131716.jpg

お店の中はとってもシンプルですてきな雰囲気。
決して新しくもないですし、おしゃれの先端を行っているわけでもありませんが、ちょうどよい塩梅で私たちの世代(40歳代)にぴったりなムードでした。
食事もさることながら、ワインリストの品揃えもすばらしく、値段も良心的で私の中でのお気に入り度合いはグンとアップしました。

メニューはいろいろとありましたが、今日は日本人女子3人ということで「前菜の盛り合わせ」を皆でいただくことに。
前にも書きましたが、前メニューは「冷たいもの」と「温かいもの」で分かれている場合が多く、また、お魚の場合は「前菜の盛り合わせ」というものがよく用意されています。
冷たいものだけの盛り合わせ、温かいものだけの盛り合わせ、はたまた冷温の盛り合わせ、などとあるので、今日はちょっとリッチに「冷温の前菜の盛り合わせ Antipasti freddi e caldi 」をオーダーしました。
確か1人前が€20だったと記憶します。

まぐろのたたきや、タコとじゃがいものサラダ、イワシのマリネ、バッカラマンテカート、ポレンタ、シャコエビ、アサリの蒸したものなど全部で8皿。
おいしい、そしてお腹もいっぱい。

20200925_134902.jpg

20200925_142827.jpg

本来ならば「前菜」だけではなく、少なくともプリモかセコンドは取っていただくのでしょうが、私たち日本人の胃では、この前菜の盛り合わせだけでしっかりと満腹になりました。
やっぱり盛り合わせだと前菜だけで十分ですね。
イタリアでも、いまは食べ方はいろいろと対応してくれます。
とりあえず食べられると思う分量だけ選んで、「ほかを頼むかは、またこれのあとで考えるよ」とお店に伝えると大丈夫です。
昔は無理をして食べて、胃がモタれることもよくありましたが、最近では遠慮せずにオーダーをしないことを覚えて、自分の適量で食事ができるようになりました。

ただ、前菜しかいただいていないので、絶対にリベンジしたいお店のひとつになりましたよ。


では、またお会いしましょう! よい1日を。
Buona giornata, ci vediamo presto.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■Ristorantino Prima Secca

・Tel: +390721 834034
・住所: Via Amm. Cappellini, 22, 61032 Fano PU,
・URL: http://www.primasecca.it/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


2020年11月 9日
2020年11月 3日
2020年10月26日
2020年10月19日
2020年10月12日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集