海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/アンコーナ特派員ブログ

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
アンコーナはアドリア海沿いにある港町。
街と海がとても近いわけですが、いわゆる漁港があるような港町とはちょっとだけ雰囲気が違います。
というのも、アンコーナ一の高さを誇るコーネロ山の麓に位置していて、海辺の街なのに地形が丘陵上になっています。
なので、大型船が停泊するアンコーナ港エリア以外で海に接する海岸線は崖状になっていることが殆ど。
だからなのか、街中でも港町の風情は殆ど感じられません。

アンコーナの観光スポットで海を感じる場所の一つが、こちらパセットエリアになります。
チェントロエリアからは素敵な並木道をずっと通ってやってくることができますよ。
IMG_20180912_185310.jpg

この並木道を抜けると、どどーんと出てくるのがこちらの白い塔。
迫力満点。
夏の真っ青な空には驚くほど美しく映えるフォルムです。
IMG_20180728_155741.jpg

この巨塔、ムッソリーニ時代に建立されたもので、戦士された方々の鎮魂のためのモニュメントなんですって。
このモニュメントの裏側にはアドリア海がすぐに広がります。
裏手には海へと続く階段が。
アンコーナっ子達の格好のお散歩ポイントで、休日は沢山の人たちが訪れます。

IMG_20181023_170946.jpg

ちなみに、この下にはなんと海水浴場があるんですよ!
小さいですが砂浜もあります。
街に住んでいる人たちも、徒歩でビーチにアクセスできるってなんだかオシャレですよね。

見えますか?砂浜エリア。
この砂浜の近くに見える塔はエレベーター塔です。夏期のみ稼働していて利用には1ユーロかかるとか。
小さなお子さん連れやご年配の方には嬉しいサービスですよね。
無料でも良いかと思いますが、まぁ、税収入の一役を担っているということで良しとしましょう。

IMG_20181023_171057.jpg

夕方の一コマ。

IMG_20181023_170957.jpg

以前のブログで紹介させてもらった、私の大好きなPizza al Taglio (切り売りピザの店)Farinandoは、このすぐ知覚にあります。
ぜひ、一緒に訪れられてみてくださいませ。
ファリナンドの記事はコチラをクリック。

では、またお会いしましょう。
Ci vediamo presto.


インスタグラムとFBページも更新しています。こちらからどうぞ。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム


2019年1月23日

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
実は今日本に戻っております~。とても短い期間ですがお正月気分を少し吸いにやってきました。

さて、日本に帰るにあたって父親からお土産のリクエストがありました。
普段はそんなことを言ってこないのに何事かと聞いてみますと、
以前に私が持たしたお土産をお友達が気に入ってくださったそうで、また皆さんに振舞いたいとのこと。
それは何かと申しますと、コチラ!
Lonzetta di Fico:ロンゼッタ ディ フィーコ : イチジクの小さなロンザです。
line_1546940839723.jpg

ドライイチジクと炒ったアーモンドやクルミ、ヘーゼルナッツとともにぎゅぎゅぎゅっと固めたもの。
ラム酒やアニスの香りが程よく、チーズと一緒にワインのおともにぴったしの逸品で、マルケ州の特産品の一つです。
これを購入するために、帰国前にササっとJesiチェントロの歴史のあるPasicceria Bardi(バルディ)に行ってきました。
特産品なのですが、あまり売られているところを見たことがなく、去年購入したこちらに再訪問。
店頭には並んでなかったのですが、倉庫にあるものを出してもらい在庫をすべて買い占めちゃいました。

さて、このBardi、1927年に開業したという由緒あるお店です。
お店の中もちょっと重厚感ありますよね。

IMG_20190108_101846.jpg

1月6日のEpifaniaは過ぎていましたが、店内はまだNatale仕様。
売れ残ったお菓子などがそのまま置かれています。

そう、この日はお土産用のロンゼッタを買う為だけにやってきて、
しかも、Nataleからの暴飲暴食で胃腸の調子がいまいちだから、イタリア的な朝食はしないぞ!と心に誓っていたのに、
レジの横にあるDolceが並ぶショーケースを見てしまうと、誘惑に負けてしまいました…。

IMG_20190108_101824.jpg

こちらのBardiで一番人気の洋菓子がMeringaです。

IMG_20190108_102154_1.jpg

メレンゲ生地で生クリームを挟んだ軽ーいお菓子。
外側カリカリ、中身パフパフで、程よい甘さの生クリームとマッチします。
何と言っても大きさも抜群に良い。エスプレッソにピッタシ。
お値段も1ユーロ。エスプレッソとで2ユーロというウレシイ手ごろさです。
軽すぎていくつでも食べられちゃいますので注意が必要ですよ!

イタリアに来て食べたDolceの中で、私の好き度ランキングでは上位に位置するMeringa。
派手さは全くありませんが、一度食べたらまた食べたくなる味わいです。
この日も折角なので後から会う日本人のお友達におすそ分けしたら、とっても喜んでくれました!
生クリームを使った美味しいおやつがなかなかないイタリアでウレシイ存在です。

では、もうしばらくの間、日本を愉しみます。来週にはまたアンコーナからお会いしましょう!
Ci vediamo presto.

インスタグラムとFBページも更新しています。こちらからどうぞ。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
名前:Pasticceria Bardi
住所:Corso Giacomo Matteotti 27, 60035 Jesi, Italia
電話: 0731 4865
時間:火曜日~土曜日 07:00 - 13:00,16:00 - 23:30 日曜日:07:00 - 13:00 
定休日:月曜日


2019年1月16日

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
日本はクリスマスはもちろん、もうお正月気分もほぼ抜けている1月2週目だと思います。

イタリアでは1月6日が祝日となり、Epifania(Befana)の日までが超ロングなクリスマス時期。
この日までは街中クリスマスネオンやツリーも飾られたままで、7日を過ぎると片づけが始まります。
ですので、今回の記事を書こうかどうしようかとっても迷ったのですが、
実物があまりにも素敵でしたのでご紹介させていただくことにしました。

タイトルにあるPresepe:プレゼーペって、日本ではなじみが無いモノになると思います。
日本語で言うと「(イエスキリストの)降誕場面」。
カトリック信者の方にとって、マリア様が受胎告知を受け、その後イエスキリストが生誕したことはとてもとても意味があることです。もちろん、その意味があることを受けてNatale(ナターレ):クリスマスを盛大にお祝いするわけなのですが、そのNatale時期にツリーと共に飾られるものが、この「Presepe:降誕場面」なのです。
こちらが主人の両親宅にあるPresepeです。とってもかわいい。
これを見ると優しい気持ちがあふれてくるのが不思議です。
キリストが降誕する厩を中心に、周りに暮らす人々の生活が表現されています。
ちょっとぼけた写真でごめんなさい。

IMG_20181224_185957.jpg

そして、このPresepe、いろいろな場所でも飾られていて、私の住む町には機械仕掛けのPresepeがあります。
開いている時期は12月24日から1月25日の約1ヶ月ですが、多くの人が訪れてその可愛さに癒されていますよ。

サイズ感がわかりづらくて申し訳ないですが、人形は高さ10㎝くらいでしょうか?

鍛冶屋さんや木こり、果物屋さんの姿が見えますよね?

IMG_20190101_160458.jpg

窓から覗いた一室では髪をとかす女性と、子供をあやす女性の姿。

IMG_20190101_160251.jpg

これがいわゆるPresepe:降誕場面になります。
マリア様とヨゼフ氏、そこに生まれたばかりのイエスキリスト様。

IMG_20190101_160635.jpg

こちらは農作業をする街全体の様子。

IMG_20190101_160622.jpg

ベランダに干された洗濯物、室内で粉をひいたり、編み物をしたり。

IMG_20190101_155534.jpg

こちらの紳士はワインの仕込み中!

IMG_20190101_155607.jpg

サルシッチャ売りやアコーディオン弾きなど、とっても味があって良くできています。

IMG_20190101_160256.jpg

ちなみに、全体が暗転して”夜”の訪れも表現されます。
家々に灯りがともってとても素敵な雰囲気になります。
そしてその後にやってくる朝。
鶏の鳴き声とともに仕事を始めるのが彼ら。パン屋さん。

IMG_20190101_155959.jpg

私が初めて見たのは確か2年前。
修復中だったのか、ワンシーンのみしか見学できず「たいしたことないなぁ」と思っていたのですが、
意せずして訪れた今年はすべてを見ることが出来、その大きさと可愛さに胸が打たれた次第です。

入場に料金はかかりませんが、Offerta(お布施)を入れる瓶がありますので、そちらに献金できます。
この時期にFalconara Marittima近くを通られる方、非常に稀だと思いますが、お時間があられましたら是非お立ち寄りください。
街を貫くVia Flaminiaには、なんと”PRESEPE”に向かう為の道しるべも出ています。

地元ですので、ご質問があればいつでもどうぞ。

では、またお会いしましょう。
Ci vediamo presto.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・ファルコナーラアルタの洞窟内にある機械仕掛けのプレゼーペ
(Presepe Meccanico alle grotte del castello di Falconara Alta)

・住所:alle grotte del castello di Falconara Alta, Via Cameranesi
・開場時間 土日のみ:10:00~12:00、15:00~17:00 (1月25日まで)

・URL:http://www.comune.falconara-marittima.an.it/archivio6_eventi-in-agenda_0_80.html


2019年1月 9日
2019年1月 2日
2018年12月26日
2018年12月19日
2018年12月12日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集