海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > まだまだ健在する移動式市場「メルカート」は活気のあ...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月13日

まだまだ健在する移動式市場「メルカート」は活気のある市民の憩いの場


まだまだ健在する移動式市場「メルカート」は活気のある市民の憩いの場

5c6139264e2d96a4d7adb0eefc79a34b644f79a5-thumb-730x547-342681.jpg

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子です。
皆さんの街には「市場」ってありますか? 
私が幼いころに住んでいた街には常設の市場があり、生鮮食料品を中心に安価でしかも大量に購入ができ、私もよく母に連れられて通ったものです。たぶんそんな市場も日本では数が少なくなってしまいましたよね。
スーパーマーケットやコンヴィニエンスストアの台頭で、時代の流れとしか言いようがないでしょう。


さて、ここイタリアではどうでしょう?
おそらくまだまだ多くの街に「公設市場」があり、毎朝、活気よくお野菜やお肉、お魚などが売られていることと思います。
私の住む町にもありますし、またアンコーナにも二つ公設市場があり、農家の人や漁師さんたちが自分で造ったものや捕ったものを持ち込んでいるので、本当に新鮮なものが販売されています。


この公設市場の他に存在するのが移動型市場。メルカートと呼ばれ、各町やコムーネで、決まった曜日に開かれるものになります。
わが町ファルコナーラマリッティマでのメルカートの日は毎週月曜日の午前中。待ちの目抜き通り、おおよそ1㎞にお店がずらっと並びます。
ちなみに、毎週木曜日は月曜のメルカートの半分程度の距離で市が立ちます。
このメルカート、何が移動式なのかというとお店がすべて移動式なのです。
所狭しとテントを張った屋台が並ぶのですが、この屋台の元は大体がワゴンタイプの車になります。
車に商品を満載に詰め込んで朝一番にやってきて、決められた場所に店を広げ、ランチタイムには店じまい。
どこの町でも週に一度はメルカートがやってくると書きましたが、こうやって屋台カーが曜日ごとに町々を回ってメルカートを開いているんです。面白いですよね。
欲しいものがあってもその日に買うかどうかを決断できなかった時、お店の人が「明日は〇〇でお店出してるから、そっちに来たらいいよ」なんてことを言ってくれたりします。

2-thumb-730x547-342685.jpg

メルカートの様子はこんな感じです。
こちらのエリアは街の中心部で。道路の両脇には車を斜め置きで駐車する駐車スペースになっています。
その駐車スペースにメルカートで店を出すバンやトラックなどがずらっと停まります。
もちろん、この道路の脇には普通のお店が軒を連ねていて、メルカートのある日は、完全に裏手での営業になります(笑)
日本なら「営業妨害だ!」って言われてしまいそうですけどね。

ではいろいろなお店を見ていきましょう。
お店の数は100は下りません。びっくりするほど雑なお店が多いのがメルカートの特徴です。
確かに安さは魅力的ですが、安かろう悪かろうの場合も多いので、しっかり品選びをすることが大事です。


アクセサリー屋さん。
IMG_20180129_114809.jpg

お鍋屋さん。
IMG_20180129_114858-thumb-730x547-342689.jpg

お花屋さん。同じ種類のお花ばっかりこんなにいっぱい買っても...。
IMG_20180129_113944.jpg

パジャマ屋さん。バンの中で試着させてくれたりもします。
IMG_20180129_113546.jpg

靴屋さん。
IMG_20180129_114935.jpg

カーペットやテーブルクロス屋さん。
IMG_20180129_113834.jpg

たまーにいる実演販売の人。売れるのかな?
IMG_20180129_120010-thumb-730x547-342683.jpg

下着もこんな感じでドドーンと! 下着屋さん。
IMG_20180129_113555.jpg

もちろん季節によって店先を飾る商品は変わります。夏は水着も多く販売されますよ。
意外と物価が高いイタリアなのでお値打ち品が購入できるメルカートは何かと重宝します。
皆さんもぜひお土産物を探しに、はたまたお店の人とのおしゃべりを楽しみに、メルカートに顔を出してみてくださいね。


では、素敵な一日をお過ごしください。
Buona giornata.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2018年3月13日
« 前の記事「ミモザの黄色が春の訪れを告げる、3月8日は女性の日」へ
»次の記事「イタリアでの父の日は今日3月19日限定。Tanti Auguri a tutti i papa! 」 へ
おすすめ記事
    アンコーナ特派員 新着記事
    No.41 美味しい魚料理をリーズナブルに戴くならAguglianoにあるL'Accademia
    No.40 バレーボールチームFilottrano Lardiniに冨永こよみ選手がやってきた
    No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"
    No.38 こんな暮らしをしています。イタリアの日常~Macelleria:お肉屋さん~編
    No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 
    No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです
    No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要な標識はこちらです
    No.34 これは必見‼ Grotte di Flasassi:フラサッシ鍾乳洞へ行ってきました

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/20更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アンコーナ特派員

      アンコーナ特派員
      丹羽 淳子
      イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集