海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > アンコーナから南へ。海辺の街"ポルトサン...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月28日

アンコーナから南へ。海辺の街"ポルトサンテルピディオ"でヘルシーなマクロビオティックはいかが?


アンコーナから南へ。海辺の街"ポルトサンテルピディオ"でヘルシーなマクロビオティックはいかが?

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(にわあつこ)です。
スローフード発祥の国イタリア、各州、各エリアの郷土料理へのこだわりはもちろん、最近では食生活の健康ブームもよく見かけられます。多くのお店では、ベジタリアン(様々なタイプの菜食主義者)やビーガン(動物性食品を全く採らない完全菜食主義者)向けのメニューを用意されていています。欧米人の中では比較的、スリムな体系の人が多いと思うイタリアですが、やはり日本で普段に戴く食事と比べるとカロリーオーバーな傾向は否めません。私もイタリアに来て3週間ほどで3㎏程度体重が増え、そのまま体調不良になったという辛い過去があります。年輩のマンマ達が作る料理は、相対的にオリーブオイルの使用量が多く、その上、パスタとパンの提供量が生半可ではない場合がほとんど。作ってくれた人のことを考えると、どうしても「結構です」が言い出せず、無理して食べてしまって最終的に悲劇的な状況に陥ってしまうこともしばしば...。イタリア生活も4年目に入った今、パンは極力食べず、パスタも他人の1/3ほどの量に控え、皿に取り分ける際は自分の分は自分で取り分ける、などいろいろと工夫をしてなんとか体重がこれ以上増加することを阻止しています。こんな私を、自分が心を込めて作った料理をできるだけ沢山食べさせたいマンマは苦々しく思っていることでしょう...。(ちなみにマンマと言うのは私のイタリア人パートナーのお母さんにあたり、日曜日のランチは彼女の手料理を戴きます。イタリアに来た当初は3ヶ月の間、実家に居候させてもらい、朝昼晩、彼女の手料理を食べなければいけないという(拷問の様な)日々でした。)

さて、今日は久々のお出かけで、アンコーナから60㎞ほど離れた「Porto Sant' Elpidio/ポルトサンテルピディオ」まで出かけた際に、立ち寄った、スノッブなマクロビオティックなガストロノミアをご紹介します。ポルトサンテルピディオはアドリア海に面しており、夏場は長期滞在客が多く集うマルケ州のビーチリゾートの一つ。今回立ち寄ったお店の名前は「Un Punto Macrobiotico」。自然派志向の食品を販売する店舗の隣りに30人程度が入れる食堂が併設しています。ちなみに、イタリアでは非常に珍しい「携帯電話による通話禁止」ルールがあり、BGMもない店内はとても静か。リラックスしてお食事をいただける良い雰囲気でした。

3-1.jpg
メニューは二種類用意されていて、その日のメニューが5種類乗ったミックスプレートか、魚介類のリゾット。いろいろな味を試してみたかったので、ミックスプレートを注文してみました。
3-3.jpg
待つこと5分。運ばれてきたのはお米のスープ。米、カーボロネーロ、玉葱、ニンジンなどが入った野菜スープですが、うーん、味がまったく無い...。塩気がまったくなかった。そしてびっくりするほどぬるい。これはちょっと残念!

3-2.jpg
気を取り直してお茶を一口すすってみることに...。あぁ日本でもいただいていた香ばしさが懐かしい!お店の人から「バンチャ / 番茶」と教えてもらい、つかの間の日本の味わいを楽しみました。
3-4.jpg
メインディッシュの登場です。それほど小さくないお皿に、すべてが山盛りで盛られています。
真ん中にはレンズ豆の煮たもの、周りにはベルザ(ちぢみキャベツ)のサラダボイル仕立て、暖かいお米のサラダ、クスクスのサラダ、フレッシュサラダの5種類、すべてやわらかい味付けで、野菜そのものの味が良くわかります。かなりな量でしたが、味わいの妙でさらっとすべて完食。

3-5.jpg

その上、食後にはスモモのコンフェットゥーラ(ジャム)が入ったタルトまで戴いちゃいました。

1プレート+スープ+お茶がセットになって1人前12ユーロ。ランチの料金としてはこちらでは平均的な金額で、決して安くはないですが、味付けのさっぱりした健康なものを手軽に食べたいという場合はアリな選択だと思います。

では、素敵な一日をお過ごしください。
Buona giornata.

店名: Un Punto Macrobiotico
所在地: Via Trieste, 235, 63018 Porto Sant'Elpidio FM
定休日:土曜日
営業時間:午後0時15分~午後2時30分、午後7時30分~午後9時30分
電話: 0734- 903-640

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年3月28日
« 前の記事「アンコーナのチェントロにある老舗パスティッチェリアFoligniでイタリア式朝ごはん」へ
»次の記事「海に突き出たLazzaretto。昔の役割を終えた今はアートやイベントの拠点に」 へ
おすすめ記事
    アンコーナ特派員 新着記事
    No.44 イタリアで3回過ごしてみたクリスマスについて:Buon Natale
    No.43 初"日本人"シェフがいるお寿司屋さん、PesaroのHiro10さん
    No.42 イタリア日常:夢を見たらコレを買え!~Lotto:宝くじ~編
    No.41 美味しい魚料理をリーズナブルに戴くならAguglianoにあるL'Accademia
    No.40 バレーボールチームFilottrano Lardiniに冨永こよみ選手がやってきた
    No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"
    No.38 こんな暮らしをしています。イタリアの日常~Macelleria:お肉屋さん~編
    No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 

    イタリア ツアー最安値


    2018/12/9更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アンコーナ特派員

      アンコーナ特派員
      丹羽 淳子
      イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集