海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > アンコーナからバスでも行ける穴場の海水浴場&quo...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月25日

アンコーナからバスでも行ける穴場の海水浴場"Mezzavalle"でリラックス


アンコーナからバスでも行ける穴場の海水浴場"Mezzavalle"でリラックス

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
猛暑の脅威、すごいですね。こちらのニュースでも取り上げられています。
でも、なかなか"日本の暑さ"をこちらの人たちが理解するのは難しいようで、
「そんな暑い暑い言うても、ここもたいがい暑いし」と流されたりもし、なぜか悔しい思いをしています。

ここ3年、日本の夏は経験していませんが、みなさま、お体には十分お気を付けください。
無理はなされず、早めの休憩と水分、エネルギー補給を。

こちらも夏本番!6月から夏真っ盛りになるので、今で言うと半分を過ぎたところになります。
学校の休みも6月の初旬から9月初旬までなので、こちらもちょうど折り返し地点ですね。

そんな中、家で涼んでいるだけが夏の過ごし方ではない!と、海水浴に出かけてきました~。
場所はアンコーナの中心地から15分程度。コーネロ国定公園の中にあるMazzaValleという海水浴場です。

Mezzavalle とは「半分の谷」という意味で、海水浴場は谷地の様に、崖の下に位置します。
Resize (7).jpg

コーネロ国定公園エリアは、コーネロ山から裾野を伸ばした小高い丘が連続し、その先はすぐにアドリア海という地形です。
このエリアで一番有名なPortonovoエリアに関しては、その丘の上から浜辺まで車道があり車でのアクセスも可能なのですが、
このMezzavalleに関しては、アクセスは「徒歩」のみ。
距離で言うと、おそらく3~400mほどの小道ですが、砂がかたまった地表で非常に滑りやすく、とにかく急。
Resize.jpg

急度加減はこの写真からは理解しにくいですね。手すりをつたって降りていくのが安全という程の急さです。
このアプローチの悪さから浜辺は他の海水浴場に比べて余裕がある感じとか。

先には小さく、Portonovoの砂浜が見えます。Resize (6).jpg


Resize (3).jpg

この日は平日でしたので、午前中は人もまばら。

海も時間によって透明度が変わりますが、午前中早めの時間と午後のおやつ時間以降くらいは写真の様な透明度を保っていました。
沖合い20mほどのところで、モッショリ(アンコーナ特産のムール貝)が採れるんです。
網に採りたてのモッショリをワンサカ入れて家路に向かうシニョール(男性)を二人見かけました。うらやましい!

Resize (5).jpg

こちらの海水浴場は、すべてがフリーエリア。ですので、みんなパラソルを持ってきて自由に陣取ります。
ちなみにこちらは我々のテント。
浜辺に落ちていた枯れ木4本を使って、それに大きな布を括り付けたものです。面倒くさくもなく、日陰面積も広くとれるのでかなりお勧め。
パラソル一本買えば楽なのに、と日本人なら思っちゃいそうですが、こっちの人はそういう発想はあまりないのでしょうね。

Resize (4).jpg

他エリアのビーチリゾートの様に貸しパラソルやボンボンベッドなどは用意されていませんが、
簡単な食事ができるバールは1軒ありますし、公衆トイレも今年新設されました。
シャワーは水のみですが、公衆でありますし、飲料水が出る水道も敷設されています。

3年以上住んでいて初めて来た素敵な浜辺に心底感動しました。
でも、帰りの登り坂のキツさは半端なかったです。

では、素敵な夕べをお過ごしください。
Buona serata.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
名前:La spiaggia di Mezzavalle
所在地:60129 Mezzavalle Ancona AN

Conero Bus 93Line で運転手にMezzavalleと伝えてから乗車し、降りる場所を伝えてもらいましょう。
アナウンスも何もありませんので、非常にわかりづらいです。
今の季節ですと、海へ向かう若モノたちがドサっと降りていきます。
アンコーナチェントロにあるStamila広場からバスは発着しています。

https://www.rivieradelconero.info/it/la-spiaggia-di-mezzavalle/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年7月25日
« 前の記事「文句なしでドルチェが美味しいPicchioで、お手軽Pranzo(ランチ)をいただきました」へ
»次の記事「ここを見ずにマルケの観光を語るなかれ。必見と圧巻のLoretoの大聖堂"Basilica de...」 へ
おすすめ記事
アンコーナ特派員 新着記事
No.58 Tartufi marchigiani トリュフも有名なマルケ州。アックアラーニャまで
No.57 アドリア海でも波が立つ!アンコーナAnconaでSurfサーフィンライフ
No.56 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.1
No.55 Ancona で人気の高いAperitivo(アペリティーヴォ)スポットRAVA
No.54 Grazie mille! Ancona特派員として1年を迎えることが出来ました
No.53 マルケ州で栄誉あるワインの祭典 L'eccellenza delle Marche
No.52 義妹カップル主催の誕生日パーティはAmerican Bakery Jesiで
No.51 海辺の素敵なモニュメント、パセットエリアにある白い建物の正体は‥

イタリア ツアー最安値


2019/3/19更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集