海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > 文句なしでドルチェが美味しいPicchioで、お手...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月18日

文句なしでドルチェが美味しいPicchioで、お手軽Pranzo(ランチ)をいただきました


文句なしでドルチェが美味しいPicchioで、お手軽Pranzo(ランチ)をいただきました

Resize (3).jpg

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(にわあつこ)です。
イタリアで本場のドルチェを召し上がったことがある方の大体の方は思ってらっしゃると思います。
「日本のケーキやお菓子と違って、味も形もすごくおおざっぱ...」ということを。
旅の途中でいただくと「これが本場の味!」ということで納得もできるのですが、ここに住むと話しはちょっと違ってきて、やはり味の差に「違和感」を感じずにはいられません。

私がこのPasticceria Picchio:パスティッチェリア ピッキオに初めて連れてきてもらったのは、確か二年目のこと。
フェイスブックの記事で、こちらが紹介されていて、どうしても訪れたくなりパートナーにお願いして連れてきてもらったのです。

こちらが建物になります。
一軒家のVILLAスタイル。前庭にはたくさんの樹木が植わり、テラス席も広いです。

Resize (4).jpg

こちらはバールコーナー。
立ち飲みする場所だけでこの広さ。とても明るく清潔。この雰囲気もイタリアではあまりないかも...。
どのお店も古くからの建物をりようしているので、どうしても暗くなりがちなんですよね。
でもこちらはキラキラです。Resize (8).jpg

カフェコーナーのものを戴くスペースも充実。広いですよ。ジェラートもおいしいとか。
Resize.jpg

本当はドルチェが食べたいのですが、今回はランチタイムでしたので我慢してお昼ご飯スペースへ。
100人程度のお客様が入れるスペースがあるでしょうか。ランチはパスタやセコンドなどが用意されています。
そして黒板には今日のメニュー。Resize (5).jpg

私たちが選んだのは、ワンプレーとランチ
タッキーノ(七面鳥)のハムと、トマトとモッツァレラチーズのペンネ、ジャガイモのグリルがついて9ユーロ。
いつも通り、驚くほどのボリュームです。Resize (6).jpg

と、もう一品は、全粒粉パスタ。バジルのソースでさっぱりとしておいしい。
日本で食べるソバのような感覚とでも言いましょうか。
これはイタリア料理で疲れた胃にも優しく戴けると思います。Resize (2).jpg

こちらのパスタで確か6.5ユーロ。
そうなんです、こちらのお食事、とってもリーズナブルなのです。

我が家近くのトラットリアなどでなら、パスタ一品でも最低9ユーロ程度でしょうか。
とにかくアンコーナは外食費が高い。アンコーナで価格に見合った食事をすることは舌の超えた日本人の方にはなかなか難しいかもって思っちゃいます。ちなみに食事の価格はイタリア全土、場所によってかなり異なります。

こちらはバールエリア。
ここのブリオッシュ(クロワッサン)がおいしい。サンドイッチもびっくりするくらいおいしい。
日本のパン屋さんみたいに、見た目はしゃれては無いですが、味は抜群です。
土日の朝も朝食を取る人でこのエリアは満員になるんですよ。

Resize (7).jpg

結局、口にすることができなかったドルチェたち...。
美しいですよね。
この小さなミニヨンと呼ばれるプチデザートで1つ80チェンテージミ(100円程度)。すこし大きなシュークリームなども1.1ユーロ(140円程度)と本当に良心的なお値段なのです。

Resize (3).jpg

お店の方に「あなた日本人?」と尋ねられました。なんでも少し前まで日本人の方が修行されていたとか。
今は違う国でご自身のお店を開けられたとのことで、私を見て懐かしんでおられました。

日本に持ち帰り用のお菓子の種類は少ないです。生菓子が基本になるので、ぜひ、ご自身を愉しませるために訪れてみてくださいね!

では、素敵な夕べお過ごしください。
Buona serata.

***********************************************
店名: Pasticceria Picchio
所在地:Via Traversa E.Rampolla 2, 4, 6, 8 60025 Loreto (AN)
定休日:月曜
電話: 071 977760
営業時間:火~金:6:30~22:00, 土日:6:30~23:00
URL:http://www.pasticceriapicchio.com/picchio/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年7月18日
« 前の記事「Ancona駅近くのスリランカ料理 Curry and RiceでPranzo(ランチ)に初挑戦」へ
»次の記事「アンコーナからバスでも行ける穴場の海水浴場"Mezzavalle"でリラックス」 へ
おすすめ記事
アンコーナ特派員 新着記事
No.59 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.2 
No.58 Tartufi marchigiani トリュフも有名なマルケ州。アックアラーニャまで
No.57 アドリア海でも波が立つ!アンコーナAnconaでSurfサーフィンライフ
No.56 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.1
No.55 Ancona で人気の高いAperitivo(アペリティーヴォ)スポットRAVA
No.54 Grazie mille! Ancona特派員として1年を迎えることが出来ました
No.53 マルケ州で栄誉あるワインの祭典 L'eccellenza delle Marche
No.52 義妹カップル主催の誕生日パーティはAmerican Bakery Jesiで

イタリア ツアー最安値


2019/3/20更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集