海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.59 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月20日

No.59 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.2 


No.59 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.2 

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
前回に引き続き、イタリアでの結婚式についてご紹介します。

さて、結婚式に際して日本人である私たちには必要な書類が存在します。
それは、日本で言う戸籍謄本の役目を持つ書類です。
Nulla Osta(ヌッラオスタ)と呼ばれ、日本語での意味としては"査証"、"許可証"になります。私たち日本人は、イタリア北部在住の方はミラノにある日本領事館へ、中部から南部在住の方はローマにある日本大使館へこの結婚に対する"Nulla Osta"を取得しに行く必要があるのです。
取得に際しては、有効期限内(よって、発行から三月以内)の戸籍謄本が必要です。細かい注意がありますので、必ず事前に監督館で何が必要なのか確認をしてもらう必要があります。(また、結婚相手の住民票のような書類も必要です)

要は大使、もしくは領事が、戸籍謄本を元にイタリア語で、挙式予定者が結婚していないということを証明する書類をイタリア語で作成してくれるのです。
そして、このNulla Ostaは、挙式前6ヶ月内取得期限があります。こんな事を色々と考えながら動いていると、本当にややこしい!

私の場合はローマの日本大使館での作業でしたので、朝一番の電車に乗りローマへ向かい日本大使館で必要書類等をまとめて提出。その後午後一番(16時ころ)に完成したものを受け取り、アンコーナへその日中で戻るという流れでした。ローマ周辺に住んでいる方なら何て事無い作業でしょうが、遠隔地に住んでいる者にとっては、なかなか骨の折れる作業です。

そして、このNulla Ostaを今度はマルケ州州庁に提出し、マルケ州からの承認印(Legalizzazione)も受け取る必要もあります。

余談ですが、日本と違って州庁は一つの場所に集まっているのではなく、機関ごとで色々な場所に点在しています。
ですので、対応してくれる部署に間違えずにたどり着くことがまずもって大切です。
この申請には確か16ユーロの印紙が必要でした。

文章で書くと、半ページほどにまとまる内容ですが、実際に作業をすると様々なドラマがあり、Nulla Ostaに州庁印がもらえた時は、まさに大仕事を終えたという感慨も一入でした。

私の書類、そして結婚相手の書類(独身とわかる住民票のようなもの)が揃ったところで、居住区にて婚姻の申請に入ります。
結婚する予定です、ということをComune:コムーネ(居住する行政区)に申請します。

この次が非常に面白い習慣なのですが、1週間の「Pubblicazione」という告知があります。
昔は役所の前にて貼り紙で告知されていたらしいですが、今はインターネットのComuneの掲示板を利用して行われます。
だれもこの婚姻に対して異議を唱えてこなければ、晴れて婚約という状態になります。

そして、私たちは自分たちの居住区ではなく、ピエモンテ州のBaroloにて挙式でしたので、
居住区のComuneから婚姻に際して必要な書類を受け取り、BaroloのComuneまで発送する、という作業が最後に待っていました。
また、婚姻には日本と同様に新郎新婦それぞれに一人ずつ介添人(Testimonio)をつけることが必須になります。
その介添人の二人分のCarda d' identita (身分証明書)のコピーも共に発送する必要がありました。

私の介添人を引き受けてくれた、主人の妹が挙式当日にサインをしてくれているところです。

介添人.jpg

それにしても結婚式のこの公的な準備が本当に長い。

なぜ長いのかというと、日本と違って役所の開館時間が異様に短いことや、担当者が休んでいたりすること、また話す相手によって言われることが異なる、など、イタリア特有の状況があわさって、異様に時間がかかります。
何事にも早めの行動と、メモと、担当者名の確認は怠らないこと、これが基本です。

文章ばかりの内容になりました。
イタリアでの結婚を考えられている方の何かのお役に立てれば嬉しいです。

また、イタリアでの模擬式なども観光客の方向けで執り行うことが出来る行政もあるようです。
その場合は全く異なる手法になると思いますので、お目当てのComuneにお問い合わせされることをおすすめします。

筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式のご紹介 Vol.3 に続きます。

Ci vediamo presto.
また来週お会いしましょう。

↓ ↓ ↓ お時間があるときにでもご覧ください ↓ ↓ ↓

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。amaregiapponese.com

インスタグラムとFBページも更新しています。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム
TRAVELOCOにも登録しています。TRAVELOCO ANCONA ATSUKOの紹介ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2019年3月20日
« 前の記事「No.58 Tartufi marchigiani トリュフも有名なマルケ州。アックアラーニャまで」へ
»次の記事「No.60 パスタ以外も食べたいときはJesiにあるBistrò - Non solo Pastaへ」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
アンコーナから南へ。海辺の街"ポルトサンテルピディオ"でヘルシーなマクロビオティックはいかが?
アンコーナのチェントロにある老舗パスティッチェリアFoligniでイタリア式朝ごはん
イタリアでの父の日は今日3月19日限定。Tanti Auguri a tutti i papa!
まだまだ健在する移動式市場「メルカート」は活気のある市民の憩いの場
ミモザの黄色が春の訪れを告げる、3月8日は女性の日
2月の終わりにやってきた大寒波でイタリア中が雪の世界に

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集