海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.71 なぜかゆっくりできない、駆け足で巡った...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月12日

No.71 なぜかゆっくりできない、駆け足で巡った二度目のUrbinoをご紹介


No.71 なぜかゆっくりできない、駆け足で巡った二度目のUrbinoをご紹介

みなさん、おはようございます。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
先日、と言っても春の初めですが、機会があってウルビーノまで行ってきました。
ウルビーノってイタリア旅行を何度かご計画されたことがある方ならば
耳にしたことがある地名ではないでしょうか?
おそらく、マルケ州の中では州都のアンコーナよりも知られた地名だと思います。

IMG_20190401_101543.jpg

マルケ州の北西に位置する山間にあるウルビーノ。
小さな街ですが、そう「世界遺産」に登録されており、数多くの観光客が訪れます。
街の歴史は古く6世紀ごろには当時の戦争における戦略上で重要な地として記されています。
イタリアではこんな感じで「城壁」に囲まれた古い街をとにかくよく見ることが出来ます。
「よくこんな僻地を開墾したものだな」と驚くばかりの立地環境。
古代の人々の知恵と努力と勇気はいかほどのモノだったのでしょうか...。

ウルビーノを有名にしたのは、ルネサンス期を代表する画家ラファエロの存在でしょう。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、ルネサンスの三大巨匠のひとりと言われる彼は
この街で生を受けました。その生家も観光できます。
IMG_20190401_105106.jpg

街に入る前の公園にはラファエロの銅像も。IMG_20190401_101158.jpg

丘の上にある街だけあって、小さな町の中はこのように坂だらけ。
でも情緒あります。

IMG_20190401_105058.jpg

こちらがマルケ州内で最も多くのコレクションを誇る
国立マルケ美術博物館の入り口です。

IMG_20190401_112851.jpg

コレクション内容はもとより、この建物自体がドゥカーレ宮殿として利用されていた建物で、
建築物としてもその設えの素晴らしさは必見物とのこと。
本当はこの美術館を見学したかったのですが、時間が足りないであろうということで見学せず。

街としては大きすぎず、見て回るだけなら半日程度で十分かな、と思います。
美術や建築物に造詣が深い方はもっとかかるでしょうが...。

アンコーナからは自動車を利用して1時間15分程度。
公共の交通機関を利用するとなると、電車とバスの利用となります。

ウルビーノに行かれる際、案内役の方をお探しでしたら、素晴らしい方を存じ上げていますのでご紹介できます。
ぜひご連絡くださいませね。
こちらのHPの主宰者さんです。
http://www.collinediraffaello.it /
私も色々とイタリア生活全般についてアドバイスを戴いたりしています。
私はウルビーノまではご一緒できますが、街や美術品についての説明は全くできませんので、餅は餅屋、ということでよろしくお願いします。
私が彼女に観光案内してほしい位です。その前に一度は美術館に行ってみないと‼

それではCi vediamo presto. Buona giornata.

↓ ↓ ↓ お時間があるときにでもご覧ください ↓ ↓ ↓

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。amaregiapponese.com

インスタグラムとFBページも更新しています。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム
TRAVELOCOにも登録しています。TRAVELOCO ANCONA ATSUKOの紹介ページ

-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

名前:Piazza Ducale
所在地:Piazza Rinascimento, 13, 61029 Urbino PU

時間:月  8:30~14:00

   火~日  8:30~19:15

IMG_20190401_105058.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2019年6月12日
« 前の記事「No.70 Osimo(オージモ)にある大聖堂Cathedral San Leopardoも素敵です」へ
»次の記事「NO.72 夏がやっと来た!!アンコーナを訪れるならやっぱりこの季節:夏がおすすめです」 へ
おすすめ記事
アンコーナ特派員 新着記事
No.80 イタリアを代表する男性用ハイブランドの一つ"Lardini"はアンコーナが本社です
No.79 盛り上がってなんぼの夏!Festa三昧のイタリア生活
No.78 Anconaにも夏場にはTrenino(トレニーノ)が登場します
No.77 Anconaで安定の人気の高さ、Pizzeria レストランDesiderio/デジデリオ
No.76 近所にレベル高いジェラート屋さんが出来た!La Bottega Artigianale
No.75 マルケ州の魚介料理の定番の一つ"Brodetto Marchigiano"のボリューム
No.74 インターナショナル ストリートフードなんてお祭りも人気です。
No.73 イタリアに来たらぜひカンティーナ巡りをどうぞ! Terracruda
1年前の同じ月に投稿された記事
イタリアを代表するレストラン"Ristorante Uliassi:ウリアッシ"でモダンな魚料理を堪能
家から見えるのはアドリア海...ここに住む目的は毎日がビーチリゾート
La portaerei Garibaldi がAncona港にやってきた
ストレスが多い毎日なのでSenigallia 近くのMandalay SPAで極上の癒し体感

[an error occurred while processing this directive]

イタリア ツアー最安値


2019/8/19更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集