海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.88 扉が開いていたら絶対入館! Chies...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月 9日

No.88 扉が開いていたら絶対入館! Chiesa di Santa Maria della Piazza は必見


No.88 扉が開いていたら絶対入館! Chiesa di Santa Maria della Piaz...

IMG_20180415_164444.jpg

みなさん、おはようございます。
数多くの教会があり、ここに住むと日本のお寺や神社の様な感覚になるので、
存在を知っていても入館をする機会やきっかけをなくしがちになります。
今回紹介するこの教会も、アンコーナ中心地にあり、よく通りかかる教会なのですが、
なんと言ってもなかなか開いている機会にめぐりあうことがなく、
先日、やっとで内部をしっかり見てくることが出来ました。

名前はChiesa di Santa Maria della Piazza。広場にあるサンタマリア教会。
港から近い位置にありますが、もともと建立されたときはおそらく海岸に非常に近い湿地帯であったとか。
その後は港の広場として使われた場所ということ。

ロマネスク様式の典型とも言える教会のファサードは、見た瞬間に歴史を感じることが出来るものです。
美しい白色の石材に細かな彫刻がなされて、かなり雰囲気があります。
実際の目で見ていただいたら、ふ、と目をとめてしまう独特の存在感を感じ取っていただけることでしょう。
建立の時期は定かではなく、11世紀から12世紀のこと。

20190808_170135.jpg

教会内も、シンプルで美しい。

しかしながら、この教会で見るべき場所はこの地下にあります。
もともと2つの教会を統合する形で建設されたらしく、元の教会は6~7世紀頃に建立された初代キリスト教会になります。
現在の教会の地下部分には、当時に施されたギリシャモザイクや、ギリシャ様式の壁面が残されています。

20190808_170031.jpg

20190808_165949.jpg

20190808_170005.jpg

20190808_170058.jpg

監視員も不在でこんなに古い遺跡を手に取れる位置で見ることが出来るのは素晴らしいことですよね。
地上では21世紀の暮らしがあるにも関わらず、こんな歴史を簡単に垣間見れることもアンコーナらしい。

ただ、ウィキペディアによると、この遺跡は「ガラスの床から一部見える」と書かれているため、
やもするといつでも見れるものではないのかも知れません。
4年以上もここに住む私ですら先日初めて見ることが出来たくらいですもの!

ですので、アンコーナにいらっしゃり、この教会の扉が開いていたらぜひ見学されてくださいね。
教会にご興味がなくても、このモザイクは見ごたえがありますよ。

では、今日も素敵な一日に。
Buona giornata.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

名前:Chiesa di Santa Maria della Piazza
所在地: Piazza Santa Maria, 60121 Ancona
TEL : 071 204893

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
TRAVELOCO トラベロコ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年10月 9日
« 前の記事「No.87 Osimoにある有名なパスティッチェリア Pasticceria Lombardi」へ
»次の記事「No.89 マルケから遠足、Festival dell' oriente: 東洋フェスティバルへ」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.96 マルケから遠足、アグリツーリズモ Locanda dell' Angeloでお昼ごはん
No.95 マルケから遠足、Assisi:アッシジへ行ってきました
No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01
No.93 国立マルケ考古学博物館:Museo Archeologico Nazionale delle Marcheへ
No.92 アンコーナで気軽にシーフードを食べるなら、港にあるAnguìがおすすめ
No.91 ウルビーノが誇るもう一つの至宝の"Oratorio di San Giovanni Battista"
No.90 ウルビーノが誇る至宝のひとつ"Oratorio di San Giuseppe "
No.89 マルケから遠足、Festival dell' oriente: 東洋フェスティバルへ
1年前の同じ月に投稿された記事
No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"
No.38 こんな暮らしをしています。イタリアの日常~Macelleria:お肉屋さん~編
No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 
No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです
No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要な標識はこちらです

イタリア ツアー最安値


2019/12/8更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集