海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.89 マルケから遠足、Festival d...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月17日

No.89 マルケから遠足、Festival dell' oriente: 東洋フェスティバルへ


No.89 マルケから遠足、Festival dell' oriente: 東洋フェスティバルへ

昨日の朝にアップ予定にしていたはずが、なっていませんでした~。慌ててUP!

みなさん、おはようございます。
先日の日曜日の朝、友人から電話が突然入りました。
「ペルージャの方まで、Oriente(東洋)に関する展覧会みたいなのに行くから一緒に来ない?」というお誘いで、ちょうど一日予定がなかったので、えいやと行ってまいりました。
フェスティバルの名前はタイトル通り、Festival dell' Oriente で、
1年を通してイタリア各地の数カ所の都市で開催されており、
私もFaceBookのイベント広告で何度と無く見たことがあり、いつかは行ってみたいなと思っていたものです。
日本でも各地の百貨店などでイタリア祭りみたいなものが開催されますよね。
こちらのものは、博覧会方式で、なんと入場料として一律13ユーロが徴収されます。
13ユーロって1600円程度。決して安くはないお値段。

20191013_121525.jpg

こちらがその看板。
私が見たら、いまいちOriente的な雰囲気は感じないですが、外国の方から見るとOriente感のある看板なのでしょう。
前情報無くやってきて、13ユーロが入場料として必要と知り、果たしてどれだけの人が来訪しているのか、と
不思議になりましたが心配することなかれ、会場は人、人、人、人、人だらけ。

3つの大きなパビリオンが全会場。
その一つのパビリオンに入った瞬間に広がる景色は、タイ式マッサージ会場。
たくさんの女性(恐らくタイ人)が一心不乱にイタリアのみなさんをもみほぐしています。

20191013_122547.jpg

こちらは中国ブース。
3人の中国人女性が、漢、明、宋の時代にさかのぼった衣装を着て、お茶を振る舞ってくださいました。
私達は明時代だそう。
笑顔がとても素敵な彼女は中国は西安からこのイベントのためにやってきているとか。
白茶と黒茶を頂きました。
料金は無料ですが、Offerta箱があり、そこに"気持ち"程度のお金を置いて行きます。

20191013_130139.jpg

その他にも、インド人の女性が施す、ヘナタトゥーのコーナーがあったり、20191013_123131.jpg

ヨガのワークショップをするコーナーがあったり20191013_131727.jpg

イタリアでも人気な日本のBonsai販売コーナーがあったり

20191013_124859.jpg

懐かしい、、、中国の兵馬俑が陳列されていたり

20191013_130824.jpg

多くの出展者がいる中での大量の入場者の存在で、会場全体は常にカオス。
音が混じり合い、どこで何をやっているのかがいまいちわかりません。
そして、もちろん日本人ではない東洋人(恐らく中国人)が日本グッズを販売するコーナーも数多くあったり。
海外の方から見たら、東洋人の国籍の差なんて理解しにくいでしょうから仕方ないのでしょうが...。
とっても破廉恥スタイルな浴衣やプラスチックの小芥子が売られていたり...ちょっと残念ですね。
集客数が半端ないだけに、あれを日本文化と思われるとなかなか悲しいかな。

食事のブースは日本ブースは圧倒的に人気が高かったように思います。
食券を売るブースと、食品を受け取る場所を分けていたのも日本ブースのみ。
さすが、、、ですね(笑)。
焼きそば的なものを用意されていた方は、日本から来たとおっしゃっていました。

3つのパビリオンに3つの大きな舞台があり、そこでひっきりなしに出し物をしていました。
日本ブースの人気はやはり高かった。
和太鼓、みんな好きですよね。

20191013_154458.jpg

常々から、イタリア人の方の日本ひいきはすごいと思っていましたが、ここでもとてもとても強く感じました。
日本人の習慣やマナー、文化や食事に対して彼らの思い(込み)はすごいです。
神聖化されていると言っても過言ではなく、こちらの居心地が悪くなるくらいです。
でも、自分の文化がこうやって興味を持ってもらえ、受け入れられていることはとても嬉しいことですよね。
興味を持っていただいているということで、もっと自分自身も勉強しないと、と思った一日でした。

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
TRAVELOCO トラベロコ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年10月17日
« 前の記事「No.88 扉が開いていたら絶対入館! Chiesa di Santa Maria della Piaz...」へ
»次の記事「No.90 ウルビーノが誇る至宝のひとつ"Oratorio di San Giuseppe "」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.96 マルケから遠足、アグリツーリズモ Locanda dell' Angeloでお昼ごはん
No.95 マルケから遠足、Assisi:アッシジへ行ってきました
No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01
No.93 国立マルケ考古学博物館:Museo Archeologico Nazionale delle Marcheへ
No.92 アンコーナで気軽にシーフードを食べるなら、港にあるAnguìがおすすめ
No.91 ウルビーノが誇るもう一つの至宝の"Oratorio di San Giovanni Battista"
No.90 ウルビーノが誇る至宝のひとつ"Oratorio di San Giuseppe "
No.89 マルケから遠足、Festival dell' oriente: 東洋フェスティバルへ
1年前の同じ月に投稿された記事
No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"
No.38 こんな暮らしをしています。イタリアの日常~Macelleria:お肉屋さん~編
No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 
No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです
No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要な標識はこちらです

イタリア ツアー最安値


2019/12/8更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集