海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.101 Urbinoへ遠足してきました。Ga...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月 8日

No.101 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ①


No.101 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marc...

IMG_20190401_101543.jpg

みなさん、おはようございます。
昨年から続いているウルビーノの紹介ですが、新年に入ってもまだ続きます。
アンコーナへは日本からのお客様はあまりいらっしゃりませんが、ウルビーノへは多くの方がいらっしゃっているという事実を無視するわけには行きません。
ウルビーノはラファエッロが生まれた町として広く知られ、
イタリアのルネッサンス文化が花開いた都市のひとつとして、興味深い歴史を持つ町です。
マルケ州をご存じない方でもウルビーノという地名は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今日はこのウルビーノにある国立マルケ美術館:Galleria Nazionale delle Marcheをご紹介しますね。
写真も多くなっているので、○回仕立てさせていただきます。

ルネッサンス時代にこの町を芸術と文化の都市として栄えさせたのは、フェデリコ ダ モンテフェルトロ公爵です。
立派な軍人として戦績をあげた公爵が、15世紀にウルビーノ公国の君主となり、画家などの多くの文化人を集め、いわゆるパトロンとなり、ここウルビーノ公国にフィレンツェやヴェネチアで見ることができるルネサンス文化をもたらしました。
あのフィレンツェやヴェネチアと肩を並べるルネッサンス文化の地がマルケ州にあったとは。驚きですね。
ちなみに彼の肖像画はフィレンツェのウフィツィ美術館にあり、二番目の妻と向かい合う形で描かれた横顔の肖像画です。
どこの誰れの肖像画と意識せずに目にしたことがある方は多くいらっしゃると思います。

このフェデリコ公の時代に建築されたPalazzo Ducale(ドゥカーレ宮殿)が現在は国立マルケ美術館としてりようされており、当時の公爵の住まいぶりを感じながら数多くの絵画や展示物を見学することができます。

20191108_125101.jpg

建物を入ると中庭が広がります。
当時は中庭でパーティなども開かれたのでしょうか。
チケット売り場は中庭奥の右手にあり、美術館の入口は中庭に面してチケット売り場の対角の扉になります。

20191108_125730.jpg

1階にはお手洗いもありますが、その手前にはロッカーがあり、大きな荷物はここに預けることになります。
傘も預けられて便利。
しかも無料です。

20191108_125413.jpg

さて、美術館としては二階と三階が開かれています。
この馬が上ることができるといわれている、広くなだらかな階段を上っていざ美術館内へ。

20191108_130632.jpg

噂によると数名のグループで見学する場合は、美術館のスタッフが案内係として付いてきてくれるのだとか。
私は一人で行ったため、まったくのフリーで見学しましたが、確かに美術館内にかなり大勢のスタッフがいたのは事実です。

扉の多くはこの様に、木象嵌というのでしょうか、細かく繊細なデザインが施された設えになっています。
これを見ただけでもため息。
これは確か入り口の扉ですが、宮殿内、多くの扉がこの設えになっていました。

20191108_131127.jpg

さて、入口を抜けるとすぐにフェデリコ公の住まいとして、リナシメント広場に沿う形で配された連続した七つの部屋が始まります。

20191108_130915.jpg

とにかく広い。
Urbinoは内陸部で寒さも厳しい場所。雪もかなり降ります。
ということで、どの部屋にも立派な暖炉が備え付けてありました。

20191108_131050.jpg

窓の作りも独特で、このように窓の両脇に向かい合う形で椅子が配されています。
このスタイルはラファエロの生家でも見ることが出来、この宮殿の窓辺を模したらしいです。

20191108_131024.jpg

そして二番目の部屋は、この宮殿内で唯一、壁画が施された部屋になります。
ほとんどはがれちゃっていますね。
残った部位からだけでも、色合いのすばらしさが見てとれます。
20191108_131558.jpg

そして、続いてのお部屋ではフェデリコ公の寝室を見ることができます。
寝室の中の寝室ですね。内部にも外部にも絵が描かれています。
7部屋もつながった部屋にある寝室ですので、プライバシー性を高め、また冬の寒さに対して暖を取りやすくするためにこのような寝室が使われていました。

20191108_131739.jpg .

階段を上がって三室を見ただけでもちょっとした感動を覚えます。
フラッシュをたかなければ写真も自由に撮れますし、何といっても、シーズンオフは見学者がとても少ない。
美術がお好きな方、中世のイタリアがお好きな方、おすすめします。

では、Galleria Nazionale delle Marche へ② へ続きます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

名前:Galleria Nazionale delle Marche
所在地:Piazza Rinascimento, 13, 61029 Urbino PU
TEL: 0722 2760
時間:月:8:20~14:00 火~日:8:20 - 19:20

http://www.gallerianazionalemarche.it/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
TRAVELOCO トラベロコ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2020年1月 8日
« 前の記事「No.100 Tanti Auguri 2020」へ
»次の記事「No.102 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marc...」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.52 義妹カップル主催の誕生日パーティはAmerican Bakery Jesiで
No.51 海辺の素敵なモニュメント、パセットエリアにある白い建物の正体は‥
No.50 大好きなMeringa:メリンガを食べにJesiの老舗Pasticceria Bardiへ
No.49 Natale時期のみ見学可能Falconara Altaの機械仕掛けのPRESEPE(プレゼーペ)
No.48 Ancona港を見晴らす高台にある大聖堂DUOMOへ久しぶりに行ってきました

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集