海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.105 アンコーナの名物料理【Stoccaf...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年2月 5日

No.105 アンコーナの名物料理【Stoccafisso all' Anconetana】の作り方をご紹介


No.105 アンコーナの名物料理【Stoccafisso all' Anconetana】の...

皆さん、おはようございます。
冬になると家に籠る時間が長くなり、自然とキッチンに立つ時間が長くなります。
主人がイタリア人ですので、友人たちによく「食事で和食も作るの?」と聞かれるのですが、ここで手に入る食材で和食を作りあげることはなかなか難しいため、「なんとなく和風」な食事ができあがることがほとんど。
お料理もとてもシンプルでお肉や魚を焼いたり、野菜を茹でたり蒸したものにオリーブオイルをかけたものなど、日本のお母さんたちが作っているような手の込んだものは平日の食卓にはあまり並ばないような気がします。

話しがそれましたが作る料理は創作料理に近いモノばかりですので、日本で使ったことが無いような素材を手に入れたときは、こちらの料理サイトでレシピを検索して自分の感性にピンときたものを選んで、70%ほど忠実に料理をします。

今回は「Stoccafisso(ストッカフィッソ)」という魚を使ったお料理です。
家でStoccafissoを調理するのはなんと二度目。
どうしても、こういう特別な食材は本物のシェフさんに作ってもらったモノを戴いた方が間違いなくおいしいのではないか? という疑問が残るため、なかなか買い物の際に手が伸びないのです。

20191114_152352.jpg

Stoccafissoはあまり聞きなれない単語かもしれません。
鱈(Meruluzzo)を乾燥させたもので、基本的には塩が使われていません。
塩が使われている乾燥鱈はBaccla'と呼ばれ、世界的にもよく知られている物だと思います。
アンコーナは港町ということもあり、新鮮で豊富な魚介類を手に入れることができますが、このStoccafissoの存在は特別で市場には"Stoccafisso"専用の店もあるくらい。
基本的に水に戻して写真のように「おいしそう」なぷりぷりの白身になった状態を購入します。

さて、「Stoccafisso all' Anconetana」とはどんな料理かと申しますと、鱈とジャガイモの煮物です。
レシピをざっとしか読まないのが私の悪い癖なのですが、しっかり読み込むとなんと調理には6時間ほどの時間が必要だとか‥‥‥。
そうなんです。イタリア料理って行程や手間は少ないのに、下処理や煮込みにやたらと時間がかかるんですよね‥‥‥。

簡単なレシピですが、500gのStoccafissoを一口大に切り分け、2~3時間その身を牛乳に浸します。
オリーブオイルと西洋パセリや、ローズマリー、ニンニク、塩を混ぜて合わせソースを作っておきます。
できれば焦げつかないように下に波目模様が有るようなお鍋に、Stoccafissoの身を皮が下にくるように並べ、その上に塩を振りかけてオリーブオイルのソースをかけます。
トマトと種抜き黒オリーブ、一口大に切ったジャガイモをその上に置きまたソースをかけ、一番最後に白ワインをまぶします。
そのあと、蓋をして3時間半ゆっくり煮込んでできあがり。
3時間半って!!

20191115_175511.jpg

これは2時間程度煮込んだ後の状況。

できあがりはこちら。20191115_193047.jpg

本当は木曜日の夜に食べようと用意したものの、煮込み時間が足りなかったため金曜日の夜に食べることになりました。味は絶品。
自分で作ると塩加減や油加減が調節できるからとても便利。
実際に主人から「普通に店で食べるよりも、かなりオイルが少ないね」と言われました。
店でいただく物は、まるでオイル漬けかのごとく、オイルまみれになっているそうです。

しっかりした味なので赤ワインにも合いました。
次の日のランチには、残った物をアレンジしてリゾットに。

「Stoccafisso all' Anconetara」ぜひ、アンコーナエリアで召し上がってみてくださいね!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年2月 5日
« 前の記事「No.104 心底気に入ってしまったPizzeria ~ Sotto La Roccaをご紹介」へ
»次の記事「No.106 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marc...」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.56 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.1
No.55 Ancona で人気の高いAperitivo(アペリティーヴォ)スポットRAVA
No.54 Grazie mille! Ancona特派員として1年を迎えることが出来ました
No.53 マルケ州で栄誉あるワインの祭典 L'eccellenza delle Marche

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集