海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.111 イタリアらしい食材を初めて調理してみ...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月18日

No.111 イタリアらしい食材を初めて調理してみました


No.111 イタリアらしい食材を初めて調理してみました

皆さん、おはようございます。
まだまだイタリアから明るい話題をお送りできそうにない状況です。
私の周りでも感染されている方が出てきています。
今こそ我慢、忍耐。可能な限り家にとどまり、感染リスクを極力減らすようにするしかありません。
日本の状況はイタリアほどは深刻化していないので、ぜひこのままの状況を維持できることを祈っています!

さて、この状況でお店の紹介などをしてもちょっと悲しくなりますので、今回はイタリアに来て初めてお料理した食材についてご紹介します。
イタリアでよく食べられるお肉は、牛、豚、鶏と日本とあまり変わりませんが、大きな違いでいうと「脂身」がほぼ無いお肉を好んで食べます。
豚は流石に脂が多いですが、牛、鶏については脂身がほとんどなく、鶏肉にいたってはもも肉よりも胸肉のほうが値段が高いんですよ!
これ、こっちに来てかなりびっくりしました。
焼いた肉にオリーブオイルをかけたり、肉をオリーブオイルとスープで煮込んで食べる食べ方が多いのも納得できますよね。
脂身がないのでパサパサですもの......。

この脂身が少ないお肉を持つ種類の代表的な位置づけとして、こちらで食べられるのが"Coniglio"。
そう、初めて"Coniglio"うさぎを調理したのです!

20200306_093329.jpg

こちらがウサギのお肉。完全に半身です。
裏を向けていますが、目玉付きの顔もありますし、首もあります。
左下に見える部分は白身の魚の切り身みたいですよね。

調理は簡単です。
まずはオリーブオイルとにんにくを使って焼き色をつけたあと、タイムやセージといったスパイスと共にお酢を入れて煮込むのみ。
ほとんどのレシピはお酢ではなく白ワインを使いますが、お酢で煮込むのがおすすめです。

20200306_135334.jpg

煮込み時間は約1時間。
本来ならば、もう少ししっかりとした色目になるのですが、恐らく最初の炙りが足りなかったのでしょう。
期待していた色味にならずちょっと残念。
でも味は最高!でした。
20200306_200951.jpg

日本では食べ慣れない食材ですが、こちらでは養兎家もいて多く流通しています。
スーパーマーケットでも簡単に手に入れることができます。お値段はほかのお肉に比べて少しだけ高めかな? 味わいは鶏に似ていますが、お肉は筋肉質で味わいが深いです。
イタリアでメニューの中にウサギ料理を見つけられた際は、食べるために飼育されたウサギですので可哀想と思わずにぜひともトライされてくださいませ!

あぁ、お腹空いてきました!
では、またお会いしましょう。

Buona giornata a tutti, ci vediamo presto.



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年3月18日
« 前の記事「No.110 Cantina Casalfarneto でのワイナリー見学」へ
»次の記事「No.112 偶然出合ったエエお店。再訪を固く誓ったMezzo Baiocco」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.121 シッビリーニ山脈麓にあるOsteria del lago へ
新型コロナウイルス:ローマ在日本大使館からの情報(2020年05月18日)
No.120 ムール貝(Cozze)は手頃で調理も簡単な上にアドリア海産
No.119 メイデーの5月1日はイタリアでは祝日です
No.118 春本番!あと少しあと少し!
No.117 Urbinoへ遠足してきました。Raffaello Degusteriaで特産品を
No.116 最近の毎日の様子......新型コロナウイルス緊急事態下です
No.115 もうすぐPasqua(復活祭)がやってきます
1年前の同じ月に投稿された記事
No.60 パスタ以外も食べたいときはJesiにあるBistrò - Non solo Pastaへ
No.59 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.2 
No.58 Tartufi marchigiani トリュフも有名なマルケ州。アックアラーニャまで
No.57 アドリア海でも波が立つ!アンコーナAnconaでSurfサーフィンライフ

イタリア ツアー最安値


2020/5/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集