海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.130 サルディーニャ島で夏休み1日目~Vi...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月29日

No.130 サルディーニャ島で夏休み1日目~Viaggio in Sardegna


No.130 サルディーニャ島で夏休み1日目~Viaggio in Sardegna

皆さん、おはようございます。
7月中旬ですが、休みを利用してサルディーニャ島へ行ってきました。

20200720_134002.jpg

夏の間はアンコーナ空港からサルディーニャ島のカリアリとオルビアの2ヵ所に毎週2便が就航しています。
Covidによるロックダウンが終了した直後、いまだ、飛行機の往来も始まっていない段階でエアーチケットとレンタカーを予約した私たち。

サルディーニャ島をハイシーズンに旅行することは、その金額の高さから本来ならば不可能な話なのですが、2020年の今年はいろいろな条件が重なって通常よりもかなりお得に旅行することが可能でした。
レンタカーの費用でいうと、おそらく3分の1程度。飛行機も半額くらいでしょうか。
サルディーニャ島へはほかの島から入るためには、飛行機か船しかないために、夏のシーズンには島に上陸することすら難しくなります。
ですので、すべての価格が上がるのも納得ですね。

さて、サルディーニャ島について簡単に説明しますね。
シチリア島の次に大きく有名なサルディーニャ島は、サルディーニャ自治州であり約165万人が暮らし、地中海性気候で夏は暑く冬は過ごしやすい土地。コスタ・ズメラルダに代表される観光業、工業、商業、サービス業、IT産業がサルデーニャの中心的な産業だそうです。
最近ではワインやローカル料理が有名になり、島の収入源として成長しています。

今回の旅行は、もともとサルディーニャ島へ行ってみたいと常々思っていた私の願いと、
イタリアで人気の料理番組"Alessandro Borghese 4 Ristoranti"の中で紹介されていたレストランに行きたい!という主人の熱い思いが融合して実現したもの。まさに食事に関しては海の幸も山の幸も豊富で、そのおいしさには驚き、頰が落ちるほどです。
州都であるカリアリエリア、そこから島の南西エリアをぐるりとする行程なのですが、このエリアは観光客は少なめなのだとか。

アンコーナ空港を土曜日の午後7時ごろに飛び立ち、カリアリ空港に到着したのは午後8時半前。
まだ日も高く、空港でレンタカーをゲットしてまずは宿へ向かいます。

20200718_201231.jpg

空港からカリアリのチェントロエリアへは車で10分程度。
気軽にアクセスできて旅の疲れも最小限に抑えられます。

宿は昔のアパートタイプの居宅を貸し部屋にしたもの。
このタイプは見つけにくいのと、入りにくいのが難点ですが、立地がいい割には金額が安く、イタリアでの宿泊場所としてはよく利用されています。

この日もチェントロストリコへ道路を一本挟んだだけという最高の立地を有するお部屋を借りることができました。
ただし、駐車場がまったく見つからず、周辺を2~30分ほどぐるぐるした次第です。
このお宿。金額はふたりで€55。朝食はついていませんが、大満足のコストパーフォーマンス。

とても親切で気さくなお宿の女性に教えてもらったレストランで、さっそくサルディーニャ島最初の食事に舌鼓を打つことに......。
とはいってもラストオーダーの時間22時が迫っていて、ちょっと焦りましたが。

お店の名前はRistorante Basilio a Cagliari。
ホテルの裏手、徒歩数分に位置し、お客さまはほぼ地元の人たちばかり。

20200719_000250.jpg

とにかくおいしい「魚料理」が食べたい!とメニューを見るもたくさんありすぎて決めきれず。
私の大好きな「前菜のちょこちょこ盛りを適当に持ってきて」とお願いすることに。
日本と違ってメニューをけっこうアレンジしてくれるのがイタリアのお店のいいところのひとつ。

ワインはお店のおすすめ、ヴェルメンティーノを使ったハウスワイン。
ガッツリ感はないですが食事を邪魔しないおいしさがあります。

1皿目 フレッシュなマグロ (オイル漬けではなく新鮮なマグロを調理したもの。驚くほど柔らかくジューシー)

20200718_224751.jpg

前菜2 からすみのサラダ......ふんだんに使われたカラスミが贅沢20200718_224509.jpg

前菜3 タコのマリネ的なもの......タコと思っていましたが、もしかしたら烏賊かも。

20200718_224505.jpg

前菜4 エビと桃のサラダ

20200718_224515.jpg

前菜5 ボラの煮焼きしたもの

20200718_224544.jpg

前菜6 マグロの小さなコロッケ

20200718_231235.jpg

ワインと一緒にいただく魚料理。しかもすべて新鮮で味もとてもすばらしい。
6種類をふたりで分けてこの段階で私のお腹は充たされました。

が、主人は食いしん坊なので、まだまだいけるとメインをオーダー。
マグロの炭火焼き。

20200718_232348.jpg

日本ではなかなかしっかり焼いたマグロをいただく機会は少ないですが、こちらではグリルでいただくことが多いです。
パサパサになりがちですが、このマグロはすばらしい抜群の焼き具合。
大きさも、まあ、本当に立派!

お腹もいっぱい、お味も最高と気分もよく会計へ行くと、とても良心的な値段にびっくり。
アンコーナエリアの外食料金はかなり高めなのですが、それと比較すると「めっちゃ安い!」と驚くほどのものでした。

初日の食事選びを間違いなく遂行できたことにとても幸せを感じ、これから始まるサルディーニャ島の観光に大きな期待を持った1日目の夕食でした。

食事のあとは、腹ごなしにチェントロストリコを散歩。
夜も12時を過ぎていますが、人の姿はまだまだ見られます。

20200719_000806.jpg

これから約1週間の旅をこれからブログで紹介させてもらいますね!
では、また次回もサルディーニャでお会いしましょう。

Buona giornata.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■ Ristorante Basilio Cagliari
・Tel: +39070480330
・住所: Via Sebastiano Satta Poeta, 112/A, 09128 Cagliari CA

・URL: https://www.ristorantebasiliocagliari.com/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手がけている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年7月29日
« 前の記事「No.129 マルケ州を空路で出られる方におすすめ、便利なお土産どころ」へ
»次の記事「No.131 サルディーニャ島で夏休み2日目~Viaggio in Sardegna」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.78 Anconaにも夏場にはTrenino(トレニーノ)が登場します
No.77 Anconaで安定の人気の高さ、Pizzeria レストランDesiderio/デジデリオ
No.76 近所にレベル高いジェラート屋さんが出来た!La Bottega Artigianale
No.75 マルケ州の魚介料理の定番の一つ"Brodetto Marchigiano"のボリューム
No.74 インターナショナル ストリートフードなんてお祭りも人気です。

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集