海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月14日

No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕食 La Biada)


No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕食 La Biada)

皆さん、こんにちは。
いよいよ、私たちの旅の第一目的だった4日目の夕食までたどり着きました。
アンコーナ特派員ですので、サルデーニャ情報はサラッとしたためる予定がこんなにもしっかりと書いてしまっています。
長くなっていますが、それほどすばらしかったということですのでご了承ください。

さて、サルデーニャ島を代表する料理のひとつに「PORCEDDU ポルチェッドゥ」というものがあります。
それは何かと言いますと、子豚の丸焼きなのです。
サルデーニャ島と言えば小豚の丸焼き!と頭の中ですぐにリンクするほどの名産で、ここに来て食べないわけにはいきません。
そのPorcedduが食べられるお店として「Aressandro Borghese 4 ristranti」で紹介され、その放送回の1位に輝いたお店でPorcedduをいただく機会を得ました。
というのも、このお店は「La Biada」というアグリツーリズモ内にあり、主人はこのPorcedduを確実に食すためにと、La Biadaで宿泊予約をとっていたのです。
食への思いは本当にすごい。

2日目の夜に予約をお願いして、期待に胸を膨らませて食事スペースへ。

宿泊場所からの道すがら、子豚たちが丸焼きにされている様子が見ることができます。
かわいそうと思われる方も多くいらっしゃるのでしょうが、これもひとつの食文化ですので、私はおいしくいただくことで受け入れるようにしています。
生後30~40日程度で、香りがとっても柔らかい。ミルクのような甘さがあるのが特徴です。

20200721_203759.jpg 20200721_205846.jpg

食事はこのように屋外で。
コロナが終わったすぐの頃でしたが、お客さまは常に満員だとか。
地元でもとても有名なお店です。

20200721_205128.jpg

メニューはひとつしかなく、Porcedduのコースのみ。

この日の内容は野菜のグラティナート(パン粉をかけてオーブンでグリルしています)、野菜の酢漬けのようなもの、チーズとサラミの盛り合わせ。
この写真でふたり分です。
前菜を見た瞬間に「少量ずつ食べて、Porcedduまで行き着かなくては」と心に誓いました。
本当にすごいボリューム。
そして、とてもおいしい。決して洗練されている味わいではないのですが、いくら食べても飽きない味わいでした。日本人の口にとっても合います。

20200721_204147.jpg

そして、プリモピアット。
なんとパスタ料理が2種類!
こちらのラビオリはサルデーニャ島のメニューで、中にほうれん草とリコッタチーズが入っています。
何が違うのかはわかりませんが、たしかにおいしかった。
20200721_211919.jpg

こちらのパスタはトマトとお肉のラグーソース。
ふたつの味が楽しめるのはとっても贅沢ですよね。20200721_211911.jpg

そして、満を持して「Porceddu」の登場です。
前菜3種類、プリモピアット2種類と道のりが長かった......。
セーブしていたおかげで、ふた切れぺろりといただけました。
皮はカリカリ、お肉はジューシーでやわらかくホロホロ。なんとも言えない。絶品です。
お肉の品質や焼き具合など簡単には実現できない味わいなのは間違いありません。

20200721_213817.jpg

こちらのアグリツーリズモは家族で経営されていて、宿の管理は両親、レストランのキッチンは娘さん、子豚の焼き場は息子さんが担当されています。
娘さんは宿泊者の朝ごはんなどの準備もしてくださるので、本当に働き者ですよね。

両親もとっても気さくで、宿は少し古めですが快適に過ごせました。
サルデーニャ島でPorcedduを食べるならば、ぜひこちらのお店を思い出してくださいね。

ほかの町でも「Porcedduをどこで食べたらいいか?」と聞いたら、こちらを推薦されていたくらいですから、間違いはないです!

では今日もよい1日を。
Buona gioranata.


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Agriturismo La Biada
・Tel: +39070 921526
・住所: Via S. Francesco, 62, 09010 Santa Margherita CA

・URL: <a href="http://www.agriturismolabiada.it/" target="_blank" style="text-decoration: underline">http://www.agriturismolabiada.it/</a></span>

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手がけている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年9月14日
« 前の記事「No.135 サルディーニャ島で4日目(Viaggio in Sardegna 4° giorno)」へ
»次の記事「No.137 イタリアの秋の始まりを感じるVendemmia」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.86 Cantina Lumavite で楽しむVendemia、気軽にぶどうの収穫期を楽しめます
No.85 アンコーナから車で10分、Angeli di Varanoでワインテイスティング
No.84 夏の終りのAstiまで週末遠足、Douja d' Oro:ドゥヤ デ オーロへ
No.83 2019年のアツかった夏もそろそろ終焉...Fine dell' estate

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集